テニス全豪オープン女子決勝 大坂なおみ×ペトラ・クビトバ

昨日のテニス全豪オープン女子シングルス決勝凄かったな。
サウスポーに苦労しながらもタイブレークの末、大坂なおみが制した1セット目。
チャンピオンシップ・ポイントを迎えられながら、ペトラ・クビトバの粘りでチャンスを逃し、その後一気に精神的な崩れを見せる大坂。

画像








2セット目終了後、涙を見せながらトイレット・ブレイクに向かう彼女。
そしてファイナルセット、持ち直した大坂は素晴らしいプレイを見せる。
しかし彼女の表情からは、持ち前の笑顔は消えている。



死闘の末、試合は大坂なおみが勝利。
手に汗握る、実に見応えのある試合だった。

画像














1~2セットの、それでもプロかと言いたくなるほどに感情を表情に表す大坂なおみ。
感情のコントロールを行おうとしているところも赤裸々に世界中に見せつける。
それは、あのマッケンロー以上である。
この、ある意味キュートさが、彼女の人気のひとつでもあると思う。
なので、この精神的な不安定さを克服したらきっととてつもない選手になるだろうと言われているが、身勝手な僕は、そのことで彼女がいわゆるポーカーフェイスのようなものを見につけたら、ちょっと寂しいななんて思ってしまう。
実に身勝手なことだ。

クビトバは、2016年自宅に侵入してきた強盗に襲われ左手に重傷を負い、再起を危ぶまれていた。
しかし、手術の末翌年復帰し、今回それ以後では初となる4大大会決勝進出となった。



この試合の結果を受け世界ランキングは、大坂なおみが1位、ペトラ・クビトバが2位となる。

この日はWOWOWで最初から最後まで観ていたんだけど、スポーツの試合って開始前から終了後までしっかり観てこそ楽しめるものだと思う(ハイライト貼り付けておきながら...)。
最近はプレイ中の選手の表情を捉えたショットも以前より多いように思う。
そのため選手たちの心の動きが読み取れたりし、より心に訴えかけられてしまう。



実に心揺さぶられる一戦でした。

スポーツ観戦から、学ぶことは大きい。


大坂なおみの優勝は嬉しいが、個人的にはずっと大ファンのシャラポワが決勝に居なかったのが寂しかったです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2019年03月30日 17:00
Thanks for sharing your thoughts on ejX. Regards

この記事へのトラックバック