SUMMER SONIC 2013 大阪 8月11日  ~Part.2

今回は、先週のサマソニ・レポートPart.1の続編。
お付き合いのほど、よろしくお願いします。


照りつける太陽の下、マキシマム・ザ・ホルモンの強烈なグルーヴに身体を揺らす。
マウンテン・ステージでは、すでにジェイク・バグが始まっているに違いない。
行かなくちゃ、
でもホルモンが気持ちいい!
どうする俺?

意を決してホルモンに背を向けた僕は、後ろ髪引かれつつジェイク・バグのいるマウンテン・ステージに。

一度に複数のステージが進行するフェス。
こういう瞬間が、いつも悩みの種である。
でもこれこそがフェスの魅力の裏返しでもある。

たどりついたマウンテン・ステージ。
当然のごとくジェイク・バグがステージにいる。
声がいい!
ギターも上手いじゃないか!!

海外フェスの模様



サマソニではほどの盛り上がりにはならなかったけど、ライヴはとても良かった。
10代の新人という事を考えると末恐ろしいというか、今後への期待がとてつもなく膨らむ。

ジェイク・バグ終了後、音楽酒場のマスターと合流。
ホルモン焼きとビールで乾杯。
ちなみに今年のサマソニ、ビールはバドワイザー。
ロック談義などしながら日陰で涼をとる。
その後マスターはまたしても炎天下へ、僕は引き続き涼を取るべく、サマソニ大阪唯一の屋内会場であるソニック・ステージへと向かう。
エアコンが欲しいのだ。

ソニック・ステージにはエモーショナルなメロディで話題になってるアイルランドのバンド、KODALINE(コーダライン)。
室内のエアコンの魅力もあるが、もちろんバンド自体にも興味がある。
で、いざ会場へ。
満員やん!?
アリーナは入場規制で入れず。
スタンドはステージ横のみが空いており、そこに座る。
スタンドから観たアリーナは、確かに一杯だ。
やはり結構話題みたいだこのバンド。




In a Perfect WorldIn a Perfect World
Kodaline

Red Int / Red Ink 2013-06-17
売り上げランキング : 5974

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


メロディの良い楽曲が続くライヴに、なかなかいい気分になる。

コーダラインが終わると、ビールを片手にステレオフォニックスを観にマウンテン・ステージに移動。
ここソニック・ステージからの距離は少し長い。
暑い。。

たどり着いたマウンテン・ステージからは、いつもながらの渋いヴォーカルが聴こえてくる。
しかし観客は少ない。
僕は座り込んで、のんびり観戦。
これもフェスの醍醐味の一つ。
ビール飲んでまったりと世界レベルの音楽を感じる。
最高だ!!

ステレオフォニックスが終わると、今度はオーシャンステージへ行ってリンキンパーク。
移動途中でビールをまた一杯。
この日のラインナップでは、セールスパワーNO.1の彼ら。
メタリカがいなければヘッドライナー間違いなしのビッグネーム、観ないわけにはいかない。
しかし数曲でまたまたマウンテン・ステージに移動。
PAのせいなのか、音にあまり迫力が感じられなかった。

マウンテン・ステージのチープトリック、観客は少ない。
ウラがリンキンパークなら仕方ないか。
カクテルなど飲みつつ座って観ることに。
夕方になり、大阪湾が横にあるマウンテン・ステージには心地よい風が吹いてくる。
気持ちいい。
音楽と酒と風。
人生を最高に心地よくする3拍子が揃っている。
これに素敵な恋人でも隣にいれば、パーフェクトなのにと考えたりしながら寝そべってみる。
実に気持ちいい。
思わず少し寝てしまった。

画像













チープトリックが終わるといよいよ、一番のお目当てであるストーン・ローゼズ。
メタリカ~リンキンパーク目当ての人が多いのは間違いないけど、ローゼズ目当ての人も結構いるはずだ。
何しろ再結成後初の大阪上陸である。
そして僕にとっては人生初の生ローゼズでもある。
実際に僕と同じような人がこの日の会場には多かったはず。
以前ローゼズのライヴに行ったことある人って、この日どれくらいいたんだろうか。
でももしかした結構いたりするのかも。

空が少しずつ暗くなっていき、ローゼズ登場の時間が迫ってくる。
僕はワクワクドキドキ。

画像















夕闇が増し場内にシュープリームスの「Stoned Love 」が流れる。




いよいよ時が来た。
ストーンローゼズ再降臨!

最初の曲は「I Wanna Be Adored」。
イアンのヴォーカルは予想通りである。
とはいえ、それほど悪くはない。
そして続く2曲目に「Elephant Stone」。
これにはみんな異様に盛り上がってしまう。
長髪でギターを下方に持つジョンがたまらなくかっこいい。
その70年代的佇まいやフレーズが、ジミー・ペイジを思わせたりもする。

画像














CDで聴くよりグルーヴ感あふれる演奏が続く。
たまらん!!!!
イギリス本国を始め世界中の多くの人が熱狂するグルーヴがそこにはあった。
好きだけど、異様に彼らを崇めるかのような人や、増井修時代のロッキングオンには、
そんなに凄いのかね~?
と、ちょっと斜に構える自分もいたのだが、体感してみて分かった。
このグルーヴは、間違いなく特別なものである。
そして、も一回書くけど、イアンのヴォーカルもそんなに悪くない。
ハードルが低いってのもあるけど。

画像















最後の「I Am The Resurrection 」後半の驚愕のグルーヴでステージは幕を閉じた。
再結成に長い時間を要したのは、イアンとジョンの確執が原因だった。
そんな二人が演奏終了後熱いハグを交わす。
そしてそこに残りのメンバーも加わる。
少し感動的でさえあったローゼズLIVE。
実に素晴らしかった。
いやほんと、あのグルーヴはたまらんかった。
クセになりそうだ。
また観たいぞ、またすぐ来てくれよ!!

ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ストーン・ローゼズザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ストーン・ローゼズ
ザ・ストーン・ローゼズ

SMJ 2012-01-24
売り上げランキング : 21516

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ローゼズは終わったがオーシャン・ステージではトリのメタリカの演奏が続いている。
後ろのリサイクルゴミ分別コーナーのところで最後の数曲を観る。
リサイクルゴミ分別コーナーにいる若い女性にとってもかわいい子がいた。
その子をチラチラ見ながらメタリカ。
初メタリカだが、凄いなこの人たち。
聴いたことのある曲もいくつかあった。
演奏も上手い。
意外にもノッてしまったよ。
正直な感想を言うと、リンキンパークとは格が違う。
少なくともその日に関しては、そう感じた。
ずっとトップでいるだけのことはある。
あまり得意ではないジャンルだけど、彼らが破格の存在であることをしっかりと感じた。
発見である。
今度ちゃんと聴いてみよう。
やっぱり最初は、ブラック・アルバムこと『メタリカ』とかがいいのかな?

メタリカメタリカ
メタリカ

USMジャパン 2013-08-06
売り上げランキング : 1585

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これで今年も終わってしまったサマーソニック。
とても楽しかった。
ローゼズ最高だった。
メタリカの良さにはビックリした。
ホルモンの力強さにもビックリだった。
ジェィク・バグの豊かな才能に未来を感じた。
また来年だ。
来年はどんなアーティストが観れるかな。

画像

























この記事へのコメント

るーさ
2013年08月26日 10:12
ローゼズ 最近の演奏をyoutubeでみたけど相変わらずのグルーヴでしたね
ただ昔みたいに自分とシンクロしないのは少しさびしさを感じるな
昨日掃除しながらオアシス聴いてたけどリアムノエルのが今の自分は合う
グルーヴよりメロディーを必要としてるんだろうなw
2013年08月27日 00:10
>るーささん

ローゼズも凄いが、オアシスも相当凄いと思います。
何年後かに再結成するような気がします。
きっとその時は来日もしてくれるでしょうね。
V.J.
2013年08月28日 14:03
私のような偏食且つ好き嫌いがはっきりしている間口の狭いロックファンにとって、ホルモン、リンキン、メタリカ…この辺が出るだけで、「金がもったいない」と思ってしまいます。

んで、J.バグとローゼズ…
フルサイズのライブが見たいよなぁ…
東京のソニック・マニア夜中だしなぁ…
チケ代にメタリカとかホルモンとか入ってるのもなぁ…

基本、フェスがキライな私は永遠にサマソニには縁がない様な気がします(苦笑)

P.S. フジロックはもっと縁が無いです。つーか、フジロッカーが死ぬほどキライです(笑)
2013年08月28日 23:39
>V.J.さん

間口の狭い人にこそフェス!
僕だってフェスじゃなかったら、メタリカやホルモンやパフュームを観ることはなかった。
好きなアーティストをしっかり観るならもちろん単独公演。
夏の空の下ビール飲みながら世界レベルの音楽をBGMに過ごすのがフェスです。
ピクニック気分で是非!!
仮面ライダー
2013年08月30日 23:00
名盤さん、楽しそうやないですか?伝わってきましたよ☆正直、サマソニミスチル見たかったけど、仕事の混乱に紛れてチケット発売すら見失っていました。酒飲みながら音楽最高ですね☆JAKE君とローゼズ見れただけでもイギリスに来たような気分ですね。オアシスいたら各年代の名バンド勢ぞろいですね。ローリングストーンズとかいたら完璧でしたね?昨今は、B'zやMr.Childrenがサマソニにでて本来のサマソニらしさが失われてるみたいなこと言う人もいますが、幅が広がってこそのフェスですもんね。LUNA SEAが復活しました。苦手な人もいると思いますが、彼等の変わらなさかっこよさはジャンルは違いますがユニコーン並に成功と思いますね。あとは。THE YELLOW MONKEYの復活さえあれば、僕の青春リスタートですけどね☆話が逸れましたが楽しいレポートありがとうございました☆
2013年08月30日 23:34
>仮面ライダーさん

普段積極的に聴かないアーティストとの素敵な出会いは、フェスの醍醐味だと思います。
LUNA SEAは河村隆一が一時のようなふっくらさんから少し締まった顔つきになって良かったと、ファンではないですが思っています。
イエローモンキーはメンバーの仲が良さそうだから、そのうち復活するんじゃないかなと思っています。
2013年09月01日 05:02
ローゼズとジェイク君最高でしたね!

ローゼズは最後まで観たかったですが元メタラーのわたしとしてはメタリカも1度はナマで観たかったので泣く泣く移動しました。メタリカの単独には一生行くことは無いだろうし・・・。予想どおりメタリカもスゲかったです。

やはり雑食人間の自分にはサマソニの節操のないブッキング最高です。
2013年09月01日 15:09
>カナさん

メタリカ最後の方だけでしたが良かった!
ちょっと驚きでした。
サマソニのブッキングはアリですよね!!
僕も気に入ってます。
運営ですね、問題は。
間口の広いブッキングは特に運営面考えてもらいたいと思います。

この記事へのトラックバック