ビヨンセの夜の、命の電話

先日仕事を早く切り上げ、大阪城ホールでのビヨンセのライヴを観にいった。
急いだものの、開演時間の7時には間に合わず会場に到着したのは7時15分過ぎ。
多少押すだろうから、ギリギリ間に合うか!?
足早に会場へと入る。

B'Day デラックス・エディション~来日記念盤 (完全生産限定盤)B'Day デラックス・エディション~来日記念盤 (完全生産限定盤)
ビヨンセ シャキーラ ジェイ・Z

ソニーミュージックエンタテインメント 2007-04-04
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



間に合った。


実際ライヴが開始されたのは7時30分を過ぎてから。
いつもは嫌だが、こんな日には30分以上開演が遅れるのは助かる。


さて、ライヴについては後で記すとして、今日の本題は命の電話。


ライヴが終了して帰路の途中、心地良い風がとてもいい感じだったので駅で一人缶ビールを飲みながら、考え事をしていた。
どうしようか、これからの人生・・・みたいなことを。
心地良い風の中飲むビールはとても美味く一缶では終われない。
そうこうして飲み続けてると酔いが回ってきた。
考えはだんだん悪い方へと向かう。
自分のダメさ加減に絶望し、死さえ考えたり。
するとなんだか泣けてきて、目には涙があふれそうに。

ダメだ、このままじゃ!
と思い誰かに電話しようと、携帯のアドレスを開き何周も見回す。
でも、こんな時誰に電話していいのか分らない。

迷ったあげく小学生の時からの友人にTELをした。

しかし、聞こえてきたのは留守番電話のメッセージ。

あ~っ。。

またもや携帯のアドレスを何周も何周も見回す。
誰にかけようか。

迷いに迷ったあげく、ある女性に電話をした。

短いコールで彼女は電話に出、開口一番
「なに電話してきてるんですかー」
と。
口調から彼女の笑顔が浮かぶ。

彼女とはここ3~4年まったく会っていなく連絡もとっていない。
以前取引先の営業担当者だった彼女とは、直接仕事上の付き合いがなくなってからはそれほど親しくしていたわけじゃなかったので、もう彼女の携帯のアドレスからは僕の名前が消されてるかな、と思っていただけに嬉しかった。
彼女はまだ仕事中だったので、5分間ほどのとるに足らない短い会話だったけれど、僕の心はその電話で随分救われた。
僕の電話が歓迎されたように感じれたからだと思う(実際はどうだか分らないが)。
彼女は東京で働いているので、会う機会があるかどうか分らないけど、いつかこの日のお礼はちゃんと伝えたい。
ほんとに救われたんだ、彼女との会話で。
これぞ正に命の電話!!

でもなんで僕はアドレスの中から彼女を選んでかけたんだろう。
久々のグッドチョイスだったと思う。

絶望的な気持ちになることはこれからもあるだろう。
僕がダメ人間である限り。
そして間違いなく僕はダメ人間のままであろう。
でもせめて、自分から命を投げ出すようなバカなことだけはしたくない。
だけどたまに自分の中から罵声が聞こえてくるのだ、お前なんか死んでしまえ!って。



「クレイジー・イン・ラヴ」でライヴは始まった。
女性のみによるバンドの演奏は、正直ビヨンセのバンドを勤めるには不十分な実力に思えた。
しかしもちろん、ビヨンセは充分に魅力的であった。
僕的にはもっとソウルフルなライヴを予想(期待)していただけに、ライヴのコンセプト的には少しがっかりの部分もあったが、そのスター然としたライヴ・ショーは普段観るライヴとは違うものなのでそれなりに楽しめた。
ベストだったのはやはり「デ・ジャ・ヴ」。
デスチャの楽曲も何曲かプレイされた。

それにしても会場には若い人が少なかった。
ギャルっぽい女の子とかがけっこういるのかな、と思っていたのだがそんなことはなかった。
チケット代(¥9000)のせいか?
それとも若い女の子は洋楽を聴かないのか、今?


ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)
サントラ マキシ・アンダーソン シャーリン・カーモン

ソニーミュージックエンタテインメント 2007-01-31
売り上げランキング : 62

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


#1’s#1’s
デスティニーズ・チャイルド

ソニーミュージックエンタテインメント 2005-10-26
売り上げランキング : 1123

Amazonで詳しく見る
by G-Tools








"ビヨンセの夜の、命の電話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント