SUMMER SONIC 2014 大阪 8月17日 Vol.2

前回に続き、今回も先月行ってきたサマーソニック大阪2日目のレポート。

時間は夕方4時を過ぎ、少し太陽も傾いてきた。
登場するは、スーパーフライ。
この日ラインナップされているアクトの中では、日本国内のセールスでいうとNo.1の彼女(知名度ではTOKIOに負けるが)。
好きな曲が何曲もあるので僕は結構楽しみにしていた。
流石にネームバリューがあるので、洋楽メインのこのフェスでも人気は高く、観衆がたくさん集まってくる。

画像















楽しみにしていた「愛をこめて花束を」も「タマシイレボリューション」も演ってくれた。
動き回って観客を盛り上げようとし、声も力強く、好感がもてるステージだった。
ただ、この後に出てくるアーティストも含め、海外アーティストとのサウンド面での差を痛感するライヴでもあった。
サウンドが弱い!
何故なんだろう?
海外アーティストと比べ、日本のアーティストのライヴは、その多くでサウンドの弱さを感じる。
エンジニアの問題なのだろうか??
長年の疑問である。
ミュージシャンのテクニックの差ではないと思うのだが。

にしても、名曲だなぁ





まだまだ夏を感じさせる暑さは続くが、サマソニもいよいよクライマックスな時間帯へと。

さて、この日のサマソニ大阪は次の時間帯のタイムテーブルがなかなか凄い。

画像
















同時間帯に、ロバート・プラント、メガデス、トゥエンティ・ワン・パイロッツ、TOKIOと並ぶラインナップ。
ロバート・プラントはツェッペリンナンバーを何曲か演るということで僕は楽しみにしていた。
メガデスはメタル界の重鎮。
トゥエンティ・ワン・パイロッツは、よく知らないのだが、前日の東京サマソニでのライヴの評判がネット上ですこぶる良い人たち。絶賛の嵐なのだ!
そしてご存知TOKIO。

画像
















TOKIO目当ての人はもちろんの事、この日のサマソニには韓流アーティストも何組か出演していたのでその流れのお客さんや、「やっぱり見てみたいよね、TOKIO」という人も多かったようで、小さな会場はすでに超満員。入場規制になったんだろうな、多分。

画像















で僕はというと、当初ロバート・プラントの予定だったが、前日のライヴの評判があまりに良かったので、トゥエンティ・ワン・パイロッツを観に行くことにし、舞洲アリーナへGO!
同じような判断の人が多いのか、実は人気があるのか、よく分からないが、会場内はまずまずの人の入り。
期待して登場を待つ。
そして登場。
のっけからアッパーな曲連発。
盛り上がる。

画像















キャッチーな曲とサービス精神旺盛なパフォーマンスが続く。
楽しい!





ヴォーカル&キーボードの人はやたらとキーボードの上に立って歌う。
そして照明を組んでるセットをひたすら登り始める。
場内大歓声。


画像















一番テッペンまで登っちゃったよ!

ドラムの人も一度だけキーボードの上に立つ。
そしていきなりバック宙!
音楽とは全然関係ないことだけど、みんな盛り上がる。
フェスで一番大事なのは楽しいこと。
楽しい!!

画像
















この日もっとも楽しかったライヴだった。
僕は、生まれて初めてライヴでジャンプしてしまった。
40歳後半になって、ライヴでジャンプして盛り上がるとは思わなかった。





ライヴを終え外に出ると、夏の夕方の美しい空。

画像















とりあえずロバート・プラントに急ぐ。
やっぱり少しは観たい。
結局最後の2曲だけ観れた。
ツェッペリンの「胸いっぱいの愛」はやはり良かった!
あのリフは最強だ。
再結成ライヴ本当にしないのだろうか?

そしていよいよトリのアークティック・モンキーズの登場。

画像
















CDで聴かせてくれた強力なグルーヴが再現される。
しかしパフォーマンスが地味なことと、疲れがたまってきた僕は途中から後ずさりし座ってのんびり楽しむ。
足腰疲れた。。

画像















そして終わっちまった今年もサマソニが。

これで僕の今年の夏も終わり。
また来年。
来年はどんなアクトが観られるかな?
久しぶりに来年はFUJIも行きたいなぁ。
去年も同じこと思ったよな。

楽しかったです、今年も。
単独公演とは違い、のんびりと楽しめるところがフェスの魅力。
年々身体にはきつくなるけど、来年も楽しみたいな。



レッド・ツェッペリンIV<2014リマスター/デラックス・エディション></a></td><td valign=レッド・ツェッペリンIV<2014リマスター/デラックス・エディション>
レッド・ツェッペリン

ワーナーミュージック・ジャパン 2014-10-29
売り上げランキング : 856

Amazonで詳しく見る
by G-Tools







この記事へのコメント

2014年09月07日 17:37
スーパーフライは 私も好きですよ♪
彼女のヴォーカルは 70年代のロックを感じさせます!
ロバート・プラントも見てみたいけど あの高音がもう出なくなっているんでしょうね~
ライヴならではの 体が勝ってに動く感覚 大切ですよ~
ドゥービー・ブラザーズとジェフ・ベックをライヴで見たのが最後です
2014年09月07日 23:37
>ひるのまりさん

ライヴぜひどんどん行ってください。
やっぱり音楽は生がいいです。
ロバート・プラント高い声は出なくなってるかもしれませんが、さほど気にならなかったですよ。
ジャム
2014年09月15日 07:47
やっぱりフェスはいいですね。会場に向かう途中のワクワク感判ります。^^
音が漏れてきた日には走り出したくなりますよね。
私は今回はヒップホップよりのプログラムでアクモンはパスでしたが十二分に楽しめました。
別の日のクラフトワークとピクシーズも見たかったのですが、FUJIのアーケイドファイアも見たかったなあ。
来年が今から楽しみです。
2014年09月15日 14:30
>ジャムさん

TOKYOはヒップホップ勢が多く出演してたみたいですね。
大阪はステージ数が少ないのでいつも残念な思いです。
来年のラインナップ早くも楽しみ、さて誰が出るかな?

この記事へのトラックバック