ミスター・チルドレン『シフクノオト』

画像
ミスター・チルドレンのニューアルバムが9月21日に発売される。
6月に出たシングルが凄く良かったので、とても楽しみだ。
そこで、今日、久々に前作の『シフクノオト』を聴いてみた。

このアルバムで僕が最も好きな曲は、4曲目に収録されている「くるみ」。
泣ける。
ビデオだとさらに。
演奏シーンで、キメの時にバンドメンバーみんなで飛ぶ瞬間が最高だ。


希望の数だけ失望は増える 
それでも明日に胸は震える

   
   (「くるみ」より  作詞:桜井和寿)


生きるということは、こういうことだろうと思う。

ミスチルの歌には、生死を感じさせるものが多い。
桜井自身が、小脳梗塞で倒れる前からだ。


人は死ぬために生きている、と僕は思ってる。
もちろん、長生きしたいと思う。
そして、生きてる間は、幸せに楽しく過ごしたいと思ってる。
死ぬのなんか絶対嫌だ。
しかし、人は100%死ぬ。
世の中に唯一ある絶対が、これだ。
これって、酷いことだと思う。
でも、回避することはできない。

ミスチルから、話しが離れてきたけど、こんなことを言いたくなる気分にさせるのだ。
ミスチルの曲は。


シフクノオト
シフクノオト

"ミスター・チルドレン『シフクノオト』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント