ブログについて ~ポール・マッカートニー来日

有名なアーティストや話題のアーティストを取り上げた時は、こんなブログでも読んでくれる人が増えたりする。
検索からやって来てくれる人が増えるから。
つまり検索されやすいネタを常に選んで書けば、ブログのページビューももう少し上がるんだろうな、と思う。
多くの人に読んでもらうのが、僕がブログを書くにあたってのトップ・プライオリティーとなるのかというと、そうでないんだけど、やっぱり書くからには多くの人に読んでもらいたい。
他人に読んでもらうことを前提に書いているのであるから。
何故他の人に読んでもらいたいのだろう。
自分の考えを聞いてもらいたい、さらには理解してもらいたい、共感してもらいたいということなのだろうか?
日常の生活の中で自分の主義主張、そこまで言えば大袈裟だが、自分が気に入っている音楽についてや、昨日観た映画についてや、ちょっとした想いなどについて、誰かに話す機会がないというのが大きいのかもしれない。
僕がこのブログを始めたのは2005年。
もう10年以上も前である。
その時僕は37歳だった。
最新の音楽について話せる人間は、もう身近にはいなかった。
その頃は恋人とも別れたばかりで、何かにつけて自分の考えを伝える機会が激減していた。

今僕の職場に、やたらよく喋る若い男がいる。
彼は誰かそばにいればとにかく話し始める。
相手がその話の内容に興味が有ろうが無かろうか、その内容を理解してようが、してまいが、そんなことはあまり関係ないようである。
コミニュケーションを求めているのではないのである、彼は。
ただ話したいことを話したいだけなのだ。
楽しいのか、それ?
と思ってしまうが、あれは彼の性なんだから仕方がない。
ただ、僕のブログはあんな風にはしたくないと思っている。
たとえ共感や賛同は得られなくとも、相手に届けたいと思って書いている。
なので、細かいところを何度も書き直したりしながら最終的にアップしている、実はこれでも。

10年以上ブログを書き続けて気付いたこがある。
それは、自分の考えを言語化するという作業はかなり有意義なものを自分に与えたくれるんだなぁ、ということ。
言語化する過程において、何度も自分の考えについて問いただす(文章として上手く表現でるように何度も読み直し書き直したりしてると自ずとそうなってしまう)。
ただの思いつきだったものもが、そのことにより、自分の考えとしてしっかりと形づいたり、ちゃんとした考えだと思っていたものが、希薄な根拠によるただの思いつきに過ぎないものだと思い知ったりする、なんてこともある。

まとまりなく書いてしまったが、今日一番言いたいことは、

私とブログ

なんてことではなく、

このブログをもっと多くの人に読まれたいな、
という長いつぶやきである。
いってみれば、ただの愚痴みたいなもの。

こんな内容なら、検索に引っかかることもなくいつも以上にページビュー少ないだろうな。

でもそれは嫌なので記事タイトルに話題のワードを入れるべく、とってつけたように来日中で話題のポール・マッカートニーについて少し。

前回の来日公演は体調不良で、来日はしたもののライヴ自体は全て中止になってしまったポールであるが今回は今のところ好調のようだ。
セットリストを見ると、いつものようにビートルズナンバーが多数演奏されている。
いつ頃からだろうか、ポールが積極的にビートルズナンバーをライヴで積極的にプレイしだしたのは。
ウイングス時代は、そうではなかった。
その頃はビートルズに対する対抗意識が強くあったのかもしれない。
今はそういう意識はないんだろうな。
名曲だし、お客さんが望んでるんだ。
それに何より俺が作った曲じゃないか、といった気持ちなのかもしれない、今は。
ビートルズナンバー聴きたいよな、やっぱり。
でもそれはそれとして、ウイングス時代の曲ももっとやって欲しいな、という気が僕にはある。
名曲いっぱいあるよ、ウイングスにも。
『ウイングス・オーバー・アメリカ』や『ロックショウ』で聴ける(観れる)、オープニングの「ビーナス・アンド・マース」~「ロックショウ」~「ジェット」の圧巻のメドレーなんて聴けたら最高だろうな、と思う。




Wings Over AmericaWings Over America
Paul McCartney and Wings

Hear Music 2013-05-27
売り上げランキング : 1356

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


羽田に大麻持ち込んで幻となったウイングス来日公演の一件があるのだから、ポールさん、ここはひとつウイングスナンバー中心のライヴもやってもらえないだろうか!?
熱心なファン以外は望まないか、そんなこと。。
とはいえポール・マッカートニーである。
この日本にも、熱心なファンがかなりいること間違いないはず。
どうですか、ポールさん!?




Wings Over AmericaWings Over America
Paul McCartney and Wings

Hear Music 2013-05-27
売り上げランキング : 1356

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年04月24日 18:42
ウチは独り言ですね
興味自体がニッチなものにしか行かないので合わせるのがつらいですから
ネットでまでストレス貯めることもないだろうと

あとは単純にパプアやオーストラリアの情報載せてるとこ少ないんで開拓者気分ってのもあります
toshi
2015年04月25日 22:31
自分の考えを言語化して誰かに伝えるのって面白いです。最近は短い小説を書いて賞に応募したり友達に読んでもらっています。
2015年04月26日 15:39
>akakadさん

ニッチな方が、少数だけど興味のある人が読んでくれるから、それはそれでありのような気もするのですが、どうでしょうか?
でもオーストラリアに関しては、旅行として日本から行く人は多いので掘り起し可能な需要はあるかも。
でもパプアはさすがにニッチですよね。
2015年04月26日 15:41
>toshiさん

小説いいですね~
僕も書いてみたいけど、根気がないので完成するまでに面倒くさくなってやめてしまうと思います。
ブログくらいの長さが僕には丁度いいです。
2015年05月05日 23:09
実際そんな気分で書いてますし今更有名どころ突ついても大したことも書けませんし
オーストラリアのインディーズと現地のみで有名なバンドやパプアのレゲエ・ポップスは日本語情報が少ないのでさわりになればなぁと思っています
2015年05月06日 15:15
>akakadさん

僕は基本的に嗜好性がポップに振れているので、どうしても多くの人に人気のあるものに偏ってしまいます。
それもアメリカで受けるようなものが好きみたいです。
イギリスのアーティストでも、好きなアーティストはアメリカでもヒットしてる人が多い。
人間的にはアメリカ人的では全くないんですけど。

この記事へのトラックバック