映画ベスト10 2000~2009 (1位~5位)

新年第一弾企画

映画ベスト10 2000~2009年

の続編

やらせてもらいます。


それでは早速、
昨日の記事(2000年代映画ランキング6位~10位)
に続く、トップ5の5作を発表。


いきなり行きます。


2000年代映画ランキング


堂々の





あの頃ペニーレインと




この映画を10年間のナンバー1ムービーに選んでしまうのは、僕がロックファンだからに違いない。


あの頃ペニー・レインと (1枚組) [DVD]あの頃ペニー・レインと (1枚組) [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2011-01-26
売り上げランキング : 25570

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


主人公ウィリアムは15歳にしてローリング・ストーン誌に原稿掲載のチャンスをつかむ。
グルーピーのペニーレインとの出会い、取材対象であるバンド“スティル・ウォーター”のツアーへの同行。
厳粛な母親、自由を夢見て家を出て行った姉。
70年代という夢見がちな時代の香りの中で、ロックンロールのスウィートな部分を、美しく描いた青春映画。
ロック・ファン的な感性にドンピシャでフィットする、胸焦がす作品。
ロック・ファン必見です!!





クラッシュ



2005年アカデミー賞作品賞受賞作。
監督は、『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本を手掛けた、ポール・ハギス。
僕は『ミリオンダラー・ベイビー』には希望を感じることができなかった(これは人によって違うみたいだが)、しかしこの映画には希望を見出すことができた。

クラッシュ [Blu-ray]クラッシュ [Blu-ray]

東宝 2012-02-24
売り上げランキング : 1531

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人種や階層の違う人々が衝突し人生を混乱させていく模様を、群像劇で描いたヒューマンドラマ。
あぁ、人生って・・・・
と思わずつぶやいてしまう、そんな映画。
マットディロンが自動車事故から女性を救出するシーンと、子供が銃撃に巻き込まれるところ、そしてラストシーンが特に好き。





ノーカントリー

2007年アカデミー賞作品賞受賞作。
別にアカデミー賞好きではないのだが。。



殺人現場から大金を持ち去った男モスを追うシガー。
このシガーの迫力が怖い。
スリル満点である。
スピード感はない。しかしひたひたと迫りくるシガー。
保安官に扮するは、トミー・リー・ジョーンズ。
最後まで緊張の絶えない、アカデミー賞作品賞にふさわしい作品。
原題は、
ノーカントリー・フォー・オールドメン

ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2010-05-14
売り上げランキング : 20533

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




4

フラガール

知ってる人も多い、大ヒット映画。
これは、泣きました。



昭和40年の常磐ハワイアンセンター設立に関する実話を基にした物語。
炭鉱を守ろうとするもの。
新しい夢に賭けようとする女性たち。
東京からやってきたダンサー。
そんな様々な立場の人たちの葛藤を見事な演出で描き出す映画。

フラガール(スマイルBEST) [DVD]フラガール(スマイルBEST) [DVD]
李相日

ハピネット 2008-02-08
売り上げランキング : 10851

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





5

メメント

時系列が逆に、つまり今から過去へと物語が進んでいくという映画。
劇場で初めて観た時、少しの間そのことに気付かなかった記憶がある。



主人公は妻を殺害した犯人を自ら探そうとする。
しかし彼は外傷のため10分で記憶がなくなってしまう。
そこで彼は、忘れてはいけない重要な事柄をTATTOOにして自らの体に刻みこむ。
斬新な作品、面白い!
最後に、なるほどそういうことか、
と思い、少し暗い気持ちにもなった映画。
映画ファンの方、まだなら是非!!

メメント [DVD]メメント [DVD]
クリストファー・ノーラン

東芝デジタルフロンティア 2006-06-23
売り上げランキング : 8970

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




以上5作品が、僕の選ぶ2000年代ベスト5。

たぶん観てない名作もいっぱいあると思いますが、僕が実際観た中では昨日の5作(6~10位)と合わせた、この10作が2000~2009年のベスト10!

あくまでも今日の気分では、ということになりますが。


皆さんの2000年代の好きな映画は、何ですか?






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

るーさ
2012年01月05日 22:53
ペニーレインってビートルズの曲からとってるんですかね
ビートルズといえばバックビートっていう映画が好きだったな。ジョンレノンの友人で天才だったけど 早くして亡くなってしまったスチュという5人目のメンバーだっけ
スチュの死がジョンに影響を与えたみたいなビートルズ映画の佳作でした。
2000年代だとデヴィッドリンチの映画とかジャックブラックとかが良かったかな
2012年01月06日 01:14
>るーささん

ペニーレイン、どうなんでしょうね。
そうなのかな~?
ジャック・ブラック好きです。
ハイフィディリティでの歌が最高でした。

リュウ
2012年01月06日 06:54
どうも!
今年も宜しくお願いします♪
“あの頃ペニーレイン”
“フラガ―ル”
は共に好きな映画です♪

ペニーレインは幾度となく見てます、なんか、郷愁漂うRockな匂いがたまらないんです♪

S&GのAmereica、The WhoではSparksなんか渋い選曲がお気に入りの訳、あとハイ・フィディリティも好きです!

今年も音楽、音を楽しみましょー
まり
2012年01月06日 07:24
2000年以降は アニメやら 三丁目の夕日やら 懐かしの昭和な作品ばかり見てます。
「あの頃ペニー・レインを」良さげですね♪
今年も よろしくお願いします!
cere
2012年01月06日 15:42
名盤さん、こんにちは。
1~5位どれも見たことないです(泣)もっと映画見ないと・・・。ノーカントリーは面白そうだったので、蔦谷で手にしたことはあったんですが。
僕はベタですけど『きみに読む物語』が泣けます。恋愛系はほとんど泣かないんですけど、お年寄りに弱いんです。後、『スティング』も大好きです。
2012年01月07日 00:08
>リュウさん

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
『あの頃ペニーレインと』で、S&Gのレコードのジャケットを見て、ウィリアムのお母さんが、マリファナをやってる目だ!、というシーンが印象的でした。
S&Gってそういうイメージもあったんですね。
『ハイフィディリティ』、僕も好きです。

>今年も音楽、音を楽しみましょー

もちろん!
だって、これしかないですから。
2012年01月07日 00:10
アニメは僕も時々ですが観ます。好きです。
『あの頃ペニーレインと』はぜひ観てください。
とても良いと思います。
では、今年もよろしくお願いします。
2012年01月07日 00:14
>cereさん

『スティング』はもちろん大好きです。
オールタイムベスト10したら上位に入ると思います。
大傑作ですね。
『ノーカントリー』も是非!
お年寄り系はあまり観ないかも。
年齢的にいうと、やはり同年代の話がグっとくることが多いかな、という感じです、僕の場合。

この記事へのトラックバック