YMO 『ソリッド・ステイト・サヴァイバー』

先日サマーソニック2019のヘッドライナー3組が発表された(20周年となる今年は3日開催、また2020年はオリンピック・パラリンピック開催による諸事情により休催)。
レッド・ホット・チリ・ペッパーズの出演は、同時期にアメリカでウッドストック50周年を記念するフェスが行われるので、そちらに参加すると思っていたのでビックリ。
とはいえ、多くの大物アーティストや旬のアーティストはウッドストックに参加することが予想されるので、今年のサマソニのブッキング、とても苦労しているんじゃないだろうか。
少なくとも1日は観に行きたいと思ってるので、期待していますクリエイティヴマンさん!
よろしくお願いします!!


さて話は変わって、先日本屋さん(本屋さんの数は少なくなったが、生き残った大型書店はいつも混んでる)でふと目にしたレコード・コレクターズ2月号。

レコード・コレクターズ 2019年 2月号

ミュージック・マガジン (2019-01-15)



YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)の特集号。
なんでもYMO結成40周年らしい。

YMOが世の中を席巻していた時期、僕は中学生。
流行に敏感な年ごろで、音楽好き、もちろん夢中になっていた。
中でもが特に大好きだったのが2ndアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイバー』。
「テクノポリス」「ライディーン」「ビハインド・ザ・マスク」など人気曲収録。




ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー(2018年リマスタリング)
YELLOW MAGIC ORCHESTRA
ソニー・ミュージックダイレクト (2018-11-28)
売り上げランキング: 134


「ビハインド・ザ・マスク」は、マイケル・ジャクソン側からアルバム『スリラー』にリメイクを収録したいと打診があったものの、YMO側がそれを拒否。
収録しておいて欲しかったな。



は、マイケル・ジャクソンの死後、リテイクされてアルバム『MICHAEL』に収録されたもの。

それ以前には、エリック・クラプトンによるリメイクもリリースされている。




当時よく行っていたレコード屋さんには、YMOの特設コーナーのようなものがあり、そこでは彼らの海外でのライヴ映像が流されていた。
その映像で最も僕の目を惹いたのが矢野顕子。
ツアー・メンバーとして矢野顕子が参加していたのだが、黙々と演奏する他のメンバーとは一線を画し一人踊っていたのがとても印象的だった。




音楽ファンの間ではともかく、一般的な矢野顕子の認知度の低さに、僕はずっと憤りを感じている。

というわけで矢野顕子も1曲



このベースは、ストーンズでおなじみのダリル・ジョーンズ?


YMO結成から40年か~

僕もしっかり歳を重ね、先日52歳に。
なんだかな~、である。

なんて思いつつ久々に聴く『ソリッド・ステイト・サヴァイバー』、やっぱり好きだな、このアルバム。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

JT
2019年01月25日 00:28
こんばんは、JTです。

>「テクノポリス」「ライディーン」

2大ヒット曲に挟まれた格好の細野さん作の「アブソリュート・エゴ・ダンス」も結構好きです。

>「ビハインド・ザ・マスク」は、マイケル・ジャクソン側からアルバム『スリラー』にリメイクを収録したいと打診があったものの、YMO側がそれを拒否。

う~ん、惜しかったですね。YMOの世界的評価も変わったかも。教授の印税もすごかったのでは。

>なんて思いつつ久々に聴く『ソリッド・ステイト・サヴァイバー』、やっぱり好きだな、このアルバム。

私も好きです。なんか一周回って全然古さを感じさせないですね。

toshi
2019年01月25日 20:36
YMOのアルバムは「ソリッド・ステイト・サヴァイバー」だけ持っています。大ヒットした流れ、勢いで買いました。
2019年01月27日 16:03
JTさん

どうも、こんにちは。
「アブソリュート・エゴダンス」はよりジャケットのイメージに近い、当時のイメージするアジア・オリエンテッドな楽曲のように感じてます。

『スリラー』に入ってて欲しかったな~、ですよね!
2019年01月27日 16:04
toshiさん

勢いで買っちゃうほど、流行ってましたよね~
僕そういうの多いです!

この記事へのトラックバック