SUMMER SONIC 2014 大阪 8月17日 Vol.1

行ってきた、今年もサマソニ。
参加したのは大阪2日目の8月17日(日)。
前日が雨の開催となり、当日も天気が心配だったけど(金曜日の天気予報では曇りのち雨となっていた)、朝起きればすっかり晴れていた。
雲は多かったが、一日中晴れた暑い夏の日となった。

画像
















例年と同じくコスモスクエア駅からシャトルバスに乗って会場に着いた。
バスから降りリストバンド交換所に向かう。
僕の気分はとても解放されている。
一年で最も、
というより唯一心が解放される一日だ。
リストバンドを緩めに装着し(緩いのが好きなんです)、ステージへと向かう。
今年はソールドアウトにならなかったので、場内それほどの混雑はない。
もちろんまだ昼前なので、これからどんどん人は増えてくるんだろうけど、去年のような混雑にはならなさそうだ。
まずはメインステージであるオーシャンステージ。
トップバッターのレインウルフがすでにライヴを行っている。
前日にWOWOWでTV中継されていた東京1日目のライヴ映像を観て興味を持ったのだが、その際の想像通りグルーヴのあるブルース色のオーソドックスなロックを聴かせてくれる。
観客は少なかったが、サービス精神旺盛なパフォーマンスに、僕たち観客はなかなかの盛り上がり。
フェスの一発目としてはかなり当たり!なステージだった。
アルバムを聴いてみたいとも思った。




続いては同じオーシャンステージでヴィンテージ・トラブルを観る予定だが、登場までの間場内をブラブラ。
もちろん夏フェスのお供であるビール、本日の一杯目を飲みながら。
バドワイザーのブースでビールを買ったのだが、ブース前は地面がぬかるんでて歩きにくい。
昨日の雨の跡がまだ至る所に残っていた。

画像
















クレーンに乗って上空からの放水 iPhoneが濡れる。。

画像

















ヴィンテージ・トラブルを観る。
想像してたよりはソウル・ショーぽい感じだった。
思っていたのと違うのもあり、室内のソニック・ステージへ移動し、テレグラムを観る。
エアコンが効いているので涼しい。
そしてそのままスカイ・フェレイラを待つ。
ステージではサウンドチェック中。
なんとスカイ・フェレイラ本人も出てきてマイク・チェック! 

画像
















良く出来たポップアルバムとなったデビュー作だが、そのタイトルから日本盤には収録されなかった(もちろん輸入盤には入ってます)「OMANKO」もしっかりと歌った。




Night Time My TimeNight Time My Time
Sky Ferreira

Capitol 2014-01-28
売り上げランキング : 1093

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


話題の人だが、思ったより場内の観客は少ない。
BABYMETALと少し時間が被ってるからか?

かくいう僕もスカイ・フェレイラを途中で抜け出し、BABYMETALへ。
だって観てみたいやん、BABYMETAL。


画像















というわけでやってきたスカイステージでのBABYMETAL。
なかなかの盛況ぶり。



クールJAPAN!?


暑くなってきたんで、BABYMETALは途中で切り上げ、冷たいものを。

画像

















タイ料理店のブースで買ったマンゴーかき氷。
冷たく甘い夏のスウイーツが心地よい。

そして聴こえてきたTHE1975。
これよりオーシャンステージに移動する。
UK期待の新人THE1975を観るために。

画像















グルーヴのある演奏が心地よい。
途中ヴォーカリストが、WLELCOME TO JAPAN と書かれたハンドメイドTシャツを持つ女性ファンを見つけ、そのTシャツをよこせとばかりのゼスチャー。
Tシャツを受け取るや、ステージ上で生着替え。
そのまま演奏を続ける。
Tシャツを手渡した女性ファンが歓喜する様子がスクリーンに大写しされる。
そら嬉しいよな!




1975: Deluxe Edition1975: Deluxe Edition
1975

Polydor UK 2013-09-02
売り上げランキング : 1244

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




THE1975に続きスーパーフライを観る予定。
しかしここで少し休憩。
バテてきたか!?

大好きな「愛をこめて花束を」と「タマシイレボリューション」は演ってくれるかな??





Vol.2に続く...。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック