『ゴッド・ファーザー』

言わずと知れた名作中の名作のひとつ『ゴッドファーザー』そしてその続編。
もちろん僕も大好きである。
アルパチーノは僕が最も好きな俳優の一人でもある。
しかし、
しかしだ、感情移入があまりできないのだ僕はこの映画に。
それはつまり共感できないということ。

このシリーズのテーマは家族(ファミリー)である。
家族がイチバン!
この場合の家族というのは血のつながりだけを意味するものではない。
それゆえ家族の幸せのためにはならない者は、犠牲にしてもいい。
そんな話である。
極端な見方をした場合であるが。
そういうの、僕は好きじゃない。
村社会の頂点を極めようとしている人たちの話が、なぜそんなに面白い!?
村社会といっても、組織を拡大するため外へとの関係をどんどん深めようと、ドンは動くのだが。
そして彼らは、広い社会(世界)の中に自分たちの大きな居場所(村)を獲得した。
村は大きくなり、そして世界はその村を無視できない。



家族というのは大事である。
しかしそれは、とても面倒なものでもある。
家族が助けになることもあれば、妨げになることもある。

今は圧倒的に核家族の時代である。
僕らの世代は若いころ、昔の大家族的なものを否定してきたと思う。
家族偏重な生き方を否定したきたのだ。



『ゴッド・ファーザー』、それは大家族の悲劇を描いた物語。
僕からすれば、
だから言わんこっちゃない!
といったことが起こる話である。

大家族時代へのオマージュともいえるのではないか、『ゴッド・ファーザー』は。
大家族時代が懐かしいのだろうか、みんな?

僕はこの映画をこれまで何度も観てきた。
俳優陣、脚本、構成、編集などなど、それぞれがとても素晴らしいこの映画(ⅠとⅡ)は、
間違いなく、世紀の名作。
大傑作である!!



今も昔も、
少なくとも大家族というものは弊害の方が多いと思っている。
寺内貫太郎一家みたいなの、絶対嫌だ(ある程度の年齢以上の人にしかわからないと思いますが)。
家族というものに郷愁のようなものを感じる気持ちは分かるが。



そんな僕だが、実は家族を持ちたいと思っている。
あまり巨大化したのは嫌だけど。

矛盾する?

家族とひとことで言っても、人によって描く家族像はきっと違う。
なので、違う家族像を持った人同士で一つの家族を作ろうとすると、上手くいかない。
家族の規模が大きくなり、構成する人が増えたら、もっと事態は難しくなる。


そういえば先日やっと『万引き家族』を観た。
凄く良い映画だった。




あ~、家族って。。

そんなことを考えているから、僕はずっと独身なんだろうな。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

goldenblue
2019年09月03日 23:01
名盤さん、こんばんはー。
家族、めんどうですよね。
だいぶ離れて、悪くないかもと思った頃に母親のことで弟とケンカして、今はまただいぶ距離を置いています(-.-)
おっしゃるとおり僕たちの世代は、家族的な煩わしさから離れようとしてきた世代。
幸いうちの奥さんも同じような感覚なので、うちの父親が父親らしい威厳を持とうとしたのとは真逆の、ゆるーい家族を娘と三人でやってますが。

ゴッドファーザーは、、、途中で眠ってしまった記憶しかない💦

2019年09月09日 00:23
goldenblueさん

どうも、こんばんは。
家族って面倒ですよね、ほんと。
大切なものとは思ってるんですけどね。
繋がりが強すぎる所以の色んなことがありますよね。

独身なのであまり家族のこと言っても説得力ないんですけどね。。

この記事へのトラックバック