The1975@summersonic2019 大阪8月18日

今年も行ってきましたサマーソニック大阪。
僕が行ったのはThe1975が出演する大阪三日目の8月18日。
この日のトリはB'z。
今年のサマソニは東京が早々と全日ソールドアウト。
大阪は当初多数の有名邦楽アーティストとレッチリがトリという初日だけがソールドアウトで、まぁそうだろうな、と思っていたが、何と最終的には全日ソールドアウト。
これにはビックリ!
大阪で全日ソールドアウトは初めてじゃないかな(違ったらゴメンナサイ)。


大阪初日の16日は前日の台風で設営が遅れたため、10-FEET・04 Limited Sazabys・Zebrahead・タッシュ・スルタナなど8アーティストの出演がキャンセルされた。
また渋滞の影響で会場までのシャトルバスが全く進まず、バスの台数も不十分だったためか、最寄り駅から会場まで数時間を要した人も多かったようだ。
今回は渋滞の影響が大きかったとはいえ、サマソニ大阪のバス問題は舞洲に会場が移って以来ずっと問題になっており、今に至っている。
このようなアクシデントがあったにもかかわらず、案内の不備が多くの人からTwitterに寄せられていた。
普段からサマソニ大阪は案内の不備が際立っていたように感じていた。
起こるべくして起こった事象だと思う。

以前一度、東京会場のサマソニに参加したことがある。
シンプルに言うと、
大阪と東京では同じサマソニでも、それらは似て非なるものであるということ。

サマソニ大阪、主催は同じようにクリエイティブマンだが、実際の現場の運営はキョードーが行っているはず。
その違いか?
来年はオリンピック開催のためサマソニは開催されないことが決定しているが、大阪だけでやればいいのに。
それなら間違いなくソールドアウトになるでしょう。
そしてその時は、実際の運営もクリエイティブマンでやってみて欲しい。

summesonic2019.jpg

ここから当日の話いきます。

予想通りの晴れの天気でひと安心だが、暑さという強敵も付いてくる一日となったこの日。
今回は前の職場のおば様2名がB’zが観たいから連れて行ってくれ、ということで3人での参加。
野外フェス初参加のお二人には暑さ対策など含め、夏フェスの心得を伝授していたが大丈夫か、と不安の中当日を迎える。
コスモスクエア駅で待ち合わせてシャトルバス乗り場に向かう。
Twitterで情報収集したところバスは順調だということでひと安心。
実際特に待つことなくバスに乗れ会場着。
まずはCHAIを観る。
なかなか良かったが早くも暑さに負けて数曲で室内のソニックステージに向かう。
まだまだ先は長い。

そしてソニックステージでのENDRECERI(堂本剛)を観る。
相変わらずのあまりのFUNK色の強さに、おば様たちをおいて僕は後方へと退散。
FUNKYは得意だが、FUNKにはそれほど強くないのだ。

ENDRECERI終了後腹ごしらえ。
サマソニ大阪の飲食エリアOASISに向かう途中にあるローソンでビールとからあげとおにぎりを購入。
OASISで買うよりビールが安い!

お腹空いてるのでOASISエリアでも飲み食い。
今年のオフィシャルはプレモル。

サマソニ2019.jpg


そして大阪のメインステージとなるオーシャンステージへと向かう。
次はYUKI。

ジュディ&マリー時代を含め初めて観るYUKIちゃん。
予想以上に良かった!
盛り上がってしまいました。

サマソニ2019 2.jpg

しかしPALE WAVESの時間が迫ってきたので「JOY」が終わるとおば様たちとは別れて、ソニック・ステージに移動。




MY MIND MAKES NOISES [CD]
MY MIND MAKES NOISES [CD]
posted with amazlet at 19.08.19
PALE WAVES
DIRTY HIT RECORDS (2018-09-28)
売り上げランキング: 916


特にヴォーカルのヘザーが良いですよね~
ちなみにこのグループは、The1975と同じレーベルと契約している。

続いて同じソニック・ステージでThe Birthdayを観る。
チバユウスケのヴォーカルはこの日も絶好調。
大ファンの僕であるが、残念なことにThe1975の時間が近づいてくる。
仕方ない、今日のところは。
後ろ髪惹かれる思いで、チバユウスケに背を向け、ソニック・ステージを後にする。
この被りがフェスの泣き所。
仕方ないことだけど。

サマソニ2019 3.jpg

この日のトリはB’zだけど、僕の中のトリはThe1975。
昨年出た最新アルバムが凄く良かったし、東京の初日ですでに行われたライヴも評判が良かったのでとても楽しみなのだ。



同じような人が多いのか、会場であるオーシャン・ステージには多くの人が集まってきている。

夕方になり涼しい風も吹いてきた。
多くの期待を浴びてライヴがスタート。

演奏は好調。
大きなモニターも効果的に使われる。
ダンサーのお姉さんも良い感じ。
ヴォーカルのマシューは、酔っぱらってる?
でも良かった、彼のパフォーマンス。
かなりグッときた。

サマソニ2019 4.jpg

最後の「The Sound」で、会場みんながジャンプするんだけど、思わず両手挙げてジャンプしてしまった。
普段そんなことしないタイプなんだが、あの時は自然に身体が動いた。
そうしたかったのだ。



この曲で彼らのライヴは終了。

良かった。

A BRIEF INQUIRY INTO
A BRIEF INQUIRY INTO
posted with amazlet at 19.08.19
''1975''
POLYD (2018-11-30)
売り上げランキング: 787


その後再びおば様たちと合流しB’zを待つ。
会場は満員御礼な状態。
いよいよトリのB’z登場。
何年か前のサマソニで彼らを観たことがある。
その時も思ったけど、稲葉浩志はカッコいい。
そのヴォーカルもルックス、立ち振る舞いも。

しかし僕は3曲観てシャトルバス乗り場に向かう。
おば様たちはもちろん最後まで。

バス乗り場に向かう途中でバナナラマの「I Heard A Rumour」が聴こえてきた。



思わず僕は足を止める。

サマソニ大阪の一番小さな会場であるマッシヴ・ステージのトリがバナナラマ。
知ってはいたが、今時この時間帯にバナナラマ観る人なんているんだろうかと思っていた。
しかし僕の足はマッシヴ・ステージへと向かっている。

サマソニ2019 5.jpg

思ったよりお客さんがいる。
後ろの方の広いスペースで、ひとりでゆらりと自由に踊ってる人が何人もいる。
分かる、その感じ。
僕もお酒片手に、身体を揺らす。
とても良い感じ。
 
クロージング・アクトってこういうのを意味するのかな。

とはいえバス混むの嫌なので、これまた途中退出。

ここで僕のサマソニ2019は終了。
つまり今年の夏もこれで終わり。
楽しい一日だった。

いやいや、家に着くまでがサマソニ。
気を付けて帰らなくては。

来年サマソニないの残念です。

おば様たちはB'zを堪能したそうです。
良かった。

楽しかったけど、最後まで観たらバスが激混みでなかなか帰れない、というのなんとかして欲しいな。
そんな心配させるのって、どうかと思うよ、キョードーさん・クリエイティブマンさん。

と毎回文句を言いながらも参加してしまうサマソニ。
これがいけないんだな、きっと。

サマソニ2019 6.jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月21日 22:07
サマソニ東京がYouTube配信してて家ソニ満喫。今更だけど楽しさがよくわかりました。catfishとかイギリスの新世代バンドがよかったかな 。もち1975も。自分も現地に行ってみたくなりましたね
るーさ
2019年08月21日 22:07
サマソニ東京がYouTube配信してて家ソニ満喫。今更だけど楽しさがよくわかりました。catfishとかイギリスの新世代バンドがよかったかな 。もち1975も。自分も現地に行ってみたくなりましたね
2019年08月25日 19:59
るーささん

僕もYOUTUBEで金・土観ました。
配信良いですよね。
次回はもっと多くのアーティストが配信されればと思っています。