映画『メイキング・オブ・モータウン』

アメリカのブラック・ミュージックを語るうえで欠かせないのが、モータウン。 ベリー・ゴーディが1959年にタムラレコードとして設立し、翌年モータウン・レコード・コーポレーションとなる。 そんなモータウンの歴史を、ベリー・ゴーディのインタビューを中心に描いたドキュメンタリー映画。 僕はブラック・ミュージックは大好きなので、…
コメント:2

続きを読むread more

タッシュ・サルタナ『Terra Firma』

タッシュ・サルタナの2ndアルバム『テラ・ファーマ』が発表された。 以前は、”ジミヘンの再来”なんて呼ばれたりもしていたが、 そうかぁ? という感じがしていた。 それはさすがにミスリードだろうと。 確かにギタリストとして卓越したものがあるのは間違いないけど、ジミヘンを引き合いに出すのは、ちょっと違うと思えた。 2019年にサ…
コメント:0

続きを読むread more

80年代洋楽ヒット曲 ティアーズ・フォー・フィアーズ「ルール・ザ・ワールド」

1985年に全米No.1ヒットとなった、ティアーズ・フォー・フィアーズの「ルール・ザ・ワールド」がこの度36年ぶりに全米No.1 を獲得した。 ロビン・ライトの長編監督デビュー映画『Land』で使われたことにより再び脚光を浴びたからである。 今聴いても、いい曲。 この曲完成度高いな~ というわけで、ということでも…
コメント:0

続きを読むread more

ジョニ・ミッチェル『For The Roses』

今月号のロッキングオンがジョニ・ミッチェルの大特集をしていた。 ジョニ・ミッチェルの大ファンかといえば、そうでもないのだが、もちろん彼女の素晴らしさは承知している。 アルバムだっていくつか持っている。 というわけで手に取ったロッキングオン。 まずこの表紙が良い! ロッキングオン4月号(amazon) 多分若者は音…
コメント:0

続きを読むread more