ミスターチルドレン新作

画像



















ミスチルのニューアルバム『I ♥ U』が先日発売されたが、凄くイイ。
『Atomic Heart』以降の彼らのアルバムは全部良いが、これは僕のミスチルベスト3に入りそう。
ちなみに残りの2枚は何かというと、『BOLERO』と『DISCOVERY』。
『Atomic Heart』が入らないので、一般のミスチルファンとは少しツボが違うのかもしれない。
でも、前述の2作は最高。
涙なしには、聴けない。

さて新作だが、今日は内容そのものではなく、アルバム・ジャケットにスポットを当ててみたい。
これまでミスチルのアルバム・ジャケットと言えば、信藤三雄というデザイナーが手掛けていた。
この人は非常に人気も評価も高いデザイナーなのだが、彼の創ったミスチルのジャケット・デザインが僕はあまり好きではなかった。
特殊パッケージ仕様にしたがるとこも嫌いだった。僕は普通のプラ・ケースが好きなのだ(収納しやすいから)。
ミスチル以外のアーティストのものでは、好きだと思えるジャケットもあったりはするが、なんで桜井和寿や小林武史は彼を使い続けるんだろう、とずっと思っていた。

そして今回のジャケットを見た時、今までと感じが違うな、と思った。
しかも、特殊仕様じゃない普通のプラ・ケースだった。

クレジットを見ると、アートディレクションのところには、KOUKI TANGEと書かれていた。
変わったんだ、デザイナー。
僕はちょっと嬉しかった。
CDを買ったときにもらった、TOY’S FACTORY(所属レコード会社)編集による冊子を読むと、今作のジャケットのデザイナー丹下紘希(彼が代表を務めるYELLOW BRAIN公式サイト)のインタビュー記事が載っていた。
彼は僕が大好きな「くるみ」や、「youthful days」「君が好き」「Any」「and I love you」などのミスチルのビデオクリップを手掛けてきた人らしい。

今作のジャケットは、I LOVE YOU の LOVEの部分がつぶれたトマトによって表現されているのがとても印象的だ。
このアイデアはメンバーの方から出されたものだという。
こんなに、綺麗につぶすために、何個のトマトを使ったんだろう。
それともCGか?

また、トマトによるLOVEが、原稿用紙の上に表されているところがとてもいい。
原稿用紙に叩きつけられたトマトが、強いコミュニケーションへの狂おしいばかりの欲求を表している。
少なくとも、僕にはそう思える。
これだけのジャケット(歌詞カードはちょっと読みづらいが)を用意した、ミスターチルドレンのニューアルバム。
その内容は、素晴らしいに決まっている。


アイ ラブ ユー




I LOVE U

"ミスターチルドレン新作" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント