THE1975 『Notes On A Conditional Form』

グレタ・トゥーンベリのメッセージがフューチャーされた「The1975」からアルバムは始まる。 英語が分からないので彼女が何を発し(彼女のこれまでの活動からある程度は想像できるが)、バンドが何を伝えたいかはよく分からない。 ただここから次の「Pepple」への流れは、がっつり掴まれてしまった。 このノイジーともいえるロッ…
コメント:0

続きを読むread more

デュア・リパ 『Future Nostalgia』

デュア・リパの最新アルバムが良い。 コロナ禍続く中、少し気分を良い方向に持っていってくれる、ダンスポップ・アルバム。 アルバムタイトルは”フューチャー・ノスタルジア”。 新しいのか、古いのか、どっちだ!? と安易な突っ込みはお約束。 ノスタルジアの部分でいうと、確かにディスコティックなダンスビートがそうで、僕のような年代の…
コメント:0

続きを読むread more

マック・ミラー 『Circles』

世知辛さが増す昨今でございますね。 嫌になってきます。 フジロックやスーパーソニックは無事開催できるんだろうか? あまり楽しい未来が期待できない気分です。 さて今日は、マック・ミラーの最新アルバム『Circles』について。 マック・ミラーはすでに亡くなっている。 2018年9月のこと。 26歳だった。 薬物など…
コメント:0

続きを読むread more

ビースティ・ボーイズ 『Paul's Boutique』

アップルTV+で、ビースティ・ボーイズのドキュメンタリー映画『ビースティ・ボーイズ・ストーリー』を観た。 監督は、彼らのミュージック・ビデオを制作するなど古い付き合いのスパイク・ジョーンズ(『マルコヴィッチの穴』『her/世界でひとつの彼女』等)。 メンバーのマイク(マイクD)とアダム(アドロック)が映像を使いながら、バ…
コメント:2

続きを読むread more