80年代

今日、父の墓参りに向う車の中、FMから流れてきたのがサザンの新曲「アロエ」。
これが良かった。
グッときた!



でものミュージック・ビデオで観るとあまりグッとこない。
ためしに映像を観ずに音だけで聴いてみたら、やっぱりグッときた。
どうなんだこのビデオは。
逆効果じゃ?
まぁ、それはとにかく、この曲も入った新しいアルバム『葡萄』が3月31日に発売される。
非常に楽しみ!
商品としては3タイプ発売されるようだけど、僕は限定盤Bを予約。
DVDと桑田佳祐によるアルバム全曲解説の載ったブックレットが欲しかったから。
でも貧乏なので通常盤にしようか、無茶迷ってしまった。
大好きなアーティストなのだから、あまりお金で妥協したくないのだけどなぁ。

葡萄 (完全生産限定盤B)葡萄 (完全生産限定盤B)
サザンオールスターズ

ビクターエンタテインメント 2015-03-31
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



で車にて、父のお墓がある霊園に向っていたのだが、どうやら道を間違えたらしい。
ナビを見ると僕の車は、道のないところを走っている。
そんなに新しい道路か、これ?
最新のカーナビが欲しい。。
車もボロイしなぁ。
いい車に乗りたいな~。

若い子たちはよく、
「軽でいい」
「普通に走ればいい」
と言う。
もちろん、みんながみんなではないけど。
だが僕はそうはいかない。
いや僕たちはそうはいかない。
だって、車至上主義の80年代を生きてきたからである。
あの頃は、車持ってなかったらなかなかデートしてもらえなかったぞっ!
持ってたって車の種類でずいぶん格差があった。
やれプレリュードだ、やれソアラだ、マークⅡだと。
そうあの頃の女子はやたら車に詳しかったのだ。
なんだったんだ、あれは一体!?




今は車が無くてもデートなんかいくらでも行ける。
お酒飲みたいから、そもそも車なんて使えない。
でもあの頃の感覚があるからなのか、車はいいのが欲しい。
少なくとも自分がいいと思えるものが。
しかし、経済的な理由から、買い替えるごとにグレードが下がっているのが現実。
あ~。。

映画『レスラー』の中で主演のミックー・ロークが80年代のハードロックで踊りながら「80年代は良かった」と言う。
ニルヴァーナが登場してから時代は変わった、というようなことを嘆く。




そんなに80年代が良かったとは僕には思えないし、逆に今の方がいい時代だと思っている。
インターネットはあるし、やる気があれば動きやすい時代だと思う。
でも80年代に培われてしまった感覚は、今も変わらず僕の生きるベースとして君臨している。
なんて言えば、かなり大げさかもしれないけど。
あの頃のやや歪な上昇志向は今も燻ったままである。
情けないよな~。。





80年代といえば

Thriller (25th Anniversary Edition CD/DVD)Thriller (25th Anniversary Edition CD/DVD)
Michael Jackson

EPIC/LEGACY 2008-02-11
売り上げランキング : 29860

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



というわけで、80年代を時に懐かしみつつも前向きに生きたいと思います。
そして最新のナビ搭載のいい車を早く買おう!





"80年代" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント