名盤!

アクセスカウンタ

デアゴスティーニ

zoom RSS アメリカン・スナイパー

<<   作成日時 : 2015/02/22 17:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 17 / コメント 4

映画『アメリカン・スナイパー』を観た。
劇場で映画を見たのは久々だ。
監督は僕がとても好きなクリント・イーストウッド。
主演はブラッドリー・クーパー。
この映画は、アメリカ海軍特殊部隊ネイビー・シーズルに所属した伝説的なスナイパー(狙撃手)クリス・カイルの伝記を基にした作品。
伝記の映画化権を獲得したのはブラッドリー・クーパー。
ブラッドリー・クーパーといえば、僕の中では『ハング・オーバー』の印象が強いけど、結構いろんないい作品(世界に一つのプレイブック、アメリカン・ハッスル、バレンタインデー等)に出演している。
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』での、アライグマになってしまったロケットの声も彼らしい(この映画面白いです)。
知らなかった。




実に久しぶりの劇場鑑賞、それも封切り日に、という行動に出た要因は大好きなクリント・イーストウッド監督作だということと前評判の良さ、
れに加え数か月前に観たこの予告編だった。




英語は分からないけど、僕の心は激しく訴求された。


主人公クリス・カイルはテロ事件をきっかけに海軍に志願、その才能を活かしスナイパー(狙撃手)として大きな成果をあげ、”伝説”と称される。
その狙撃の腕は、テロリスト側が彼の首に賞金を懸けるほどであった。
カイルは除隊までに4度のイラクへの出兵を繰り返すが、本国に帰っても妻や子供たちとの暮らしの中で平穏を感じることができなかった。
TPSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)が彼を蝕んでいたのだ。
最初の派兵後から彼はTPSDに悩まされる。
シエナ・ミラー演じるカイルの妻は、彼の異変に戦地へ赴くことを思いとどませようとするが、愛国心や仲間たちへの想い、そしてTPSDからの解放のためその後も戦地へと向かう。

全てを物語るように、映画は最後、無音のエンドロールで幕を閉じる。


アメリカ本国では超特大ヒットなっているこの作品。
アカデミー賞でも受賞有力候補の一つとなっている(6部門でノミネート)。
またこの映画は、
160人もの人を殺害したスナイパーをヒーローのように扱っていたり、イラク戦争を正当化する作品と非難するいわゆる左寄りといわれる人たちと、愛国的で戦争を支持する作品であり、クリス・カイルやこの映画を批判する人は非国民だ!的な発言をするいわゆる右寄りな人たちとの間に大きな論争を呼んでいる。
どちらの観方も僕には理解ができない。

この映画を愛国的で戦争を支持する映画だという人が大勢いるというのを知って、80年代ブルース・スプリングスティーンの「ボーン・イン・ザ・USA」を愛国的で戦争に肯定的な歌ととらえた当時のレーガン大統領候補が再選キャンペーンにこの曲を用いようとしたことを思い出した。
ベトナム帰還兵の苦悩を表現したこの歌は、戦争批判であり政府批判であるのは明らかなのに、と僕は理解に苦しんだが、その時と全く同じである。




ボーン・イン・ザ・U.S.A.ボーン・イン・ザ・U.S.A.
ブルース・スプリングスティーン

ソニー・ミュージックレコーズ 1995-11-22
売り上げランキング : 96656

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



『アメリカン・スナイパー』を観て、帰還兵の苦悩や、戦争の恐ろしさを第一に感じられないって...。。
何を観てどう感じるか、それは人それぞれ自由である。
当たり前のことだけど。


戦場のシーンはとても切迫感があった。
ブラッドリー・クーパーの演技はリアルに感じた。
相変わらずクリント・イーストウッドの描き方は素晴らしい。
とてもいい映画だと思う。
ただ、観た後僕は少し重い気分になった。
でも多くの人に観てほしい映画だと思う。

最近の予告編(字幕あり)




ちなみにクリント・イーストウッドは共和党支持者であるが、イラク戦争には反対であると言われている。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『アメリカン・スナイパー』 2015年2月10日 TOHOシネマズ市川
『アメリカン・スナイパー』 を試写会で鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活(適当なコメントですが、...
2015/02/22 18:00
映画「アメリカン・スナイパー」@一ツ橋ホール
 今回、私は「OK Wave」さんにご招待された。試写会の客入りは8〜9割位。客年齢は高めで男性客が多い。 ...続きを見る
新・辛口映画館
2015/02/22 18:02
アメリカン・スナイパー
アメリカン・スナイパー@イイノホール ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2015/02/22 18:46
肝に銘じなければならない。『アメリカン・スナイパー 』
アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれたクリス・カイルの自叙伝を実写化した作品です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2015/02/22 22:00
『アメリカン・スナイパー』 〜届け!老番犬の無音の遠吠え〜
2014年/アメリカ/132分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ブラッドリー・クーパー    シエナ・ミラー ...続きを見る
偏愛映画自由帳
2015/02/23 21:47
映画:アメリカン・スナイパー American Sniper 今年のベスト10に確実に絡む 力作・...
流石、イーストウッド。 2時間12分が、あっという間に過ぎてしまう... ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2015/02/24 18:33
『アメリカン・スナイパー』 それは違うよ、モハメッド
 【ネタバレ注意】 ...続きを見る
映画のブログ
2015/02/25 21:01
映画「アメリカン・スナイパー」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『アメリカン・スナイパー』 (公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は余裕の ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2015/02/26 11:34
「アメリカン・スナイパー」☆鎮魂
もう戦争映画も出尽くしたと思っていた。 ここまで完璧な映画が、まさかこのタイミングで現れるとは・・・・ ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2015/02/26 23:48
アメリカン・スナイパー
[アメリカン・スナイパー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:大吉 2015年6本目です。 【あらすじ】 テキサス出身のカウボーイ、クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、1998年にアフリカで起こったアメリカ大使館爆破事件をきっ… ...続きを見る
必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・...
2015/03/03 05:17
映画「アメリカン・スナイパー 」ラストの砂嵐に何もかも持って行かれた
映画「アメリカン・スナイパー 」★★★★☆ ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラージェイク・マクドーマン、 ルーク・グライムス、ナヴィド・ネガーバン、キーア・オドネル出演 ...続きを見る
soramove
2015/03/08 20:23
アメリカン・スナイパー
 『アメリカン・スナイパー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2015/03/10 06:43
米軍試乗最多、160人を射殺した、ひとりの優しい父親。「アメリカン・スナイパー」
...続きを見る
Addict allcinema おすす...
2015/03/11 20:02
[映画][☆☆☆☆★]「アメリカン・スナイパー」感想
 イラク戦争に4度従軍、160人以上を射殺した伝説の狙撃手クリス・カイルの自伝を、「許されざる者」のクリント・イーストウッド監督、「世界にひとつのプレイブック」のブラッドリー・クーパー主演で映画化。 「ジャージー・ボーイズ」から約半年、またしても名匠がや ...続きを見る
流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
2015/03/13 19:39
イラクの英雄、その真実、
6日のことですが、映画「アメリカン・スナイパー」を鑑賞しました。 ...続きを見る
笑う社会人の生活
2015/04/29 06:32
アメリカン・スナイパー (American Sniper)
監督 クリント・イーストウッド 主演 ブラッドリー・クーパー 2014年 アメリカ映画 133分 ドラマ 採点★★★★ 戦争映画なんか観てると、大抵の戦闘シーンは目視できる敵兵に対し射撃し、撃った弾が当たって死ぬまでをもその目で見てますよねぇ。まさに“殺し合い… ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2015/09/16 19:45
「アメリカン・スナイパー」
平和ボケ結構。どこに問題があるかわからない。戦いを知らない世代がほとんどを占める現代の日本。どんな宝石よりも光を放っている。観終わった感想の一つはこれだ。クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)はやんちゃな男兄弟の長男で、テキサスの田舎で育った。厳格な父親から「人間には3種類ある。羊、狼、番犬だ。」と教えられ、番犬となって生きる事を銘としてきた。成長して青年になってから、弟と共にカウボーイとしてロデオの名手となるが、その後、アメリカ軍のネイビー・シールズに所属する。凄腕のスナイパー。伝説の狙撃手... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/01/17 21:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「アメリカン、スナイパー」絶対観ます。昔から感じていたことですか、戦争映画として、命を奪われる悲劇はたくさん描かれてきたけれど、命を奪う悲劇が軽んじられてきたように思っています。ですから狙撃兵を描いた本作にはとても興味があります。
toshi
2015/02/22 22:02
>toshiさん

戦争を欠かさないアメリカなので、戦争映画がたくさんあります。
素晴らしい作品もたくさんあります。
それでもアメリカは戦争を続けるんです。
なんか不思議に思えるけど、同じ映画でも観方って人によって180度違ったりするんですよね。
これいい映画だと思います。
ぜひまた感想など教えてください。
名盤!
2015/02/23 00:20
「アメリカン・スナイパー」観ました。
狙撃兵が主人公だから「静の戦争映画」だと思っていたら大間違い。戦闘シーンに迫力があってとても怖かった。主人公の父親が言っていた「番犬」はアメリカのことなのかなと考えてしまった。このまま戦争を続けていったらアメリカも病んでしまうということでしょうか。音響効果が迫力満点のイイ映画だと思います。☆☆☆☆★
toshi
2015/03/01 18:51
>toshiさん

戦闘シーンの迫力かなりのものでしたよね。
劇場ならではだと思うので、観に行って良かったと思っています。
また、番犬的思想がアメリカ人には多くあるのではないかなと思ったりはします。
名盤!
2015/03/01 20:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アメリカン・スナイパー 名盤!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる