音楽映画ベスト7

レンタルしてきた映画『セッション』を観た。
これがなかなかの面白さだった。
最後の演奏シーンは圧巻。
けっこうなオススメ作だ!。




セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]

ギャガ 2015-10-21
売り上げランキング : 67

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




というわけで、それに刺激され今日は、僕がこれまで観た音楽映画の中から特にオススメの映画7選をご紹介。

なお音楽映画の定義ですが、今回は主人公が音楽を演奏もしくは音楽をクリエイトする作品ということにしてチョイスしました。
またドキュメンタリーやライヴ映画も対象外としました。

順不同

ではまずはこれから。


『アマデウス』




1984年アメリカ映画
監督はミロス・フォアマン。
アカデミー賞8部門受賞。

サリエリは皇帝に仕える作曲家として成功していた。
しかし彼はモーツァルトの才能を誰よりも評価し、その天才ぶりに嫉妬する。

モーツァルトが、病床で作曲するシーンに感動してしまった。

アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]
ソウル・ゼインツ

ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21
売り上げランキング : 1188

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



続いてもクラッシックもの。
今度は現代の話。


『オーケストラ』




2009年フランス映画。

かっては天才指揮者と言われていた主人公のアンドレイ。
しかし政府の迫害を受け、今はロシアのボリショイ劇場の清掃人。
だがひょんなことから、ボリショイ交響楽団になりすまし、演奏するためかっての楽団員と一緒にパリに向かう。
ストーリーはいろんな問題が絡み合いながら進んでいく。

最後の演奏シーンにはたまらなく感激!

オーケストラ! [Blu-ray]オーケストラ! [Blu-ray]

Happinet(SB)(D) 2010-11-04
売り上げランキング : 5900

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



次は実話をベースに作られたブラスバンドもの

『ブラス!』




1996年イギリス映画。
主演はユアン・マクレガー。
閉鎖騒ぎに揺れる炭鉱の町の楽団の物語。
炭鉱の存続か、高額の退職金付きの閉鎖か、で町の意見は2分される。
楽団のメンバーも意見はそれぞれだ。
そんな中バンドはコンテストを勝ち抜き決勝進出の切符を手に入れる。
しかし、決勝に赴く資金がない...。
音楽愛・社会問題・恋愛・家族などなどいろんな問題を含んだ作品。

ブラス! [DVD]ブラス! [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント 2011-12-09
売り上げランキング : 14245

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



続いても実話を基にした映画。


『シャイン』




1996年オーストラリア映画。
アカデミー賞主演男優賞受賞(ジェフリー・ラッシュ)。
主人公デイヴィッドは厳格な父親の元ピアノの英才教育を受けその才能から天才少年と呼ばれるようになる。
しかしその後精神を病みピアニストの道から踏み外れる。
そして歳を重ねたある日、バーでピアノを演奏し大きな喝采を浴びるデイヴィッド。
そのことがきっかけとなり、彼は再びピアニストとして陽の当たる場所へと歩みだそうとする。

シャイン ―デジタル・レストア・バージョン― [Blu-ray]シャイン ―デジタル・レストア・バージョン― [Blu-ray]

角川書店 2011-06-24
売り上げランキング : 11547

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





次は、音楽映画というより脱獄ものロードムービーといった方がいいかもしれない


『バンディッツ』




1997年ドイツ映画。
2001年にブルース・ウィルス主演の全く違う内容の同名映画があり、そちらの方が大規模上映だったので、『バンディッツ』というとそっちを思い出す人の方が多い、残念ながら。

刑務所で知り合った4人の女囚人がバンディッツというバンドを所内で結成。
そして脱獄を図り逃亡。
逃亡中に、刑務所内から以前レコード会社に送ったデモテープが人気を呼ぶこととなる。
そしてなんと逃亡中にも関わらず彼女たちのアルバムがヒットしてしまう。

バンディッツ [DVD]バンディッツ [DVD]

東芝デジタルフロンティア 2002-03-22
売り上げランキング : 118666

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この映画のサントラ、確かに当時買ったはずなんだが、見つからない。。



バンディッツバンディッツ
サントラ

ポリドール 1999-02-10
売り上げランキング : 70490

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




続いては日本の映画。


『スウィング・ガールズ』




2004年日本映画。
出演は上野樹里、貫地谷しほり、竹中直人など。
ひょんなことからジャズに接し、ジャズの魅力に惹かれのめりこんでいく女子高生たちを描いている。
竹中直人が相変わらずいい味を出している、当時話題となった作品。

スウィングガールズ [Blu-ray]スウィングガールズ [Blu-ray]

東宝 2008-10-24
売り上げランキング : 34678

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




お次も日本映画


『リンダ リンダ リンダ』




2005年日本映画。
音楽映画というより青春映画。
それもかなり傑作な青春映画。

書いてて思ったが、音楽映画ってすべて青春映画という気がする。
青春的精神構造と、音楽に心震える精神構造って似てる気がするから。
今、思い付きでそう感じて書いてるから、本当のところはどうだろうか、じっくり考えれば違うかも。
確信はない。
しかし今、そんな風に思えた。

夜の校舎のシーンが特に好き。
少しぬるい感じがリアルでいいと思う。

リンダリンダリンダ [DVD]リンダリンダリンダ [DVD]
山下敦弘

バップ 2006-02-22
売り上げランキング : 17653

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



以上7作、僕が選んだ音楽映画ベスト7いかがでしょうか?

みなさんも何かオススメの音楽映画があればぜひ教えてください、よろしくです!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ジャム
2015年09月25日 08:46
私のオススメは『8 Mile』と『ドゥ・ザ・ライト・シング』です。
『8 Mile』はエミネムのまるでボクシング映画のようなMCバトルが面白かったです。
『ドゥ・ザ・ライト・シング』は怠惰な生活ぶりと異人種間の確執と暴力の発露がまんま描かれています。
toshi
2015年09月25日 18:39
『バックビート』が好き。
goldenblue
2015年09月25日 22:51
名盤さん、こんばんは。
あんまり映画は観ないのですが、音楽系のものはちょっと観たくなります。
「スイングガールズ」良かったです。
おすすめは「ザ・コミットメンツ」。青春バンド物語ですね。
あと、ありきたりですがやっぱり「ブルース・ブラザース」ですね。
2015年09月26日 15:57
ジャムさん

『8 Mile』僕も観ました。
MCバトルのところはなかなかの場面でしたよね。
エミネムの自伝的映画だったと思うのですが、全体的に暗い印象がありました。
エミネムの表現の元となるものを少し感じ取りました。
『ドゥ・ザ・ライト・シング』は当時話題になりましたよね。
確かスパイク・リー監督。
これはちゃんと観たことないんですよね。
観なきゃな~
2015年09月26日 16:00
toshiさん

『バックビート』は確かビートルズのごくごく初期の頃を描いた映画ですよね。
当時サントラが結構売れていたような記憶が。
これスルーしてしまいました。
でも観てみたいですね~
2015年09月26日 16:03
goldenblueさん

どうも、こんにちは。
『コミットメンツ』は当時すごくサントラが売れてましたよね。
映画の評判はよく聞くのですが、これまで観る機会なくきてしまいました。
良い評判ばかり聞くので、ぜひ観てみたいです。
『ブルース・ブラザーズ』観ました。
もちろん大好きです!

この記事へのトラックバック