ソランジュ 『When I Get Home』

サッカー欧州チャンピオンズ・リーグが佳境に入ってきたのでDAZNに加入したらいきなりレアル・マドリードが負けてしまった。
なんだかな~、な気分であります。
でもハイレベルなサッカーが楽しいチャンピオンズ・リーグ、リバプール×バイエルンなど楽しみな試合があるので、DAZNで堪能したいと思います。
さて、音楽の話。
今日は、先日リリースされたソランジュのニューアルバムについて。

画像












ソランジュはビヨンセの妹ということで知ってる人もいるかもしれないが、2016年に発表された前作『A Seat at the Table』大評判で、ビヨンセの名前を出さずともアーティストとして立派に音楽シーンで独り立ちしている。
そんな彼女が、待望の新作を、突然配信リリース(数日前に何らかのリリースがあるかもという噂レベルの情報は流れていたが)。
これは聴かねば!、と僕もその日早速アップル・ミュージックで聴いてみた。

オープニングから、音の粒が違うというか、何というか、明らかに他とは一線を画す音がそこからは聴こえてきた。
ビヨンセ(どうしても比較したくなります)も、その他大勢とは違うレベルのスペシャルな音楽を生み出しているが、タイプは違えどソランジュもビヨンセに負けないハイ・レベルな音楽を作りだしていると、今作を聴いて確信した。
それほど、ソランジュの最新アルバムは凄い。
2019年ベスト・アルバム候補であります。






今風のトレンドを採り入れつつも、独特の佇まいによる音の持つ破壊力は特筆すべきもの。




ポップで柔らかな聴きやすさを持ちながら、尖がった部分がしっかりと主張している、ポップ・ミュージックとして理想的な形を表した作品だと思う。




ブラック・ミュージックが好きな人はもちろんのこと、そうでない人も是非一度お試しあれ。
とても素晴らしいアルバムだと思います。


ストリーミングで聴いて、これはCD買おうと思ったら、CD発売されてなかった。
遅れて発売されるのだろうか。

なので今のところ、購入は配信のみのようです。

iTunesでの購入は




ライヴ観たいな~
でもどうせ、東京だけなんだろうな。。

大阪にも来てくださいっ!!







"ソランジュ 『When I Get Home』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント