アークティック・モンキーズ 『Tranquility Base Hotel & Casino』

新しい年が始まりました。
2019年はエポックメイキングな年にしたいなと思う、そんな年始の僕であります。
皆様どうか今年もよろしくお願いいたします。

さて前々回、2018年ベストアルバム10枚を勝手に選ぶ内容のものを書きましたが、ネット上には実に多くの方が自らの年間ベストアルバムを披露してくれています。
それらを色々眺めていたのですが、ロックアルバムだと、僕にしては意外だったのが、アークテック・モンキーズの最新アルバム『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』をセレクトしてる人が思いのほか多かったこと。

2013年にリリースされた彼らの前作『AM』が僕は大好きだった。
骨太でグルーヴィーなギター・ロック。
メロディも優れている。
最高の一枚だ。
2013年ベストアルバムの1位に選ぶほど大好きな作品である。
それから5年近くが過ぎリリースされた新作、もちろん僕もとても楽しみにしていたのですぐに聴いたのだが、

!?

これアークティック・モンキーズ!?
ギターリフはどこに??
骨太のロック・グルーヴは??
僕が期待していたアークティック・モンキーズとは全然違う内容に、僕はかなり落胆した。
いちおうは最初から最後までしっかり聴いたつもりなのだが、その落胆した気持ちが持ち直すことはなかった。

なのに世間では高評価、
えっ、そうなの!?
と思って時間もあることだしもう一度ちゃんと聴いてみようということに。


アルバム冒頭の「Star Treatment」が美しい!!

この曲、こんなんだったっけ!?




最初このアルバムを聴いたとき、この曲の印象で僕は自らの感性に反射的に幕を覆ったのかもしれない。
前作『AM』が大好きだったゆえに、その延長上にあるさらなる凄い作品を切望していたあまりに。
なのでピアノやストリングスなどの音が強調され、スローで、ムーディーにさえ聴こえるヴォーカルやサウンド処理などに拒絶反応を示したとしか、今としては思えない。

『AM』にあった世界観はない、しかし今作にはこれまでにない新たなアークティック・モンキーズがいる。

今作では、多くの曲をヴォーカルのアレックス・ターナーがピアノを用いて書いている。
ギターではなく、ピアノを使ってソング・ライティングしたことが、前作からの大きな変化をもたらした大きな要因だろう。
アレックス・ターナーは元ザ・ラスカルズのマイルズ・ケインとザ・ラスト・シャドウ・パペッツというユニットでの活動も行っている。
彼のザ・ラスト・シャドウ・パペッツの作品を念頭に置けば、アークティック・モンキーズの今回の大きな変化も想定不可能ではなかったと思う。
その流れで聴くと、それほど不自然には思えない。





といっても、イマジネーション豊かな変革を行った作品であることは間違いないと思う。
そしてまた、結果として聴く者のイマジネーションを試す作品でもあると思う。
試された僕は、このザマ。

もはや、イマジネーションが固まり拡がることが出来ない、そんなお年頃なのかもしれない。。




時間を置いて、勝手な期待を持たず出来るだけフラットな状態でじっくり聴くと、同じ音楽なのにまるで違う聴こえ方がする。
よくあることであり、これまでも何度も体験してきたことだけど。
う~ん....

多くの人が2018年のベストアルバムに選ぶのが分かる、とても素晴らしい作品。
アレックス・ターナーのヴォーカルがこれまで以上にたまらなく魅力的でもある。

他にも、その素晴らしさに気付けないまま聴き飛ばしていた作品があるかも、と思うと。。

2019年最初のブログが昨年の失態を曝け出す内容になってしまった。
こんなんで大丈夫か2019年。

頼むよ、俺!!






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

goldenblue
2019年01月04日 21:20
名盤さん、新年おめでとーございまーす。

今までどおりの期待から大きくはずれてガッカリしたのに、世間的にはものすごく評価が高くてびっくりした例・・・U2の“Joshua Tree”が僕にとってはそうだったなぁ、というのを思い出しました。
あとあとじわじわ良くなっていったんですが、最初はガッカリの方が強かった。

エポックメイキングな年、楽しみですね。
今年もよろしくお願いしまーす。

2019年01月04日 23:39
goldenblueさん

どうも、おめでとうございます!

最初いいと思えなかったものでも、今となっては生涯の友のようなアルバムもあるので、一度聴いて結論出すのって危険だと思うんですが、時間も限られてるし難しいですよね。

では、今年もよろしくお願いします!
ジャム
2019年01月12日 08:19
寒中お見舞い申し上げます

ここ数日むちゃくちゃ寒いですね。
平成最後の年と言われてもいまいち実感が湧きませんが、あたたかな良い音楽に沢山出会いたいですね。

今年もよろしくお願いします。
2019年01月13日 16:36
ジャムさん

昨日は少し寒かったですが、ここ大阪今日はすこし暖かい感じです。
残り僅かな平成を楽しく過ごし、新しい元号になってさらなる楽しい人生をと願う今日この頃です。

今年もよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック