ポール・マッカートニー 『McCARTNEY Ⅲ』

ポール・マッカートニーの新作登場である。
しかし”マッカートニー”シリーズという、ソングライティングはもちろんのこと、演奏もほぼ一人で全てをこなすハンドメイドで個人的な作品のシリーズ第3弾。
『マッカートニーⅡ』からは40年ぶりとなる。
なので王道のポールとは違うもの。
あまり大きな期待はせず軽い気持ちで聴いた。
そしたらなんだ、これ!?
凄く良いっ!!
とても気に入ってしまって、何度も聴いている。

コロナ禍で、他の人と一緒に制作できない状況下ゆえの、”マッカートニー”シリーズ復活となったようである。



それにしても枯れないなぁ、この人の才能。
驚嘆であります!



の「Deep Deep Feeling」など実にクリエイティヴ。
78歳ですよ、このお方。
凄すぎです。




ポール・マッカートニー『McCARTNEY Ⅲ』(Amazon)

実験的な部分やバラエティな楽曲群、また70年代に作った曲も含まれているという『McCARTNEY Ⅲ』、予想外の名盤でありました。


さて暮れも押し迫ってきましたが、次回は、今年も勝手ながら年間ベスト・アルバムを選んでみたいと思いますので、よろしくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

JT
2020年12月28日 17:35
こんばんは、JTです。

『マッカートニー』『マッカートニーⅡ』と比べるとちゃんと作られていますね。でも過去2作にあったキャリアの代表曲になりそうな曲は難しいかな、と思います。

歌のキーも低いものが多く、高音域はファルセットを多用していますね。年齢が年齢だけに仕方ないかとは思います。唯一声出ているなと思った、11曲目のWhen Winter Comesは90年代前半に録られたとのこと。

>78歳ですよ、このお方。

そうですね。あの年齢でこれだけのアルバムを一人多重でできるなんて、すごい。

本当に音楽作るのが好きでその情熱が衰えないのですね。



2020年12月29日 19:10
JTさん

どうも、こんばんは。
”マッカートニー”シリーズということでやはり雑な作りになっていますが、これをちゃんとプロデューサーつけて再構成したら、かなり良いアルバムになるのではと思っています。
とにかく凄い78歳ですね。
驚きと希望を感じました!