ホテル・ルワンダ

『ホテル・ルワンダ』という映画を観た。
この映画は、2004年にアメリカで公開され評判となり、『ミリオンダラー・ベイビー』や『アビエイター』等と共にアカデミー賞主要3部門にノミネートされた作品だ。
しかし、採算性を疑問視され日本での配給は決まらなかった。
署名活動などで日本公開に尽力した『ホテル・ルワンダ』日本公開を応援する会によると、アカデミー賞ノミネートにより売り手側の提示額が高く、日本の配給会社が興味は持ちつつも契約には至らなかったようだ、とのこと。

確かにエンターテイメント性は高くない。
主演のドン・チードルも、映画ファン以外には名を知られていない。
僕には、ポール・トーマス・アンダーソン監督の『ブギーナイツ』(これは傑作!)での彼がとても印象的だったが。
有名どころではホテルを経営する会社の社長役で、ジャン・レノが出演しているが登場回数は少ない。
あとは国連維持軍の大佐役ニック・ノルティぐらいが、日本で馴染みの顔。
でも採算は取れそうだけどな、上手く宣伝すれば。
よっぽど売り手側の提示額が高かったのかなぁ。


さて映画の中身だが、これは’94年にアフリカのルワンダで実際に起こった内紛による大量虐殺を描いた作品。
主人公のホテル支配人は実在の人物である。

ルワンダ紛争(ウィキペディア)


画像















ストーリー:

’94年、ルワンダのフツ族がツチ族の虐殺を始める。
主人公で高級ホテルの支配人ポールは近所のツチ族を、そのホテルに避難させる。
ポールはフツ族。ポールの妻はツチ族。
ホテルには海外からの宿泊客やジャーナリストもいる。
虐殺が進む中、ヨーロッパやアメリカなど先進国は自国民を退去させる。
援助の手はここまでだった。
ホテルを守ってくれるのは、平和維持軍の4名のみ。
しかも彼らは発砲できない。
現地の人々は殺戮の現場に取り残された。
ホテルに避難しているツチ族は、このとき1200人にまで膨れあがっていた。
死の恐怖の中、ポールは自分に出来る限りの手を尽くし家族らを守ろうとする。

予告編はコチラ


これは’94年の出来事である。
この10年後の2004年、またしてもアフリカのダルフール地方で大量虐殺を伴う紛争が起きている。

ダルフール紛争(ウィキペディア)



殺し合いをすることで儲ける奴らがいるのだ。
そして、そいつらは絶対に殺し合いの現場にはいない。
これまで戦争など殺戮を描いた映画はいくつもあった。
それでも、戦争や殺戮は今も続いている。


『ホテル・ルワンダ』主人公のモデルとなったポール・ルセサバギナ氏講演(PDFファイル)

ポール・ルセサバギナ氏の発言に対する、在日ルワンダ大使館エミール・ルワマシラボ閣下のコメント(Wordファイル)



映画のエンディングで流れてたワイクリフ・ジョン(フージーズ)の曲がとても良かった。

映画とは関係ないけど、先ごろ報道されたフージーズの活動再開が楽しみだ。


Hotel RwandaHotel Rwanda
Original Soundtrack


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

GREATEST HITSGREATEST HITS
フージーズ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

高円人
2006年02月22日 00:31
TBありがとうございます。
おおーローリン・ヒルがいる!大好き
マダムS
2006年02月22日 09:35
TB有難うございました♪
人間の善の部分と恥の部分と両方を見せてもらったような作品でしたね。
沢山の参考文献のご紹介、ありがとうございます! 参考にさせて頂きますね。
ぷくちゃん
2006年02月22日 22:00
都会に住んでいるとこのようなミニシアター系たくさん見れますよね。うらやましい。「the door in the floor」っての見たいんですが。地方では無理なのでDVD借りるしかないかな。
2006年02月22日 22:47
>高円人さん

ローリン・ヒル好きですか。
フージーズの活動再開楽しみですね。
2006年02月22日 22:49
>マダムSさん

こちらこそTB&コメントありがとうございます。
ブログお邪魔させてもらいました。
凄い量の映画観てますね。
うらやましいです、とっても。
2006年02月22日 22:55
>ぷくちゃんさん

今回観た劇場は今まで観た中で一番小さかったかもしれません。
客席は70席ほどでした。
映画の値段がもっと安くなって、もっと劇場ができれば、と思います。
といっても大体はチケットショップで安い券買って観るんですけどね。

「the door in the floor」はよく知らないんですが、キム・ベイシンガーの映画でしたっけ?
yumi
2006年02月24日 14:59
>映画の値段がもっと安くなって
大手映画館が今、映写技師とフィルム
を持ち出して、近くの区のホールで
安くで上映してくれていますが、、
画面がちっこいのが、寂しいです、、
映画ばんざい(^^)P
2006年02月24日 20:12
>yumiさん

>大手映画館が今、映写技師とフィルムを持ち出して、近くの区のホールで安くで上映してくれていますが、、

へぇ、いいじゃないですか。
文化を広めねば。
ねぇ。
映画バンザイ!!
yumi
2006年02月27日 15:00
ごろにゃーご(^J)←顔へんやし、笑

この記事へのトラックバック

  • テレビ・メディア

    Excerpt: 名盤!様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 Weblog: blolog〔ポジティブレビュー〕 racked: 2006-02-22 00:02
  • 「ホテル・ルワンダ」見てきました。

    Excerpt:  最近見たい映画と言えば、ホテルルワンダかTHE有頂天ホテル。どちらもホテルつながりですが、内容はまったく違うこの映画。どっちを見に行こうかなぁ~。というわけで、なんとなくホテルルワンダに決定。 Weblog: よしなしごと racked: 2006-02-22 00:30
  • ホテルルワンダ

    Excerpt: ホテルルワンダぜひぜひ多くの方に観てもらいたい。知らない、とは知ろうとしないこと。知るために行動を起こさないといけない。仕事を言い訳にしてはいけない。謙虚な気持ちで、今こうして日本で生かされていること.. Weblog: Corneal Transplantaion racked: 2006-02-22 01:14
  • 『ホテル・ルワンダ』

    Excerpt: 昨年のゴールデン・グローブ賞の作品賞にノミネートされ、アカデミー賞では主演男優、助演女優部門でそれぞれノミネートされるという話題作でありながら、日本ではなかなか公開のめどが立たず、危うくボツの憂き目に.. Weblog: Brilliant Days racked: 2006-02-22 09:32
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt: 泣く事すらもおこがましいのでは無いかと思った。 ホテル・ルワンダ でも人の憎しみが此処まで膨らむものか、とか無情な他国の見知らぬ振りに、涙を流さなければ心が壊れそうだった.. Weblog: YUGAMI LIFE racked: 2006-02-22 12:34
  • 「ホテル・ルワンダ」 (イギリス/イタリア/南アフリカ 2004年)

    Excerpt: わずか100日で100万人が惨殺された時に 1200人の命を救った男がいた・・・。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2006-02-22 20:11
  • ホテルルワンダ

    Excerpt: ドン・チードル主演、1994年のルワンダ大虐殺を描いた映画『ホテルルワンダ』を観て来ました。 素晴らしい映画でした。 ホアキン演じる記者が言っていたように、大虐殺の模様をニュー� Weblog: ERi’s room racked: 2006-02-22 22:33
  • 「鉄砲を捨てた日本人」  出来るか?軍縮  

    Excerpt: 映像を断ち切ったような生活を送っているだいまつです。しかし、そろそろ映像への欲望 Weblog: 東方見聞人 racked: 2006-02-22 22:59
  • [ ホテル・ルワンダ ]あなたは何を感じますか

    Excerpt: [ ホテル・ルワンダ ]@シアターN渋谷で鑑賞。 すごい人気である。老若男女問わず、多くの人が観に来て いる。シアターN渋谷も毎回、満席に近い状態だ。 [ ホテル・ルワンダ ]は2004.. Weblog: アロハ坊主の日がな一日 racked: 2006-02-24 02:23
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt: 映画「ホテル・ルワンダ」を観た。 1994年にルワンダで起きた大虐殺の事実に基いた映画です。 ある日突然暴動が起き、一高級ホテル支配人が大量の難民を助けざるを得ない状況になって、無事生き延びる所まで.. Weblog: いろいろ racked: 2006-02-24 03:12
  • 『ホテル ルワンダ / HOTEL RWANDA』 ☆今年13本目☆

    Excerpt: 『ホテル ルワンダ』公式サイト:http://www.hotelrwanda.jp/原題:HOTEL RWANDA製作:2004年イギリス、イタリア、南アフリカ監督:テリー・ジョージ出演:ドン・チ.. Weblog: honu☆のつぶやき ~映画に恋して~ racked: 2006-02-28 20:29
  • 日本アカデミー賞の話題

    Excerpt: 日本アカデミー賞の話題 Weblog: 最近の話題 racked: 2006-03-05 12:53
  • 映画「ホテル・ルワンダ」観てきました

    Excerpt: やっと観れました「ホテル・ルワンダ」 初めてこの映画のタイトルを聞いた時は、いわゆるホテル物映画のアフリカ版?、出入りする人々の悲喜交々的な映画をイメージしてしまい、正直今あんまりそういうの.. Weblog: Kemji's weblog--wataridori日記-- racked: 2006-03-13 18:24
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt: 我が妻と 我が子の命 救いたまえ   ホテル・ルワンダ、実際のホテル名ではない。しかし、このタイトルがルワンダという国とともに、もっとも秀でたホテル・マネージャーを思い出させるだろう。おそら.. Weblog: 空想俳人日記 racked: 2006-03-16 22:31
  • 映画: ホテル・ルワンダ

    Excerpt: 邦題:ホテル・ルワンダ 原題:HOTEL RWANDA 監督:テリー・ジョージ Weblog: Pocket Warmer racked: 2006-03-19 11:51
  • 「ホテル・ルワンダ」無力感を持って暖かい家に帰ろう

    Excerpt: 「ホテル・ルワンダ」★★★★ ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ主演 テリー・ジョージ監督、2004年アメリカ ルワンダの内戦 そこでは想像を絶する行為が 行われてい.. Weblog: soramove racked: 2006-03-26 20:17
  • 映画のご紹介(138) ホテル・ルワンダ

    Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(138) ホテル・ルワンダ-アフリカは、遠い。 大都市での公開から遅れること数ヶ月。 ようや.. Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス racked: 2006-06-04 15:31
  • ホテル・ルワンダ/テリー・ジョージ

    Excerpt: 1994年のフツ族によるツチ族の大量虐殺は、過去のことと呼べるほど昔のことではありません。人類にとって教訓とすべき大きな事件だったと思います。その中で、1200人もの命を救った実在のホテルマンの話です.. Weblog: 文学な?ブログ racked: 2006-06-21 01:38
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt:  {amazon}  1994年4月から約3ヶ月間で80万人~100万人が殺された ルワンダ大虐殺を描いた映画「ホテル・ルワンダ」ホテルの支配人 ポール・ルセサバギナはフツ族・ツチ族の対立が激化.. Weblog: 悩み事解決コラム racked: 2006-10-15 16:48
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt: この映画、話題になりましたね。 DVDで鑑賞。 フツ族とツチ族の間で続いていた内戦が終息、 和平協定が結ばれようとしていた1994年のルワンダの首都キガリ。 外資系高級ホテル、ミル・コリン.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2006-11-10 12:41
  • 日本アカデミー賞「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の今日映画の不滅を感じた日

    Excerpt: 今日の日本アカデミー賞「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」も日本映画の黎明期こんな映画人がいたから今日があったといえると思います。 Weblog: 日本アカデミー賞「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の今日映画の不滅を感じた日 racked: 2008-02-17 00:54