『はじまりのうた』 オリジナル・サウンドトラック

昨日電車の中で、母親に連れられた3~4才とおぼしき男の子が、お母さんに聞く。
「今日の晩ご飯何?」
お母さんが、「カレー」と答えると、男の子は
「やったー!やったー!お母さんのカレー やったー!やったー!」
と小躍りしている。
なんか僕はその光景を見て泣きそうになってしまった。
ちゅうか、もう目が涙で潤んでました。
涙腺が緩い昨今でございます。。


そんな日常のひとコマはさておき、今日は2013年のキーラ・ナイトレイ主演映画『はじまりのうた』のサントラについて。

『ONCE ダブリンの街角で』の監督であるジョン・カーニーが監督・脚本を務めたこの映画、かなり僕は好きなんだけど、ここで聴けるキーラ・ナイトレイの歌声がとても素敵なのだ。




公開当時これが観たい!、という内容のものをこのブログにも書いた
そしてその後実際に観たのだけど、期待してたような素敵な映画だった。
『ONCE ダブリンの街角で』同様、音楽ファンの琴線に触れるような映画だったのだ。


キーラ・ナイトレイ扮するグレタは、メジャーデビューする恋人のデイヴ(マルーン5のアダム・レヴィーン)とニューヨークにやって来る。
やがてデイヴは人気者となり、お決まりのコースのように二人は別れる。
そんなある日、グレタの歌を聴いた、落ちぶれた音楽プロデューサーのダンが彼女に契約を申し出る。
そして二人は、ニューヨークの街を、人々を、仲間たちを使ってレコーディングを行う。




この映画には、マルーン5のアダムがキーラ・ナイトレイの恋人役として出演している。
冒頭に貼り付けたYOUTUBEで聴けるキーラ・ナイトレイの歌う「Lost Stars」はとても胸を打たれるんだけど、この曲はアダムも歌っている。
これがまた凄く良いのだ。
当たり前だけど、さすがプロである。




素敵な音楽が満載なこの映画、なのでサントラ欲しいなとずっと思っていた。
だが、買うことなく数年が過ぎ、そして何故かふっと思い立って先日買ってしまった。
たまに、そういうことある。
何故か、ふっと思い立ってしまうのだ。

Begin Again - Soundtrack
Begin Again - Soundtrack
posted with amazlet at 19.02.02
OST
INTERSCOPE RECORDS (2014-08-29)
売り上げランキング: 3,554


良い!
良いんです、これ、このサントラ!!

僕が最も好きな曲は、キーラ・ナイトレイとアダム・レヴィーンのそれぞれのヴァージョンが収録されている「Lost Stars」。
この曲、僕は勝手にアダムが作った曲なんだなと思っていた。
でもクレジットを見ると彼の名前はない。
他の曲のクレジットも見てみると、どうやらこのサントラの楽曲を手掛けた中心人物は、グレッグ・アレキサンダーという人のようである。

誰だ、この人?

と思って調べてみたら、なんと、僕の大好きなニュー・ラディカルズの人だった。
(ニュー・ラディカルズはグレッグ・アレキサンダーのソロ・プロジェクト)



の曲を収録した1998年のニュー・ラディカルズのアルバムが僕は大好き。
大きなヒットにはならなかったけど、最高に素晴らしいポップ・アルバムだと今も思っている。

Maybe You've Been Brainwashed Too
New Radicals
Mca (1998-10-20)
売り上げランキング: 44,565


こんな再会があるなんて感激だ!


というわけで、映画から入るのもサントラから入るのもありかと思いますが、音楽好きの方には是非とも触れてもらいたい映画であり音楽であります。

はじまりのうた BEGIN AGAIN [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2015-10-07)
売り上げランキング: 6,860







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック