桑田佳祐 『ヨシ子さん』

いつからだろう、桑田佳祐がいつものあんな感じ、と思えてしまうような曲をやたらリリースしだしたのは。 そう、自分で自分のコピーをしたみたいなポップ・ソングのことである。 とはいうものの楽曲のクオリティが高いので、多くの人は喜んで受け入れる。 僕もその一人ではあるが、それでもやはり気づいてはいる。 またこのパターンか、と。。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 『ストレイト・アウタ・コンプトン』

昨年アメリカで大ヒットを記録した映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』を観た。 これは、ギャングスタ・ラップの元祖ともいえる、ヒップ・ホップ・グループN.W.Aの伝記映画。 ヒップホップ・ファンのみならず、音楽に少しでも興味がある人ならば、かなり面白く観れる作品だと思う。 もちろん音楽にさほど興味がなくても、十分に楽しめる内容にな…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

エリック・クラプトン 『I Still Do』

急激に暑くなってきました。 たまらん。。 外に出て太陽の熱を浴びるたび、どうせなら海で浴びたいよな~、 と遠い南の島を思い浮かべてしまう今日この頃です。 海外じゃなくて沖縄でもいいです(どうせパスポート切れてるし)。 とはいえ金はナシ。 先日職場の人が万馬券当てたそうです。 100円が2万5千円! になったとか。 ひ~…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ポール・マッカートニー 『ピュア・マッカートニー ~オール・タイム・ベスト』

慢性的な胃痛に悩まされていたカート・コバーン(ニルヴァーナ)が、ある朝が痛みがないことで、とても素敵な気分になった、というようなことを以前インタビューで答えていたが、 分かるわその気持ち。 すごく分かる!! 僕も慢性的に胃腸の不調に悩まされ続けている。 今日もお腹が不快である。 嫌だな~ さて今日は、先ごろ発表された…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ガービッジ 『Strange little birds』

自分のことが酒乱だって分かってるのに酒を止めようとしない人って、とても軽蔑してしまう。 まぁ実際自分が被害にあうことがないから、実態がよく理解できてないからなんだろうけど。 ほんと迷惑だよねぇ、こういう人。 飲むのはいいよ、飲みたけりゃ。 でも一人で家で飲めよなぁ~ なんてことを考えながら、(全く関係ないですが)今聴いているの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初音ミク ~オリジナル作ってみた#2

前回に懲りることなく、またしても初音ミクのオリジナル作ってみました。 今回もなかなか思うようにいきませんでした。。 何が一番厄介だったかというと、ヴォーカル。 普通に音符入れるだけだと、いかにもボーカロイドといった不自然な歌声になってしまうのです。 前回もおんなじこと言ってたけど、いまだ克服できず。 色々試行錯誤繰り返…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

レディオヘッド『ア・ムーン・シェイプト・プール』

ヨーロッパサッカー2015~2016シーズンのラストを飾る、チャンピオンズ・リーグ決勝が行われた。 ヨーロパサッカーが大好きな僕にはこれでしばらくお別れとなる、今シーズンラストマッチ。 イタリアのミラノで行われた決勝、相対するのは我がレアル・マドリードとアトレイティコ・マドリード。 共に、スペインそれもマドリード勢同士となる対決に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

増井修 『ロッキング・オン天国』

洋楽の音楽雑誌を読むようになったのは高校生くらいの頃からだったと思う。 立ち読みじゃなく実際に買うのは、ローリング・ストーンズなど大好きなアーティストが取り上げられてる時だけだった。 当時(80年前半)最もメジャーだった洋楽雑誌はミュージック・ライフ。 よりミーハーなのが音楽専科で、スノッブな感じを醸し出していたのがミュージック・…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ストーン・ローゼズ 「All For One」

先日音楽サイトを開いたら”ストーン・ローゼズ”の文字が眼の片隅に映る。 おっ、新作のアナウンスか!? と思ってちゃんと見たら、何と!! 来日中止 の文字。 ?? 俺、確か数日前に東京のホテル予約したよな。。 なんでも、ドラムのレニが肋骨2本を折ってしまったとのこと。 それなら仕方ないけど、なんでこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テイラー・スウィフト 『Taylor Swift』

何かとお金が必要でも、収入は相変わらず少ないままで、もうどうしましょうか? とお金の計算をすると気分がかなり滅入って来る今日この頃。 アベノミクスはどうなったんだろうか?? 最近少し話題のヘリコプター・マネーなんてどうですか、首相!! 僕は、これかなりありだと思っているのだけど。 実りの少ない公共事業にお金を使うよりはよっぽど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハインズ 『LEAVE ME ALONE』

職場の数人でのたわいもない会話の中にプリンスが出てきた。 僕以外のみんなは特に洋楽を好んで聴くという人たちではないので、あまりプリンスのことは知らない。 「プリンスって、K-1の曲だけやろ?」 とある人が言う。 格闘技K-1のテレビ中継で使われた1995年のアルバム『ゴールド・エクスペリエンス』(廃盤)収録の「エンドルフィン・マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリンス 1958 - 2016

4月21日、プリンスが自宅兼スタジオの”ペイズリーパーク”で亡くなった。 とても残念な気持ちだ。 作年リリースされた最新作がとても良い作品だったので、せめてもう一度ぐらいライヴを観たかった。。 Hitnrun Phase Two Prince Npg 2016-04-29 売り上げランキング : 4 Amazonで詳しく見る …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

布袋寅泰@大阪城ホール 2016年4月10日

布袋寅泰の1988年に発売された、BOOWY解散後最初のソロアルバムとなる『GUITARHYTHM』の再現ライヴに行った。 布袋初のソロアルバムとなる『GUITARHYTHM』が僕は大好きで、日本のロックシーンを代表する傑作のひとつだと思っている。 当時アルバム発売後に、今回行われる再現ライブと同じ場所である、代々木体育館と大阪城ホ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

KING 『We Are King』

日本ではあまりニュースで大きく取り扱われていない、パナマ文書、日米欧など主要20か国・地域(G20)が14日からワシントンで開く財務相・中央銀行総裁会議で、このことに関することも話し合われる模様。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160409-00050179-yom-bus_all タックス…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

カニエ・ウェスト 『The Life of Pablo』

最初にカニエ・ウェストのソロ作を聴いたのは2004年、あのチャカ・カーンの「Through The Fire」のフレーズを早回ししてサンプリングした「Through the Wire」 だった。 世界中の多くの人がそうであったように、僕もあの曲に心奪われた。 「Through the Wire」 を含むファーストアルバム『ザ・カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The1975

歳を重ねてくると時間が早く感じるのは何故なんだろう? 時間がないわ、とにかく。 すぐに時間が過ぎていく。 よりスピーディーに生きなくては。 でも若者じゃないので、なにかと時間がかかる今日この頃だったりする。 だから、トロトロしてる若者を見てるとイライラしなくもない。 でものんびりできるのが若者の特権。 僕ものんびりしてたも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケンドリック・ラマー 『untitled unmastered. 』

目が痒い。 今年もヒノキ花粉が飛び交う季節がやってきた。 掻いちゃダメだ!掻いちゃダメだ!! とシンジ君のように抗ってみるが、何度かに一度はつい掻いちゃう。 最高に気持ちいい。 しかし直後、一気に肥大化した痒みが襲ってくる。 そんなこと繰り返す、毎年のように(といっても僕の花粉症デビューはここ3年ほどなんだが)。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グウェン・ステファニー 『This Is What the Truth Feels Like』

またも中1日で更新してしまいます。 今日はグウェン・ステファニーの約10年ぶりとなるニュー・アルバム『ディス・イズ・ホワット・ザ・トゥルース・フィールズ・ライク』をご紹介。 ロック・ファンにはノー・ダウトのヴォーカリストとして、ポップ・ファンにはソロ・ヴォーカリストとして、という感じで若干印象が違うかもしれないが、どちらも素敵なグウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プライマル・スクリーム 『CHAOSMOSIS』

だいたい週1回ぐらいのペースで更新を続けているんだが、今回は前回更新の佐野元春の記事から何と中1日。 アップル・ミュージックで新譜が聴き放題(月額¥980)なため、次々と書きたいと思える作品と出合ってしまうからだ。 というわけで、これからはもうちょっと頻繁に更新するかも。 なので、よろしければお付き合いのほど、よろしくお願い致しま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

佐野元春@フェスティバルホール 2016年3月13日

佐野元春60歳の誕生日である3月13日、フェスティバルホールでの”35周年アニバーサリー・ツアー”大阪公演に行ってきた。 今回はそのライヴについて、ちょっと批判も交えつつ書いてみたい。 (東京公演残されてますが、ネタバレありです) この日の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

震災から5年 原発 中筋純写真展

古い友人である中筋純が先日僕らの出身地である和歌山にて写真展を開いたので行ってきた。 展示されている写真は、チェルノブイリや福島で撮られたもの。 高い数値を示すガイガーカウンター。 積み上げられた、放射能などを含む廃棄物。 何年も経った今でも変わらないままのもの。 もちろん変化の様子も収められている。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リアーナ 『アンチ』

すったもんだでやっとデザインなどが決まった2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場だが、ここにきて聖火台の設置が考えられてなかったという、なんともおバカな話が。 2020年のために新築するのに聖火台考えてない意味が分からない。 まぁ最終的には何とかなるのだろうけど、これでまた余計に金がかかる。 大事なことに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#私を構成する9枚(9作) マンガ編

さて、前々回少し前に流行った、#私を構成する9枚という記事を書いたけれど、実はこれとても楽しかった。 なので楽しいことは続けたいというわけで、今回再び同企画をやってみようと思います。 再びお付き合いのほどよろしくお願いしたいと思います。 同じと言っても、お題は変えますよ、もちろん。 今回は音楽ではなく、マンガ編。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ネコ動画

最近は全くいいことがなく、逃げるようについついネット上のネコ動画ばかり観て癒されてます。 観だしたら止まらないんですよね~ 時に笑い、時に泣いたり。 ネコって不思議だなぁ、そして自由だなぁと思うことしきりです。 開いた瞳とぺちゃんこの耳が可愛い。 拗ねるネコ。 寝床作りました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

#私を構成する9枚

少し前にツイッターで #私を構成する9枚 というハッシュタグが流行っていた。 自分の好きなアルバム9枚のジャケットを並べるというものだが、今さらながらに僕もやってみた。 こういうセレクションもの好きなんですよね~ というわけで僕にとっての、私を構成する9枚がコレ↓ …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

フォクシーズ 『ALL I NEED』

最近酔っぱらうと寂しくなって来るんですよね~ たいてい一人で飲んでるので、その影響もあるのでしょう。 こんな寂しい気持ち、50歳も近くなって来ると誰でもなったりするものなのかな? 以前は、酔っぱらって寂しくなるなんてことは(たまにはあったが)ほとんどなかった。 さて、どうしたもんかなー。。 ヴェルヴェット・アンダーグラウン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

RCサクセション 『PLEASE ROCK ME OUT』

突如Amazon限定でRCサクセションのライブ・アルバム『PLEASE ROCK ME OUT at 日比谷野外音楽堂 1981.5.30/5.31』が発売されるというニュース!? 内容はその名の通り、1981年5月の日比谷野音でのライヴ、しかも完全収録。 Amazon見たら在庫切れになってますが、2月5日発売らしい。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キース・リチャーズとジョニー・デップで英語の勉強! ~イングリッシュ・ジャーナル2月号

英語話せるようになりたいなぁ~ なんてことをもう何十年も思っている。 でもダメな僕は、今も全く話せないまま。 洋楽が大好きなのに、英語が分からない。 これって致命的だと思っている。 訳詞というものはあるが、あんなものでは何を言っているのかはだいたい分かっても、どう言ってるかは分からない。 どう言ってるかが大事なのだと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

デヴィッド・ボウイ セレクション for ビギナーズ

デヴィッド・ボウイ死去のニュースを知ったのは11日月曜の午後だった。 3連休の最終日だったその日僕は午前中から、ボウイの69歳の誕生日である1月8日に発売されたばかりの最新作『ブラック・スター』を聴いたいた。 その日ばかりでなく、3連休の間、何度も繰り返しては聴いていた。 それはアルバム『ブラック・スター』がとてつもなく素晴らしい…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

デヴィッド・ボウイ 『ブラック・スター』  追記あり

2016年1月8日。 自身の69歳の誕生日となる日、デヴィッド・ボウイのニュー・アルバム『ブラック・スター』が発売された。 2013年に長らくの沈黙を破って発売された、10年ぶりとなるオリジナル作『ザ・ネクスト・デイ』が素晴らしく良かった。 それから3年に満たない時期を経て、発売された最新作『ブラック・スター』。 これが、これが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2015年~2016年 デヴィッド・ボウイの新作を待ちわびて

今回が今年最後の更新となる予定です。 訪れていただいた方、ほんとうにありがとうございました。 今年を振り返ってみると、前回の2015年ベストアルバムの記事でも書いたように音楽ライフ的にはアップル・ミュージックの登場が僕にはとても大きな出来事でした。 音楽が大好きだけど、所得の低い僕には気になる作品を次から次へと購入するのはなか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2015年ベストアルバム

今年も残りわずか、皆さんの2015年はいかがだったでしょうか? さて今年は音楽ファンにとっての大きなトピックスとして、月額制サブスクリプションサービス、つまり定額制によるストリーミングによる音楽聴き放題サービスがいくつも開始されたことがあげられると思います。 僕はApple Musicを活用しているのですが、これにより洋楽の新作…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

コートニー・バーネット

右目の視力が落ちてきた。 右目だけ。 ややかすみ気味でもあった。 ということで眼科に行って来たら、なんと白内障だと。 もっと歳をとってからなる病気だと思っていたが、40代後半からなる人はいるという。 ちょっとショックだった。 今すぐ手術というわけではないようだけど、進行していき、どこかのタイミングで手術ということになるらしい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プリンスまたも新作発売! 『HITNRUN Phase Two』

突然プリンスのニューアルバム『ヒット・アンド・ラン フェーズ・ツー』が配信にて発売された。 今年の夏に『ヒット・アンド・ラン フェーズ・ワン』が発売されたばかりなのに。 収録されているのは新曲に加え、これまで配信のみでリリースされていた曲も(いくつかの曲はニュー・ヴァージョン)収録されている。 現在のところ配信オンリーだがCDでも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アヴィーチー 『ストーリーズ』

軽減税率導入決まったみたいだけど、どうするんだろう1兆円を超えるその財源。 何のための消費増税、何のための軽減税率。 しかし、これが選挙対策になると考えるなんて、日本国民も随分バカにされてるな。 さて、気分を変えて今日はアヴィーチーについて。 アヴィーチーといえばEDMシーンを代表するアーティストの一人である。 EDMなん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コールドプレイ 『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』

ロッキングオンが最新号で2015年ベスト・アルバム50枚を選んでいる。 1位に選ばれていたのは、コールドプレイの最新作 『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』だった。 ロッキングオンが発売された時点ではまだ発売されていなかったアルバムだ。 僕は、反応のしようがなかった。 全世界的に注目の新作でもあるし、ロッキングオンに今年のベス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニュー・オーダー 『Music Complete』

寒くなってきました。 僕は寒さにとてつもなく弱いので、つらい季節の到来です。 今日の朝もトイレに行きたくて目覚めたのだけど、寒くてなかなか布団から出れずにいたら、またそのまま寝てしまって、膀胱パンパンになって目が覚めました。 今年の冬は暖冬だということですが、12月を前にして僕はすでにギブアップしたい心境でございます。 目指せ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初音ミク ~オリジナル作ってみた!

世の中気に入らないことばかりで腹立たしい毎日。 許しがたい事件が世界中で起こってる。 だけど、僕のイチバンの関心はなかなか治らない風邪。 どんなに世界中で巨大な不幸が多くの人を襲っていても、やはり自分の目の前の問題がイチバンなのである。 僕にとってはそれが風邪。 実にしょぼく情けない話だ。 最近は片方の眼だけが視力が落ち続け…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

デフ・レパード@オリックス劇場 2015年11月10日

行ってきた、デフ・レパード来日公演。 僕自身28年ぶり3度目となる彼らのライヴ。 前回は超メガヒット・アルバム『ヒステリア』のツアーだったと思うのだが、それからも彼らは何度か来日している。 しかし、いつも迷いながら結局行かなかった。 だが今回は友達から誘われたこともあり、久々の参加。 スティーヴ・クラークが亡くなってしまい、代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブライアン・アダムス新作、聴きながら軽減税率について。

先日リリースされたブライアン・アダムスのオリジナル・ニューアルバム『ゲット・アップ』がなかなか良いのです。 プロデューサーはELOのジェフ・リン。 ジェフ・リンは最近自らのアルバムもリリースし、精力的に活躍してる印象だ。 この人けっこういい歳のはず。 ちなみにブライアンは56歳。 アルバムはこんな↓軽快なロックンロールで幕…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高宮マキ@神戸クレオール 2015年10月25日

先日久々に神戸へ足を運んだ。 学生時代とかだとデートで神戸ということも時々あったが、働き出すと何故か足が遠のくようになった。 何故だろう? 社会人になってからはデートでもあまり行かない。 (そもそも最近はデートがないのだが) 自分の中で神戸のプライオリティが低くなったのかも。 “神戸はオシャレな街” そんな想いが当…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ビートルズ 『ザ・ビートルズ 1』

前回、クラシック・ロックと題した記事を書いたが、今回はクラッシック・ロックの最高峰ザ・ビートルズの最新アルバム『ザ・ビートルズ 1』について。 最新アルバムと言っても、新しい音源が入ってるわけではない。 またこのタイトルの作品はすでに2000年に発売されているものと同じである。 どういうことかというと、2000年発売の『ザ・ビートルズ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クラシック・ロック

“クラシック・ロック”という言葉がある。 ロックの古典、と言った意味で使われることが多いのだと思う。 ビートルズやストーンズ、ジミヘン、ドアーズ、レッド・ツェッペリンなどなど。 クイーンなんかもそのカテゴリーとして扱われたりもしている。 ストーンズなんていまだ現役で精力的にワールドツアーを行っているにも関わらず。 確かにオリジ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ジャネット・ジャクソン 『アンブレイカブル』

ジャネット・ジャクソンが7年ぶりとなるニュー・アルバムを発売した。 兄マイケル生前最後のアルバム『インヴィンシブル』のオープニング曲と同タイトルの“アンブレイカブル”というタイトルを冠して。 これ、 かなりの傑作です!! 久々にジャム&ルイス(ジミー・ジャム&テリー・ルイス)とがっぷり四つに組んだアルバムである。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジェス・グリン 『I Cry When I Laugh』 とちょっぴりAGFブレンディのCM

昨年大ヒットしたクリーン・バンディットの「Rather Be ft. Jess Glynne」でヴォーカリストとして参加していたイギリスのシンガー・ソングライター、ジェス・グリンのデビューアルバムが発売された。 これがすこぶる良い!。 クリーン・バンディットのヒット曲で聴かせてくれた魅力的なヴォーカルに乗る、素敵なメロディと確かなプロ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『キース・リチャーズ:アンダー・ザ・インフルエンス』を観た!

いや~、キース・リチャーズのソロアルバムたまらなく良いですねー こんなにいいものが出てくるなんて、と感激の毎日であります。 そして時を同じく話題となっている、キースのドキュメンタリー観ましたよ。 これまたキースらしくって良かった。 この作品は日本でも9月より提供が開始された世界的ネット動画配信サービスNETFLI…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

音楽映画ベスト7

レンタルしてきた映画『セッション』を観た。 これがなかなかの面白さだった。 最後の演奏シーンは圧巻。 けっこうなオススメ作だ!。 セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]ギャガ 2015-10-21売り上げランキング : 67Amazonで詳しく見る by G-Tools という…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

キース・リチャーズ 『クロスアイド・ハート』

発売日の前日、まだamazonからの発送メールは届かない。 発売日には間に合わないのか... 予約したの、そんなに遅くなかったけどな~ 仕方ない。 というわけで発売日はアップルミュージックからアルバムを聴いた。 便利だな、やっぱりこれ。 それなら最初からアップルミュージックでいいやん、 と思う人もいるかもしれないが、 や…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

デュラン・デュラン 『ペイパー・ゴッド』

朝晩が涼しくなってきた今日この頃、心地よいのは大変いいのだけど、街行く女性の素肌が見えなくなってきたことを寂しく思う次第でございます。 なんて下らないことはさておき、今日はデュラン・デュランのニューアルバム『ペイパー・ゴッド』をご紹介。 僕のような80年代から洋楽にハマりはじめた世代には、燦然と輝く栄光の軌跡がしっかり記憶さ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

TOVE LO 『Queen of the Clouds 』

最近気づいたのだが、安保法制反対・原発再稼働反対・TPP反対・自衛隊を憲法改正して軍隊に、という僕の考え方はなんと小林よしのりと一緒だった。 俺、保守派なの?? なんかびっくりした。 その他の考え方は違うかもしれないけど、日本の独立性の確保が大事だという想いは、やっぱり保守という考え方になるのかな~ でも昔の日本が良かったな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more