名盤!

アクセスカウンタ

zoom RSS BRUTUS 山下達郎のBrutus Songbook

<<   作成日時 : 2018/02/12 17:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

何気に本屋さんをウロウロしてた。
amazonなどネット通販の隆盛により本屋さんが苦しいという話をよく聞く。
しかし街の大型書店はいつも人がたくさん。
時間帯によるんだろうが、僕がよく足を運ぶ大手書店はレジにいつもお客さんがいる。
もちろん、小さな書店がほとんど姿を消したのは事実としてあるんだが、やはり書店で本を買う人は今でもたくさんいる。
立ち読みして時間つぶしという人が多いのだろうけど、それでも書店は今も人が多く集まるところ。
街の大型書店だけなのだとしても。

で見つけたのが、山下達郎を表紙にしたBRUTUS。

BRUTUS(ブルータス) 2018年2/15号No.863[山下達郎のBrutus Songbook]BRUTUS(ブルータス) 2018年2/15号No.863[山下達郎のBrutus Songbook]

マガジンハウス 2018-02-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おっ、何だこれ!?
思わず手に取りパラパラとめくってみる。

画像














今号のブルータスは、山下達郎がパーソナリティを務める番組『山下達郎のサンデー・ソングブック』(TOKYO FM系で日曜日の午後2時放送)25周年記念の特集。
この番組は山下達郎が、”最高の選曲と最高の音質”にこだわって放送しているものだが、彼が定義する”最高の選曲”とは、
「全米トップ40のトップ10ヒットじゃなく、20〜40位くらい。ポップ・ミュージックが好きで、日常的に聴いて育った方が、知らないわけではないが、確実に知っている曲でもない微妙なところ」
だという。
また”最高の音質”については、
ラジオに最適な音圧感を再現することだという。
なので番組で流される音源は全て、山下達郎自身の手で番組用にリマスターされている。
この番組では古い楽曲が流されることが多いので、他の番組で流される圧倒的な音圧の最新曲に対抗するため、ラジオで聴いたときにグッとくる音の迫力を追及しているのだ。

画像




















内容は、1300回を超える放送の中から、厳選した22のテーマについて語った放送を書き起こし編集されたもの。
山下達郎ファンならずとも、音楽ファンには読み応えのある内容である。

画像













画像














それにしても、ブルータスなんて買ったの何年ぶりだろう?
読みながら、若かりし頃はマガジンハウスの本好きだったな〜、などと思ったりした。
洗練しているように感じていた、今はどうなんだろう、洗練が何なのか、この年になるとあまりよく分からない。


なんか山下達郎のライヴ久々に行きたくなってきた。

でもチケット取れないんよね、なかなか。
それにちょっと長すぎて、3時間越え、若いころならうれしいが、悲しいかな身体がついていかない、
情けない。。




運命に負けないで

というフレーズ、響くな。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お、これは良さそうですね。早速、会社帰りにBRUTUS買って帰ります。
山下達郎は三十数年前に葉山のプールサイドのライブ以来行ってないです。
ジャム
2018/02/13 08:45
ジャムさん

葉山のプールサイドで達郎、いいですね〜
その頃の達郎は今以上にアグレッシブなライヴだったんでしょうね。
羨ましいです!
名盤!
2018/02/14 22:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
BRUTUS 山下達郎のBrutus Songbook 名盤!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる