SUMMER SONIC 11 大阪 8月14日 Part.1

行って来ましたサマソニ。
暑かったがやはり楽しかった。

サマソニ公式サイトはコチラ


2000年の夏から始まったサマソニことSUMMERSONIC、東京(正確にいうと現在は千葉だが)と大阪で同時開催されてきた。
一度は東京で観たことあるが、それ以外は当然ながら大阪会場での参加。
東京とは違いチケットの売れ行きも悪く、幾度となく大阪での開催がなくなるのではないかと噂されてきたサマソニ大阪。
東京のようにステージがどんどん増えていくのに対し、最近では大阪は縮小傾向に。
もともと観客のマナーの悪さも指摘されている上に、運営面でも要領が得ないことの多いここ大阪。
ちなみに、サマソニの企画・運営はクリエイティブマン・プロダクションが行ってるものの、大阪については他のイベンターに運営を委託しており、サマソニのコンセプトは東京と大阪では共有されていないのではないかと、僕は個人的に思っている。
なんか、“それはおかしい”と思えること(運営面において)が実際に多い。
一度だけ行ったことのある、東京でのサマソニではそう感じることはなかった。
客層の問題も大きいのかもしれないが、

でもなぁ~


さて今年の大阪サマソニは、東京とは違う独自路線での開催ということで、
ステージ数は3つとなってしまった。
がっかりである。。
しかし、大阪のみに登場するメジャー・アーティストもいたりした。
そして今年は大阪サマソニ史上初のソールドアウト(1日目の8月13日)を記録。
だが開催規模縮小ということで飲食ブースが激減し、そこに過去最高の動員数となったため飲み物を買うのに30分以上並ぶという状況に。
僕も2日目に行って感じたが、飲食ブースもさることながら、以前は仮設テントなどで作られていた日陰スペースもほとんどなく、どうするんだこの炎天下、と思った。
しかし、そんな風にして色んな面で経費削減しないと開催できないのが実情なんだろうな、とは思う。
フジロックという選択が距離的に難しい関西ロックファンには、なくてはならないサマソニ大阪。
開催してくれただけでも、ありがたいというところか。
実際に収支のことは分からないけれど、今年ソールドアウトが出たことで来年の大阪も開催されるだろうと期待している。
でも、もう少し快適にして欲しいものだ。
まず何よりも終演後のシャトルバス。
くたびれた身体で暑い中、1時間とか待つのはさすがに辛い。
飲食ブースも、もう少し増やして欲しい。
導線も、もっとどうにかならないのだろうか。
そりゃ導線を増やせば、それだけそこをチェックする人間がいるから人件費も増えるんだろうけど。
というわけで、それらを解決する方法だが、
それはやっぱり、チケット料金を値上げするしかないと思う。
快適度が増すなら、1000~2000円の値上げなら仕方ないのかと思う。
でも、そうすると動員随分減るのかな。
だがサービスを向上させて価格を上げることで運営がうまくいくようになるというのは、ビジネス上よくある話。
だめかな~?
高くなったら、みんな行かない?
東京だけの開催になるよりはいいし、水買うのに30分以上も並んでたら観たいライヴも逃してしまう。


さて、今年僕が行ったのは大阪の2日目(8月14日)。
メインステージのトリがストロークスの日だ。
一番のお目当ては、リアム・ギャラガー等ノエル以外の元オアシスメンバーによるNEWバンドビーディアイ
ストロークスも最新作が凄く良かったので、観てみたい。
そしてKORN。
リップスライムも楽しみである。
木村カエラやパフュームも気になる。


毎度の事ながら、会場に向かう電車の中からワクワク気分。
やはりロックフェスなくして、僕の夏はない。
去年は仕事の都合でどうしても参加できなく、とても悔しい思いをした。
一年で一日くらい好きに休ませろよ!


シャトルバス乗り場が混むことを予想し、少し早めに家を出たが順調にバスに乗り込むことが出来た。
予定より早く会場に到着。
チケットをリストバンドと交換。
リストバンド付け係(?)のお姉さんにリストバンドを留めてもらう。
いつもは自分で付けるが、綺麗なお姉さんを発見したのですかさず彼女の前に行って左腕とリストバンドを差し出す。

最初に観る予定なのは、OFWGKTA
しかしまだ時間に余裕があるので、まずは会場内をうろうろ歩き回る。
ジャックダニエルのお姉さんがとても綺麗!
「写真とっていいですか?」
と心の中で何度か口にする。
だが実際には恥ずかしくて言えない。
何も言えないまま、ジャックダニエルのブースを通過してしまう。
だが心残りが大きく、通り過ぎた後、一度引き返してみる。
しかし僕の口は閉じたまま、再びブースの前を無言で通過する。
小心者!!


一回りした後、メインステージに行き、何気にONE NIGHT ONLYのステージを観る。
名前も知らないこのバンドだが、なかなか良い。
グランジ以前とでもいうか、やや80年代的テイストも感じさせるロックバンド。
けっこう盛り上がる。




ワン・ナイト・オンリーワン・ナイト・オンリー
ワン・ナイト・オンリー

ユニバーサルインターナショナル 2011-06-22
売り上げランキング : 458

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



そして、OFWGKTAを観に移動。
人がどんどん増えている。
照りつける太陽が暑い。


・・・・Part2に続く









この記事へのコメント

buruman
2011年08月15日 19:15
大阪の人ってイベントがあまり好きじゃないんだなぁと
ここ数年思ってます。
2011年08月15日 22:36
サマソニ参戦お疲れ様です♪
今年は、メンツが恐ろしく僕好みだったので行きたかったけど、ちょっとした手違いで断念しました。

Twitterとかで、フォローワーさんの大阪参戦の様子を見てましたが、かなり酷かったみたいだね。(特に初日)でも、KORN→BDI→STROKESって神セットだよね!

参戦記楽しみにしています♪
るーさ
2011年08月15日 22:40
楽しそうですね
自分はサマソニはTVでみたくらいかな
あまり現場にいなきゃみたいな感じは無くてビデオで見た方が冷静にみれるみたいなタイプなんで…
そういえば大阪なんだから 普段は大阪弁なのかな ~や とか めちゃ~とか
2011年08月16日 00:19
>burumanさん

そうなのかな~?
確かに東京の人たちのほうがイベント好きなイメージはあるけれど。
2011年08月16日 00:22
>V.J.さん

確かにKORN→BDI→STROKESの流れはかなり強力だと思います。
しかもストロークスの裏にアヴリル。
彼女の音楽には特に興味はないですが、メンツ的に行くとかなりのハイレベルになっていたと思います。
続きもよろしく。
2011年08月16日 00:26
>るーささん

フェスの現場はいいですよ。
だって、歩いてたら生の音楽が聴こえてくるのだから。
ぼーっとお酒飲みながら、気楽に音楽を聴ける空間は、通常の単独ライヴとはまた違うちょっと不思議でかつ心地よい感覚です。
大阪弁もちろん話しますよ。
そんな、コテコテではないけれど。
2011年08月16日 22:25
サマソニ参加なさったのですね!
私は今年、結局ひとりフェスに尻込みして断念しました…。
来年こそはひとりでも行くぞ!と、名盤!さんのレポートを見て心に誓いました(笑)

運営、東京と大阪でそんなに違うんですね…。
なんとかうまくやってほしいですね。
来年もこの時期なら、帰省もかねて大阪で観たいなぁと思っているので…。

それはそうと、キャンギャル(死語?)のおねえさんは綺麗ですよね~。
スタイルいいし、羨ましい限りです。
2011年08月16日 23:03
>煌砂さん

フェスはこれまで、サマソニのほかFUJIとロックインJAPANと行きましたが、運営的に一番良いと思ったのはロックインJAPANでした(行ったんですよね)。
でも大阪だと毎年行けるのはサマソニになってしまいます。
さらなる改善を期待しています。
キャンギャルには、ついつい心を奪われてしまいます。

この記事へのトラックバック