大腸カメラ(大腸内視鏡検査) 鎮静剤あり

ミック・ジャガーが心臓の手術を行った。
無事成功したようだ。
予定されていたUSツアーは延期となったが、体調をみて再度日程が組みなおされることだろう。
健康問題はすべての人にとって最も重要な案件。


右の下腹部の痛みがずっと続いている。
続いてるといっても、随時痛いわけではない。
またそれほど強烈な痛みでもない。

痛い部位と、走った後に痛みが出ることがあるということから、最初盲腸が疑われた。
血液検査だ。
しかし炎症反応は、どこにもなかった。
ヘルニアの可能性も、ということと、他の臓器の可能性も考えて腹部CTを撮ることに。
これでも、問題は発見できなかった。
少し前にもエコー検査をしているので、内臓には多分問題がないだろうとのこと。
しかし、念のため大腸カメラによる検査も勧められる。
ちょっと嫌そうな顔をしたのが分かったのか、すかさずドクターが、
希望すれば鎮静剤を使用することもできるし、以前と比べれば随分楽になってますよ、
と優しく僕に語り掛ける。
鎮静剤はありがたいけど、2リットル近い下剤を飲むのがしんどいという話はよく聞くし、あまり気は進まない。
だが若いときから胃腸の弱い体質。
年齢的にも一度検査しとかないとな、と以前から思っていた。

思い切って、検査を受けることに。
もしものことがあって、あの時検査していれば、なんて思いたくないから。


検査前日の食事は、食物繊維の多いものや消化に悪いものは避けてください、ということで、食事例の参考例を書いた紙をもらう。

画像









出来る限り楽に終えたい僕は、きっちりここに書かれたもの以外は口にしなかった。
そして前日夜、水200ミリリットルにピコスルファートナトリウム液を混ぜて飲む。

翌日朝、絶食状態ではあるが水を200ミリリットルを飲んでくださいとのこと。
もちろん飲む。

その後、モサプリドクエン酸塩3錠を水100ミリリットルで飲む。

さてここからが本番。
マグコロールPという下剤1.8リットルの水に溶かし、ピコスルファートナトリウム液を混ぜ1時間半かけて飲む。
看護師さんから、前の晩から冷やしとくと飲みやすいとのアドバイスをもらっていたので、しっかり一晩冷蔵庫で冷やしていたこの液体、さてお味の方は...

おそるおそるゴクリと飲んでみる。

!?

ポカリスエットやん!!

ポカリスエット味。
しかも、ポカリスエットみたいな、というよりポカリスエットそのものである。
これなら、いけるぞ。
かなり心をなでおろす。

しかし1時間たっても便意がない。
これは、まずいんでは。

腸の中を空っぽにしないと、検査が出来ない。
便秘気味の人は、そういうことがあるらしい。

結局トイレに行ったのは飲み始めてから2時間近くが過ぎた頃。
その後トイレに何度かいき、無事準備完了。

鎮静剤を使用するので、車の運転は禁止ということで電車で病院に向かう。
ちょっとドキドキする。

受付をして、しばらく待った後着替える。

お尻のところが開いてる紙パンツ。。

点滴により腕より鎮静剤が入る。

ここで記憶が消える。
いつ始まったか分からない。

ちょうど終わったくらいに一度目が覚める。

そしてまた眠ったようだ。

しばらくして起こされる。
立ち上がった瞬間だけ、一瞬わずかにふらついた。
しかし、その後は特になんてことはなく無事終了。

正直胃カメラより楽だった。


後日検査結果を聞きに行く。
当たり前だが、これが重要。

幸いにも異常なし。

ただ肛門の入り口のあたりに痔のようなものがあるとのこと。
まぁ、それはヨシとしよう。


でも、この痛みの原因は何なんだ??
ドクターは筋肉系ではないかと言う。
確かに腰もずっと痛い。
お尻のあたりも。
それほど強い痛みではないし、常にではないが、整形外科にまわしてもらうべきか。
只今迷い中。

50歳を超えると、誰でもどこかいたいとこあったりするもんなのかな~

そんなことを考える中年になってしまったのだなぁ、と空を見ながら考えた。

そう考えると、ミック・ジャガーって凄いよなー、と思う。
もう75歳だよ。

もう一度観たいなストーンズ。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

るーさ
2019年04月26日 10:33
ユーチューブで動画サーフィンしてると普段聞きなれない用語を目にすることがありますが
「リンパ間質液ケア」というのがありまして
副作用もなく なかなかよいのではないかとおもいましたが 聞いたことなかったすね
https://www.lymphcare.org/lymphcare-about.html
2019年04月27日 01:17
るーささん

「リンパ間質液ケア」、ちょっと気になりますね、これ。
2019年05月17日 04:51
Es sind maximal 13 von 14 Troph臚n erspielbar.
2019年05月18日 16:57
Es sind maximal 48 von 50 Troph臚n erspielbar.
2019年05月22日 15:40
Es sind maximal 18 von 20 Troph臚n erspielbar.

この記事へのトラックバック