SUMMER SONIC 2015 大阪 8月15日 VOL.2

今回は前回のVOL.1に続く、サマソニ大阪初日の続編であります。

室内を抜けカーリー・レイ・ジェプセンを観に海沿いのマウンテン・ステージへと向かう。
ここは海の横なので、風が吹いて気持ちが良い(その分音も調整が難しいと思われるが)。
しかしバテ気味の僕、太陽の光はまだまだ元気いっぱいだ。
人気の人だけに、会場もたくさんの人が押し寄せている。
また、メインのオーシャン・ステージとは違いここはスクリーンが一つしか設置されていない。
良かったけど、もうちょっと聴きたかったけど、目当てのファレルとディアンジェロに体力を残しておかなければと、泣く泣く2曲で退散。
去年より体力衰えてるのか、俺!?




というわけで、パワーを補給すべく、焼きそばとビール。
そしてオーシャン・ステージに移動し、ファレルの登場を待つ。

昨年大ヒットしたアルバム『GIRL』は好きだけど、正直1stの方が好きであり、ロック・ファン的には別プロジェクトのN・E・R・Dの曲も聴きたいところであるが、どうなんだろうか?
ゲスト参加したダフトパンクの「ゲット・ラッキー」は演るみたいだけど、セットリストが気になるところだ。
出演時間が近づくにつれ観客が増えてくる。
疲れてきたので周りの人を見習い少し腰を下ろして待つ。



 
そしていよいよファレル・ウィリアムス登場。
ファレルや他のバンドメンバーやダンサーもみんなアディダスを身に着けている。
ダンサーの衣装が可愛いと、周りの女子数人が話している。
ちなみに5人のダンサーのうち一人は日本人だった。
(ワールドワイドに活躍している日本人を観るとつい拍手を送りたくなってしまう)

ライヴは最新曲「フリーダム」で始まる。
途中シェイ・ヘイリーを交えてN・E・R・Dのナンバーも披露、個人的にはここからスイッチが入る。
そして会場全体が一気にヒートアップするのが「ゲット・ラッキー」「ハッピー」の大ヒット曲2連発。
「ハッピー」では、小さな子供が10人ほどステージに登場。
ステージで楽しくファレルと一緒に踊るという目論みなのだが、子供たちは一向に踊らない。
一歩たりとも動かない(動けない)子たちもいる。
中には泣きそうな子も。
そらそうだよね、いきなり大観衆の前に立たされて、特に好きでもない歌に合わせて踊るなんて。
外国人と接する機会もこれまでなかったかもしれないし。
でもそんな中一番端にいた男の子だけが、踊っていた。
楽しそうに。
みんな拍手喝采。
でもこういう、一人を除いてだれも踊らないという、段取りのなさ、そして踊りたい子は楽しく踊るという自由さが、サマソニを体現しててよかったんじゃないかと思う。

ちなみに↓の海外でのステージに上げられてる子たちより、大阪の子たちはもっと小さい子たちでした。




中盤にも観客がステージに上げられる曲があった。
ある曲では男子ばかり。
ある曲では女子ばかり。
どちらも20代くらいの人たちばかりだったが、女子たちは間近で観るファレルにキャーキャー言ってる。
出番が終わり、ステージ袖へと促すスタッフを無視してファレルに話しかけたり、握手したり、抱きついたり、これまたまさに気分はフリーダムである。
良いと思う。
全員がステージ袖に去った後、ファレルはちょっと苦笑い。
それにしても、「ハッピー」踊ったよ。
楽しかった。
「ハッピー」の後、ぞろぞろとステージに背を向け去っていく人たちがいた。
「ハッピー」で満足、ということなのか。

ライヴは最後オープニングで演った「フリーダム」をもう一度。
最初の時よりパワーアップされた「フリーダム」。
僕は「ハッピー」以上に盛り上がり、踊ってしまった。
「ハッピー」は楽しさ満載のダンスだったが、「フリーダム」はもっと熱い意志を感じさせるものだった。
みんなで

“フリーダム!

と叫ぶ。

かなり気分が高揚する。
ロック的なものを感じた。
別にこういうのはロックの専売特許ではないのだけれどね、もちろん。
それにしても想像していた以上に、最高のステージだった。




大満足のファレルに続いてはディアンジェロ。
マウンテンステージに移動する。
けっこう疲れてるみたいだ。
でも前の方に陣取ってディアンジェロの登場を待つ。
ZEDDにも多くの観客が行っているのだろう、密度はそれほど濃くはない。
ZEDDは僕が思ってるより人気があるみたいだ。

そしてとうとう登場。
ディアンジェロ日本降臨です。
最新アルバムで聴かせてくれたグルーヴをよりエッジの効いた感じで再現。
身体が小刻みに動く。
でも忙しい感じではない。
プリンス的であるが、少しグルーヴは違う。
ついついステージングを観てるとプリンスを思い浮かべてしまう。
両者ともその基にはジェームス・ブラウンがあるのだろう。

しかし気持ちいい。

だが後半、体が急に重くなってきた。
思った以上に疲れてる。
やはり歳?
でも去年はこんなんじゃなかった。
体調悪いのか、俺??

画像
















ライヴ終了。
良かった。
だけど、最後は最高に楽しめなかった。
体調万全でないとフェスを一日楽しめないということだ。
来年はもっと体のコンディションを整えて望まないと。
大反省である。

画像
















でも今年も楽しかったよ、サマーソニック。
ほとんどファレルとディアンジェロだけだったけど、この両者すごく良かった。

というわけで今年の夏も終わりました。
たった一日の僕の夏。
また来年です。
来年は誰が来てくれるかな!?

画像
















この記事へのコメント

ジャム
2015年08月24日 08:31
私は東京の2日目に参戦。真心ブラザーズ、ZEDD、ファレル、ディアンジェロという感じでした。
今年は見るものないなぁと思っていたのが大間違い最高でした。
るーさ
2015年08月24日 19:09
スタミナが足りない 疲労を感じ過ぎるばあいは
酵素を取るのが一番だという結論に達しました

若い時はいいんだけど中年になると体内酵素というものが減少するらしいのね
酵素は生の野菜とか果物に沢山含まれるので その辺を食べて試してみるのがいいかと
生がポイントです

2015年08月25日 00:29
>ジャムさん

良かったですよね!

WOWOWで東京のを観たのですが、花火が大阪と違ってカラフルでした。
以前は大阪もカラフルだったと思うのですが、違ったけな?
大阪来年も開催されるのか、かなり心配しています。
2015年08月25日 00:32
>るーささん

若いころと比べ野菜はかなり摂るようになりました。
気を付けているというより、野菜が好きになってきたのです。
上手くできてますね、人間の体は。
年相応に好みも変わっていくみたいです。

この記事へのトラックバック