名盤!

アクセスカウンタ

楽天チケット

zoom RSS KING 『We Are King』

<<   作成日時 : 2016/04/10 14:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

日本ではあまりニュースで大きく取り扱われていない、パナマ文書、日米欧など主要20か国・地域(G20)が14日からワシントンで開く財務相・中央銀行総裁会議で、このことに関することも話し合われる模様。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160409-00050179-yom-bus_all
タックスヘイブン(租税回避地)を利用して、税金を払わないでおこうとするやり方は合法なので、「何が悪い!?」と当事者が言いたくなる気持ちは容易に想像できますが、少なくとも日本ではお金がなく十分に社会保障費が賄えなくて困っているのが現実。

増税だ!
でもそうすれば景気がさらに落ち込むかも。
介護も子育ても医療もお金が足りません...。。

なんていうのが現在置かれている状況。

なのに本来収められるはずの税金が逃げていく。
富裕層はますます富を肥やし、持たざる者はさらなる窮地へと。

納得いかないよな〜


さて今日はKINGのデビューアルバムをご紹介。

パリスとアンバーの姉妹とアニタの3人からなるR&BグループKING
2011年にEPを発表するや、大きな話題となり、その後ロバート・グラスパー・エクスペリメントの『ブラック・レディオ』に参加するなど今回のアルバム発売前から随分と評判となっていた彼女たち。
プリンスやエリカ・バドゥなどからも大きな称賛を得たりしている。
またケンドリック・ラマーも自身のミックス・テープで彼女たちの楽曲をサンプリングに使用していたりしてる。
そんな中、今年ついに待望のフル・アルバムが完成した。

懐かしさを感じさせる音なのだが、その完成度は極めて高い。
コーラス・ワークもたまらなく素敵だ。



サウンド面を仕切っているのはパリス。
2016年というのを感じさせないサウンド、まさにタイムレスである。
即効性のあるキャッチーさのなさに物足りなさはあるが、安らぎの聴きやすさがリピートを促し、聴きこむごとに完成度の高さを感じさせてくれる。

一聴すると昔っぽさを感じるがけして古いとは感じない。
その秘密は、エレクトロニックも導入しながら絶妙に作り上げられたリズムにあるのではないだろうか。




We Are KingWe Are King
King

King Creative 2016-03-11
売り上げランキング : 274

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このアルバムは
”羊の皮を被った狼”的というか、軽く聴きかじったくらいだと心地よい懐かしソウル的に感じるかもしれないが、その正体はとても作りこまれた完成度の高い最新鋭の現代型ソウルだといえる。
なので是非、じっくり腰を据えて聴いていただきたいと思います。







最近はすっかりアップル・ミュージックのお世話になっていて、ストリーミングばかりで音楽を聴いているのですが、これはCDで持っておきたいなと久々に感じた一枚。
ダウンロードでもいいんだけど、この感覚が80年代を引きずっている人間の性なのかもしれない。
そんな僕は今から布袋寅泰のライヴに出かけたいと思います。
88年に発売されたソロ第一弾アルバム『GUITARHYTHM』発表後に行われたライヴの再現を行うステージ。
本人曰く、再現ではなくコンプリート版とのこと。
楽しみです。
では行ってきます!

GUITARHYTHMGUITARHYTHM
布袋寅泰

ユニバーサル ミュージック 2014-12-09
売り上げランキング : 1388

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
KING
ウィー・アー・キング4月に紹介しようと思っていたのですが、あまりに素晴らしいので我慢できなくなりました。キングのデビューアルバムです。プリンスが完璧!といい、エリカ・バドゥがまるで2029年にいるような音楽。聞いていると私の中から何かが生まれそうになるのよと言っています。掛け値なしにいい音です。 ...続きを見る
白胡麻ジャム
2016/04/11 20:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
KING最高です。
伝統を受け継いでいるようで、でもデジャヴ的な、どこかで聞いたことがあるようなところがない。だからずーと浸っていたくなるし、聴いてて全然飽きが来ないんですよね。
今まであまり味わったことがない感覚になります。
ジャム
2016/04/11 20:19
ジャムさん

聴きこむごとに味がでてくるアルバム。
かなりの完成度の高さですよね。
ただあまり売れてないようなのですが。
それがとても残念です。
名盤!
2016/04/12 00:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
KING 『We Are King』 名盤!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる