テーマ:サザンオールスターズ

サザンオールスターズ@京セラドーム大阪 2019年5月26日

最近辛いわ~ ひとりぼっち感が身体を覆う。 いつものことだけどねー でも踏ん張って生きねば。 そう、”生きてるだけで丸もうけ” だよね、さんまちゃん! (座右の銘を変えたのは知ってるけど) というわけで今日はそんなさんまちゃんとも仲が良い、桑田佳祐擁するサザンオールスターズの先日京セラドーム大阪で行われたライヴについて。 サザ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サザン・オールスターズ@ROCK IN JAPAN FES.2018  8月12日

10数年ぶりに行ってきました、ロック・イン・ジャパン・フェスティバル。 大阪からはるばる茨城県ひたちなか市まで。 前回行った時は、東京から車で行ったのだが、今回は駐車場付きのチケットが取れなかったので電車で現地まで向かう。 東京駅のホームで友人と合流、特急に乗っての移動。 座席指定券を確保していたので、楽に向かうことができた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桑田佳祐 『がらくた』

毎度のように今回も発売日には購入していたのだが、何故か書く機会を失っていた、桑田佳祐最新アルバム『がらくた』について。 オープニング曲「過ぎ去りし日々(ゴーイング・ダウン)」は”ONE OK ROCK 妬むジェラシー”というフレーズも出てくる、気分盛り上がるアルバム冒頭が似合いのナンバー。 そして続くは、NHKの朝ドラ”ひよっこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桑田佳祐 『ヨシ子さん』

いつからだろう、桑田佳祐がいつものあんな感じ、と思えてしまうような曲をやたらリリースしだしたのは。 そう、自分で自分のコピーをしたみたいなポップ・ソングのことである。 とはいうものの楽曲のクオリティが高いので、多くの人は喜んで受け入れる。 僕もその一人ではあるが、それでもやはり気づいてはいる。 またこのパターンか、と。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サザンオールスターズ@京セラドーム大阪 2015年5月17日

ファンクラブなどの先行発売でほとんど売れてしまっていただろう、サザンの“ライブツアー2015 おいしい葡萄の旅”の大阪公演に行ってきた。 超満員の京セラドーム大阪、アリーナはぎっしりと座席が用意されている。 もちろん全て観客で埋め尽くされている。 ドーム公演がソールドアウトといっても、アーティストによって動員数は全然違う。 アリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ローソンでサザンのスペシャルマガジン

 4月24日よりローソンで、サザンオールスターズと『週刊文春』『週刊現代』『週刊ポスト』『週刊プレイボーイ』『週刊SPA!』の週刊誌5誌がコラボレーションした無料のスペシャルマガジンが配布された(15万部限定で、増刷、続刊はされないらしい)。 大ファンの僕としては、どうしても手に入れたかったが、近くにローソンがなく、調べていこうと思っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サザンオールスターズ『葡萄』

目が痒い。 嫌な季節だ。 目薬もあまり効かない。 部屋の中にいても辛い。。 そんな季節にサザンの新しいアルバムが届いた。 タイトルは『葡萄』。 とっさに書けなかった、この字。 最近は字を書くことが少なくなった。 PCやスマホで文章を書くことがほとんどなので、すっかり漢字が書けない。 それはさておきサザンの新作。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

80年代

今日、父の墓参りに向う車の中、FMから流れてきたのがサザンの新曲「アロエ」。 これが良かった。 グッときた! でも↑のミュージック・ビデオで観るとあまりグッとこない。 ためしに映像を観ずに音だけで聴いてみたら、やっぱりグッときた。 どうなんだこのビデオは。 逆効果じゃ? まぁ、それはとにかく、この曲も入った新し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

サザンオールスターズ年越しライヴ2014に関するお詫び、について思うこと

桑田佳祐とアミューズ(所属事務所)による謝罪文、大ファンの僕としては、正直戸惑っている。 えっ、なんで?? サザンオールスターズ年越しライヴ2014に関するお詫び http://www.amuse.co.jp/saslive2014/ WOWOWで生中継され、一部NHK紅白歌合戦でも放送された大晦日のサザンのライヴ・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

iTunesでサザンオールスターズ

昨年は12月28日に書いた2014ベストアルバムの記事が最後のアップになりましたが、ほんとは最後にもう一回書こうと思っていたのです。 しかしPCを買い替え、設定に思った以上に時間がかかってしまい(例によってiTunesの移行が最初うまくいかず)、年末のご挨拶もできず。。 かたじけない。 というわけで皆様、 HAPPY N…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

桑田佳祐 『I LOVE YOU -now & forever-』

僕はサザンオールスターズの大ファンで、もちろん桑田佳祐の大ファンでもある。 桑田佳祐こそが、日本のポップミュージック・シーン最大の才能だと思っている。 今すぐ国民栄誉賞をもらっても文句言う人は少ないのではないか。 そんな桑田佳祐が夏にベストアルバムを出した。 新曲も入っていた。 でも僕は購入しなかった。 お金がないということ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

沖縄に行きたい ~桑田佳祐聴きながら

仕事がなかなか軌道に乗らない。 梅雨のせいか、去年発症したヘルニアがぶり返してきたような。 というわけで気分が冴えない。 こんな時はバカンスに行くのがイチバンだ! 金なし、休みなし、 そして恋人もいない(恋人と一緒じゃなきゃ、バカンスなんて意味がない!!)。 なので、現実的にはしばらくバカンスなんぞに行くことはないが、気…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

桑田佳祐『MUSICMAN』

いつもながら、というよりいつも以上にプロモーションが目立つというか、発売前から盛り上げっていたように感じていたのだが気のせいだろうか? 音楽雑誌のレビューなども僕の見た限り絶賛の嵐だ。 いつもこんなんだったっけ? なんかいつもと違う気がする。 病気からの復活が、プロモーションの材料として機能した結果じゃないだろうかと思ってし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JAPAN桑田佳祐インタビューと、サッカーアジアカップ。

サッカー日本代表がアジアカップで優勝した。 決勝は、香川が骨折で離脱という困難な状況だったにもかかわらず見事な戦いっぷりで勝利をゲット! オーストラリアの高さに対して、センターバックに長身の岩政を入れ、攻撃のテコ入れとしてサイドバックの長友を 一列上のポジションに上げた手法が的中。 決勝点はその長友の突破からのセンタリングに、途…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

桑田佳祐ニューアルバム発売決定!!

桑田佳祐が出演するということで、そこだけ観た紅白。 新曲含む2曲を披露。 いつものお色気もちょっぴり交え、とても良かった。 まだまだベストな状態ではないだろうけど、本格的な復活も射程内ではないだろうか。 そして紅白後、新年になりHP上で延期になっていたニューアルバムの発売日などが発表された。 発売日は2月23日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サザンオールスターズ・リクエスト・ランキング

サザンのファンクラブ会報『代官山通信』が届いた。 夏の30周年記念ライヴ(行きたかった!行きたかったよ~!!)の記事などが載っていた。 それ以外に気になった記事があった。 それは、選曲リクエスト投票結果発表! というやつだ。 この結果が えっ、そうなん!? ほんまに?? というものだった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サザンオールスターズと私

先日サザンオールスターズの活動休止が正式に伝えられて以後、彼らのアルバムが急激に売れはじめたのだという。 予想されたことではあるし、気持ちも分かる。 夏には日産スタジアムにおいてライヴが行われる。 これまで一度もサザンのライブに参加したことがない人、最後に行ったのは20年ぐらい前だという人たち、などなども殺到するだろう。 もちろ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サザンオールスターズ『KAMAKURA』

フラっとレンタル屋に行ってブラブラ。 特に借りたいものも無かったのだが、CDコーナーのサザンのところでなんとなく立ち止まる。 サザンの大ファンである僕だが、実はCDは半分ぐらいしか持っていない。 レコード時代のアルバムで持っているのは『NUDE MAN』と『人気者で行こう』だけ。 というわけで、『KAMAKURA』を借りることに…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

サザンの新曲が泣ける。。

小説などを読んでいて、それがとても面白かった時、ページが残り少なくなってきてることに気付き悲しいような寂しいような気持ちになったりする。 それは日曜の夜、『サザエさん』が始まった時の子供の気持ちと似ている。 子供の時、一番嬉しかったのは土曜日の夜。 あの頃は大人も子供も、週休一日だった。 今でも、似たようなもんだけど。 し…
トラックバック:3
コメント:17

続きを読むread more

サザンオールスターズ ~12月10日大阪ドーム公演

2年前の夏の神戸以来のサザンライヴ。 会場は超満員の大阪ドーム。 同じ大阪ドーム公演でも、アーティストにより座席の配置が違うのだが、サザンの場合アリーナは後ろいっぱいいっぱいまで座席が用意されている。 あんなに後ろまで座席を作るのはサザンぐらいだろう。 それでもチケットは即完。 追加席も発売されたらしい。 でもそこはステージ…
トラックバック:3
コメント:13

続きを読むread more

サザンオールスターズ『キラーストリート』

東大出の関東出身サザンファンYが、以前僕に言った。 「江ノ島や茅ヶ崎を知らないで、ほんとのサザンの良さが分かるわけない」と。 それからしばらくして、東京に行く用事があったので、ついでに江ノ島・茅ヶ崎にも行ってきた。 そして帰ってきてから、Yの言葉を思い返しサザンを聴いてみた。 サザンの音楽は以前と変わらず、とても素晴らしかった…
トラックバック:8
コメント:10

続きを読むread more

もうすぐ発売、サザンオールスターズ『キラーストリート』が待ちきれない。

サザンオールスターズのニューアルバム『キラーストリート』が、10月5日に発売されるのだが、もう待ちきれなくてたまらない。 今作はオリジナルアルバムとしては7年ぶり。 しかも2枚組全30曲収録。 『KAMAKURA』(’85年)以来となる2枚組。 それだけで傑作の匂いがぷんぷん。 さて今回初回限定盤としてDVD付き(最近よ…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

サザンオールスターズ『Nude Man』

先ほどBSでサザンのライヴ&ドキュメントを放送していた。 今年の夏に行われたロックフェスROCK IN JAPAN FESでのライヴの模様が流れていたが、大観衆は大盛り上がりで楽しそうだった。 僕もこのフェスに行きたかったんだが、チケットを取ることが出来なかった。 とても行きたかったのに。。。 今や国民的バンドとなったサザン。…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

桑田佳祐

8月にひたちなかで開催されるROCK IN JAPAN FES.2005にサザンが出演する。 フジやサマソニとは違い、邦楽アーティストたちによるこのロックフェス。僕も去年初参戦。なかなか楽しい夏の休日を過ごすことが出来た。正直、過去に行ったフジやサマソニより楽しかった。ライヴの内容だけなら、レディオヘッドに感動した2003年のサマソ…
トラックバック:5
コメント:6

続きを読むread more

サザンオールスターズ 活動開始

サザンオールスターズが7年ぶりとなるオリジナルニューアルバムを、10月5日いよいよ発売する。秋からはツアーもするようだ。 (http://www.sas-fan.net/sas2005/index.html) まだ先のことだが凄い楽しみだ。とりあえずは、ツアーのチケットを取るべくファンクラブに入会。以前入っていたのだが、今は脱退して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サザンオールスターズ

日本の音楽シーン史上、最も巨大な才能を持つ桑田佳祐率いるサザンオールスターズの最高傑作は、この『人気者で行こう』ではないだろうか。 これは’84年の七夕に発売されたものである。当時のサザンというのは、人気があるのはもちろんだが、とてもとんがったポジションにも位置していた。シーンのトップランナーとして、音楽ファンから大きな注目と信頼を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more