2014FIFAワールドカップ BEAUTIFUL GIRLS

もう先月の話になりますが、サッカーのワールドカップ・ブラジル大会が終わりました。
日本代表は、とても残念な結果となりました。
大会前や大会中の彼らの発言には、かなり批判的な声が多かったように思います。
僕もどちらかと言えば批判的です。
彼らの発言というか、考えに対する僕の批判としては、
パスサッカー=攻撃的サッカーではないということ、
ボールポゼッションを高める=攻撃的サッカーではないということ、
です。
ボールポゼッションを高めても、横や後ろにパスを繋いでるだけでは、当然攻撃的ではない。
ボールを自分たちが持っていると相手は攻撃できないので、守備的戦術としてはいいかもしれないが。
高い位置から相手のボールを奪いに行き、そこから早く美しいカウンター、なんてサッカーがいいと思う。
簡単にいうと、ドイツのドルトムントのような。
ドルトムントで輝きを放っていた香川もいることだし。
ブラジル大会では、堅い守備からカウンター、というチームが活躍したからっとそう言ってるわけではない。
日本代表はバルセロナみたいなチームを目指したかったのかもしれないが、
バルセロナには、ロナウジーニョやメッシという存在がいた。
ただ単にパスを回しているだけではなく、一点突破できる武器(それも世界有数の超強力な)を有している。
イニエスタの存在も大きい。
戦力だけでも大きな差があるのに、それは無理だろうとずっと思っていた。
逆にドルトムントのようなスタイルの方が、日本向きだと。

日本代表には次のロシア大会に期待しよう。
応援してます!




それにしてもブラジル大会は実に面白かった。
逆転劇や終了間際の得点、ジャイアントキリングなどかなりハラハラドキドキ楽しめた。
たしかに守備的な戦術が目立ったので、打ち合いの快感のようなものはあまりなかったけど、緊迫感のある試合を多く観ることが出来た。
楽しい1か月が終わったのがとても寂しい。

今後FIFAに考えてもらいたいのは、気候。
2022年のカタール大会も酷暑の問題があり、開催時期を冬にずらす意向のようだが、まだ決定はされていない。
開催地決定に関する不正の噂もあり、開催地変更の可能性さえあるようだ。
もしそうなれば是非日本での開催にこぎ着けてもらいたいところである。
オリンピックより、ワールドカップだろう!?
だって、のような女性たちが世界中からやって来るんだよ!




というわけで、寝不足以外は楽しく過ごせたワールドカップ期間、ほんと終わったのが寂しく悲しいであります。
また、メッシが主役になれなかったのが、唯一の大きな不満でした。

さぁ、もうすぐ新しいシーズンも開幕。
今はそっちが楽しみだ。
我がマドリーには、ハメス・ロドリゲスやトニ・クロースが新加入したのだが、どういうフォーメーションにするつもりなのかアンチェロッティは?
そしてディマリアはやはり放出なのか??
大好きな選手だし、昨シーズン彼の活躍なしではCL制覇はなかったはずなのに。
残念だけど、移籍となりそうだ。
で噛みつきがワールドカップでも話題になっていたスアレス加入のバルサだが、メッシ、ネイマールに加えスアレスって、どうなのだろう、うまくフィットするのだろうか???
それから香川。
移籍した方がいいと思うんだけどな~
本田はどうだろう体調が心配である。

いや~、楽しみ。

サッカーは本当に楽しいなー




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ジャム
2014年08月08日 22:34
日本代表はチリみたいなスタイルが向いているのではないでしょうか。そこいくと次のメキシコの監督は良いのではないかと思います。日本人は背は低いし足も速くないからカウンター攻撃は向いてないというより見た覚えがない。
香川も本田も試合に出ていなくて勘が戻る前に大会が終わったような気がします。名門チームに入団するのもいいですけど、試合に出れないのは痛いですね。
2014年08月09日 22:05
>ジャムさん

カウンターが観た覚えがないのは、ただ指向してこなかっただけのことだと思います。
香川は移籍してほしいな。
本田は、とりあえず体調整えて頑張ってほしいです。

この記事へのトラックバック