The1975 スパーソニック(SUPERSONIC)と 新型コロナウイルス(COVID-19)

毎年恒例の夏フェスSUMMERSONIC(サマソニ)は、東京オリンピックが予定されていたため今年は行われなことが決まっていた。
その代わり、時期をずらしオリンピック終了後の秋に、SUPERSONIC(スパソニ)というフェスが行われることとなり、僕たち音楽ファンはホッと胸を撫でおろしていた。
そして先日、そのスパソニの出演者第一弾発表が行われた。

supersonic.jpg

開催日は
9月19.20.21日(大阪は19.20日)。
ヘッドライナーとして、去年のサマソニでのライヴが素晴らしく良かったTHE1975の出演が決まり、僕は行くことを決心。


(「The Sound」でジャンプしてる時楽しかったなー)

しかし、予定通り開催出来るのか?

先頃延期された東京オリンピックの開催日は、来年の7月と発表されたが、大丈夫か一年後。
まだ世界が収束する段階にはなってないんじゃないかと感じている。
とても気軽な感想としてだが。
2年後にした方が確実なのではとも。
1年後にしておいて、そこからさらに1年延期とかなると会場の問題や選手の問題も含め、より対応が難しいのではと。

そして問題はスパソニ。
今年の秋開催である。
大丈夫か?
開催出来るのか!?
やや人ごとであったオリンピック。
しかし大の音楽ファンである僕にとって、こっちは切実。
音楽から、ライブから、日々の生きるエネルギーを貰ってる僕には、
今年は無理かもね〜
とオリンピックの時のようには思えなかった。
つまり自分に関係のある事じゃないとリアルに感じることができないという事。
勿論そうじゃない人も沢山いると思う。
僕が偏狭的な人間だからというだけのことかもしれない。
今年のオリンピック開催についてムキになっている人たちを見て嘲笑していたのだが、今度はある意味当事者、気が気ではない。

しかしコロナウイルス問題、あまりにも不明なことが多すぎて、なんだか分からない。
イタリアやスペインの尋常じゃない死者数は何が原因なんだろうか?
それに比べ日本での感染者数・死者数はまだまだ少ない。
検査不足は間違いないと思うが、死者数から見ると他国と比べ感染者数は少ないほうだろう。
今のところはだけど。
手洗いする習慣があるから、とかBCG接種してる人が多いから とか色んな推測もあるけど、どうなんだ実際のところは?

日本では年間に3000人ほどがインフルエンザが原因で亡くなっている。
それから比べれば、それほど怖いわけはないはずのコロナウイルス。
しかしまるで戦争状態とは、言い過ぎにしても、それに近いところにはいる現状。
未知のウイルスということで、分からないことが多く、薬もないというのが大きいのだろうか?
感染力はインフルエンザより強いみたいだし。
死亡率もインフルエンザの10倍くらいと言われている。
それにしても、インフルエンザの脅威への対応からするといささか行き過ぎのような気はしていた。
インフルエンザでは強制的に隔離はされないし、ここまでヒステリックにはならない。
無症状の感染者がいるというのが、恐怖を増大させている原因かなとは思う。
インフルエンザだと、発症してたいていは家にいるから。
でも毎日今日感染者何人、死亡者何人と、インフルエンザでも報道したら、これまたえらいことになるだろう。
死亡者の数が断然多いのだから。
とはいえ海外の動向や国内の状況などの報道、まわりの空気などが恐怖を伝播してくる。
そのため僕も、これまでの人生にないほど手を洗うし、アルコール消毒だってする。
大きな不安は隠せない。
もしかしてこのまま感染が増え続けたら....
感染率や死亡率ではインフルエンザより高いのだから。



ちなみに自殺者は、減ったとはいえ年間2万人近い数。
今後コロナの影響で経済的な不利益を受け、自殺者が増えるなんてことは容易に想像できる。
経済的なことが理由で自殺をする人は、健康問題を理由とする事象ほどではないが、けして少なくない数におよぶから。
コロナで死ななくても、経済的理由で自殺してしまえば、死という事実という点では何も変わらない。
政府は、そこのところに関してあまりに無頓着だ。
政府にいる人たちにとって、経済的な理由で自殺するなんていう発想が理解できる人はいないんだろう。
大手企業の正規社員の人は、なんとかこの時期を耐えれば切り抜けられるかもしれない。
今でも給料は普段通り振り込まれてるだろうし。
手当だって充実してるんではないだろうか。
しかしそうではない境遇の人は、コロナウイルスが収束してからも大変だろう。
収束するまでの間を、何とか耐えしのいでも。

そもそもその前に、今現在収入が激減して、堪えきれない人が出てくる事は予想するに難くない。
でも、他人の痛みが想像できないような人が、この国の中枢には多いようである。

あと、給付や補償などについて差別的であったり、そもそもの目的を見失ってたりする人が散見されて嫌な気分になること多い。
震災の時もそうだったが、こういう事態の時にはいろんな問題が浮き彫りになってくる。
気分が滅入る。



Notes On A Conditional Form
Notes On A Conditional Form
posted with amachazl at 2020.04.05
The 1975
Polydor (2020-05-22)


スパソニでTHE1975観たいな。
ニューアルバムももうすぐ発売されるようだし、盛り上がるだろうなー
出来るならコロナウイルスに感染することなく。
もし仮に感染しても元気に復活して、フェスで両手挙げて踊って叫んでビール飲みたいものである。
秋まで残された時間は少ない。



"The1975 スパーソニック(SUPERSONIC)と 新型コロナウイルス(COVID-19)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント