SUMMER SONIC 2015 大阪 8月15日 VOL.1

今年も行ってきた、サマーソニック。

画像















実はけっこうギリギリまで行こうかどうか迷っていた。
一緒に行く人がいないのはよくあることだが、それ以上にストップをかけようと知る要因は、今年のラインナップ。
確かサマソニって、ロックフェスじゃなかったっけ?
これまでもサマソニは多ジャンルにわたってのラインナップをしてきたけど、例年ロックアクトはそれなりの充実度を保ってきていた。
しかし今年はあまりに…
もちろん何組かはそれなりの人たちが出演しているけど、あまりに小粒。
特に僕が行った大阪の初日は。
MEWやスクリプト、懐かしのキャスト、日本からはCHARがラインナップされてるけど、もうちょっとビッグネームとまではいわなくとも、もう一声!、と言いたいのが正直なところである。
あっ、イマジン・ドラゴンズがいた。
失礼しました。
ただ、個人的にはあまり好みじゃないんですよ。
でも彼らぐらいじゃないだろうか、ビッグとはいかないまでも、売れてる人たち・話題になる人たちは。

しかしフェスに行かないと夏は超えられない。
生活というウスノロ(by 佐野元春)がこびりついてる自分を一度リフレッシュさせるためにも、とても必要なのだ、夏フェスは。
というわけで、やっぱり行くことにした。
ディアンジェロ観たいし、「HAPPY」(ファレル)で踊りたいしね、やっぱり。
楽しいはずである、野外で「HAPPY」は。
そう信じ込ませて、チケット購入。
いざ灼熱の舞洲へ!




そしてやってきた舞洲、暑い。
しかし風はあるし、湿度も特別高いということはないので、思っていたよりは過ごしやすいかも。
今年は去年までとはステージの位置が変わっていたりするので、まずは会場内を一回りする。
ペインティングなどによる装飾が増えていることに気づいた。

画像
















飲食店の数や、その他の出展ブースなど去年までよりスケールダウンを感じさせる今年だけに、こういうところで補おうとしているのだと思う。
チケットも売切れなかったみたいだし、サマソニ、少なくとも大阪は苦しいんだろうな、ということを感じる。
苦しいんだろうな、と思えるのはずっと以前からなので、運営には色々文句を言いたいところがたくさんあるけど、大阪で開催してくれるだけで感謝!、という気持ちは正直強い。
なんとか来年も大阪で開催されることを切に願っている。

一回りした後、自分で作ってきたおにぎりをパクつき軽く腹ごしらえ。
暑さに備える。
そしてまずはフラワーステージに元KARAのメンバーが出るようなので、美しいであろう脚を観に行ってみた。
しかし思ったほどの脚ではなかった。。
なので早々にステージに背を向け、メインステージである、オーシャンステージでNICO&VINZを観る。
これが意外に良く、楽しくダンスしてしまった。




会場内はけっこうな盛り上がりになっていた。
この後、その日一杯目となるビール。
一杯600円はいいけど、量が少ないので、もう少し量の多いヴァージョンも用意してほしい。
暑いから一瞬で飲み干してしまう。
これは本当にお願いしたいっ!

それから、マジック(手品ではない)を少し観てから、フラワーステージでブリリアント・グリーン。
初めて観るが、ヴォーカルの人思ったより細くない。
以前から好きなグループなのだが、ライヴ・パフォーマンスは特に取り上げるほどのものは感じなかった。
でも歌メロはやはりいい。
しかしここで暑さが辛くなってきた。

えっ!?


迷ったがまだ先は長いということで、もっと観たかったけれどインドアのソニック・ステージに逃げる。

久々にちょっと耳にして、またじっくり聴きたくなったよ、ブリリアント・グリーン。





the brilliant green complete single collection’97-’08the brilliant green complete single collection’97-’08
the brilliant green

DefSTAR RECORDS 2008-02-19
売り上げランキング : 14998

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


インドアのソニック・ステージにたどり着く。
エアコンが効いている。
しんどかったのでアリーナの端っこに座り込んで、キャストを観る。
90年代に発表された1stが好きだったので、ちょっと楽しみ。
だったのだが、座り込むと一気に疲れが。
暑さにやられてたのかもしれない。

寝てしまった。。


そしてそのままCharを観る。
やけに入念にサウンドチェックが行われた後、いよいよChar登場。
そして音が出る、これぞプロの音!
そう感じずにはいられない、そんなサウンド。
サポートギターには佐橋佳幸。
Charと佐橋って、
なんて超豪華ラインナップ。
キーボードにはKYON。
ドラムは古田たかし。
佐橋・KYON・古田たかしって、まるで佐野元春のバンドみたいだ。
ベースは、誰だったっけ...
すいません。。
選曲も含めリラックスした感じのライヴだった。
最後には、亡くなった盟友石田長生の「happiness」をカバー。
会場みんなで“石田長生にハッピネス”と歌う。
ちょっと感動的だった。
それにしても、やっぱりだけどCharのギター上手い。
音が違うわ。
「smoky」聴きたかったな~


そしてソニックステージを出て、太陽の下カーリー・レイ・ジェプセンのステージへと向かう。
まだまだ暑い。

画像
















夏の太陽の下、レモネードが美味しい。


盛り上がりの後半戦は、次回VOL.2へと続きます。
引き続き、よろしくお願いします。


この記事へのコメント

toshi
2015年08月16日 18:21
WOWOWで観ます。
臨場感はないけれど……。
2015年08月16日 19:46
名盤!さん こんばんは!

Charは盟友石田長生を失って 悲しいけれど 踏ん張っている感じが伝わりました。
ラスト野外フェスで Charを見て「smoky」をみたのはラッキーでした。
もう そんな元気ないからね~~
ザ・フェイセスは なんとかいきたいよ!
2015年08月16日 22:40
>toshiさん

今日WOWOWちょっと観ました。
ホラン千秋の若々しくハッキリとした話し方が好きです。
ラブリもかわいい。
ぜひ来年は現地で!
やはり現場はいいですよ。
2015年08月16日 22:42
>ひるのまりさん

どうも、こんばんは。
Charにはまだまだ頑張ってもらいたいです。
フェイセス日本でもライヴやってほしいですね。

この記事へのトラックバック