アンダーワールド

今日タワーレコードに行ったら、CD買ってる石野卓球(電気グルーヴ)を発見。
何を買ったのか気になったが、上手く見ることが出来なかった。
残念。。
さて卓球といえばテクノだが、僕は一時テクノにとてもハマったことがある。
特に好きだったのがアンダーワールド。
アンダーワールドの(3人組になってからの)1stアルバム『ダブノーベースウィズマイヘッドマン』は衝撃的だった。

ダブノーベースウィズマイヘッドマンダブノーベースウィズマイヘッドマン
アンダーワールド


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


94年のある日、多くの輸入盤店で大プッシュされていたアンダーワールドの『ダブノーベースウィズマイヘッドマン』。
当時の僕は、テクノにはてんで疎く、流行のアンビエント・テクノを少し聴く程度だった。
だからアンダーワールドといったって、誰、それ? って感じ。
アルバムが出る前からシングルがヒットしていて、クラブ・シーンではとても注目されていたらしいのだが。
しかし一度聴いてみると、なんじゃ、これっ!
衝撃的だった。
アンダーワールドはテクノなどのクラブミュージックが好きな人からはもちろんだが、僕のようなロック・ファンからも大きな支持を集めた。
そのビートは単に踊りたくなるというだけではない、ロック的な何かを内包しながら放たれていたのだ。
世界中の暗いダンスフロアに、そして寂しげな僕の部屋に。
つまり、既存のロックでは満たす事のできない、当時のロックに欠落していたものがアンダーワールドの中にあったということなのだ。
アンダーワールドをきっかけに多くのロックファンがクラブミュージックの虜になっていった。
その後、次第にロックはクラブ・ミュージックに、クラブミュージックはロックに接近していく。
時代がビートを求めていたといえば言いすぎだろうか。
ケミカル・ブラーザーズやプロディジーが日本でも大ヒットした97年、ロックとクラブミュージックの融合は頂点を迎えた。

ディグ・ユア・オウン・ホールディグ・ユア・オウン・ホール
ケミカル・ブラザーズ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

The Fat of the LandThe Fat of the Land
The Prodigy


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クラブミュージックというのは数ある音楽ジャンルの中でも、特に時代性が重要で、旬を過ぎればとてもつまらなく感じてしまう種類の音楽だと思う。
テクノ系のものだとよりその性格は強まる。
しかしこの『ダブノーベースウィズマイヘッドマン』は今聴いても充分にカッコいい。
それはアンダーワールドのスタイルが一つのスタンダードとして、今も脈々と受け継がれているからじゃないだろうか。
具体的に誰? と聞かれたらすぐに思い浮かばないが、アンダーワールド以前と以降では確実に何かが違うと、僕は思う。


underworld 1992-2002 (Japan Only Special Edition)underworld 1992-2002 (Japan Only Special Edition)
アンダーワールド


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






DaftPunk_468x60.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月31日 02:31
名盤!さん、お元気ですか?
労働者はゾンビモードです。
笑。
このブログの文章は秀逸で
すね読ませます★
カッコイイス。(^^)
特に、「そのビートは単に
踊りたくなるというだけで
はない、ロック的な何かを
内包しながら放たれてい
たのだ」が加速感があり
どんなCDなのかききた
いとおもわせますね!
ロックとクラブミュージ
ックの融合の前後の歴史
おもしろそうです★
本ならきっと読みたい。
眠い、、おやすみなさい。
よい一日を!
2006年05月31日 12:36
こんにちは!

確かに僕もUnderworldからはロック的な何かを感じさせられます。でも、『ダブノーベースウィズマイヘッドマン』はリアルタイムでは経験していなかったので…勉強になりました!

あと、やっぱりテクノというのは時代性が重要な音楽なんでしょうか?僕はAphex Twinの初期の頃の作品に未だにハマっちゃってます(笑)
2006年06月01日 00:42
>ゆみさん

ありがちな文章ですよ、僕の書くのなんて。。
2006年06月01日 00:47
>ポリモフさん

どうも、こんばんは。

>やっぱりテクノというのは時代性が重要な音楽なんでしょうか?

というより時代性が色濃く反映されやすい音楽じゃないかと思っています。
でももちろん何年経っても良いものはありますよね。
ゆみ
2006年06月01日 00:50
こんばんは。
>ありがちな文章
 私は素直なんで(笑)
 おもったままを。
 (^^)P 
 参考にしたいとおもいます。
 
 
2006年06月01日 00:57
あ!そうだったのかー
トレインスポッティング
の曲『Born Slippy』は
彼らの曲だったのですか、、
はじめて知りました、、
そっか。。
2006年06月01日 14:45
こんにちは!

>というより時代性が色濃く反映されやすい音 楽じゃないかと思っています。
 でももちろん何年経っても良いものはありま すよね。

なるほどそういうことでしたか。勘違いしてスミマセン。「時代性が色濃く反映される」ってことについてはその通りだと思います。

あと、トラックバックどうもありがとうございました。こちらからもトラックバックさせていただきました。
和登さん
2006年06月01日 21:11
私も昨日タワレコへいきました。阪神は昨日の悪夢を晴らしたよ。しかし 最近は打線が湿ってますね(^_^;)
2006年06月01日 23:21
>ゆみさん

トレインスポッテイングの影響で聴き始めたファンも多いみたいですよ。
2006年06月01日 23:22
>ポリモフさん

こちらこそトラックバックありがとうございます。
またぜひ遊びにきてください。
よろしくです。
2006年06月01日 23:23
>和登さん

シーツもちょっと調子落ちてきたみたいですね。
それにしても、久保田は不安です。。
2006年06月02日 00:23
そうなんですか、
映画の中にある音楽も
これからは、耳をさらに
してきかなくちゃ。。
2006年06月03日 01:31
>ゆみさん

はい、ぜひ。

この記事へのトラックバック

  • Underworld 

    Excerpt: 今回紹介するのは、イギリスが誇るテクノユニット、Underworld(アンダーワールド)のベストアルバム、『1992-2002』です! 1992-2002Underworld (2003/.. Weblog: CLUB OTAKU racked: 2006-06-01 14:40
  • UNDERWORLD  「cups」

    Excerpt: 「蒸発」   fromAlbum「水中物語」 「心象風景」という言葉が在ります。 自分でも気づかない心の奥底。深層心理。その原風景。 ジャッ.. Weblog: 水中日記 2ndAlbum「水中物語」発売中 racked: 2007-08-12 12:23