ライヴでのマナー ~ユーミンのコンサートで客同士のトラブル

以前からグラストンベリーでの観客が持ち込む大きな旗が気になっていた。
だって、後ろの人見えにくいじゃないか!!

画像












あと外国のライヴでよく見る光景として、女性が肩車されているやつ。
あれ後ろの人最悪だと思うんだが、向こうの人たちは気にならないのだろうか??
他にもボードやフラッグを掲げて盛り上がったりしている光景がYOUTUBEで海外のライヴ映像を観てると目につく。
日本ならあれダメだろ、と思うし。
ダメじゃなくなったら嫌だなと思う。
海外の人とは楽しみ方がきっと違うんだろうな。



向こうの人たちはみんな楽しそうだ。
アーティストの姿を見ることはそんなに重要じゃないのかもしれない。
だから数万人から数十万人のライヴなんてのがいっぱい行われるのだ。
僕は出来るだけ小さい会場で観たいと思うのだけど。




なんてことを考えてた矢先、ネット上のニュースで、ユーミンのライヴで前のお客さんが立ち上がったことに腹を立てた後ろにいた別のお客さんが立ち上がったお客さんの頭をはたいたという記事が。
                     
http://news.livedoor.com/article/detail/8676818/


立つぐらいいんじゃないかと思うけど、まぁ状況が分からないのでひとくくりにしては言えない。
でも頭はたくのはなしだろうと思う。
ストーンズやスプリングスティーンならライヴに来る人のほとんどが踊って楽しみたいという人だと思うけど、ユーミンだとそうではないだろうし、難しいところではあるが。
スタンディング席と着席のところと分けるというのはアリだと思うし、そういう会場もあるが、ずっと座ってるのや、ずっと立っているのは嫌という場合もある。
僕はその立場だ。
ずっと座ってるとつまんない、だが2時間立ちっぱなしというのはもうしんどい歳になってきた。
曲によってはゆっくり座って聴きたいものであるのは事実。
しかしその感覚は人によって違う。
体調も人によって違うし、これって実はとても難しい問題なんだよな~
良い解決策が浮かばない。
ここは日本人が得意な、空気を読む、という技で対応するしかないんだろうなと思う。
でも魂の解放がしたくてライヴに行ってるのに、その会場でも空気を読むのか・・・・
まぁでも仕方ないわな、最低限は。
ほんとに何でもアリ、みんなが自由奔放に楽しめばいい、となったら逆に楽しめない人が増えるだろうし。

僕がライヴを観に行きだした80年代初頭は、座って観るから立ち上がって観る、へとの移行期だったと思う。
なのでライヴによっては最初から総立ちであり、ライヴによっては立ち上がりにくい雰囲気がぷんぷんしていたりした。
そしてあの頃は立ち上がっても踊るという感じではなく、基本は手拍子、みたいな。
今では踊ってる人がずいぶん多くなっているけど、それでも手拍子しながら一緒に口ずさむといった人は多分に見られる。
もちろん音楽によって楽しみ方は違うし、みんなと同じ楽しみ方をしなければならないわけでもない。
でも手拍子って僕は昔からなんか苦手。
また、最近ではロック系やダンス系などだとスタンディング形式の座席のないライヴというのが増えてきたこともあり、一部の人たちにとっては、ライヴというのは立って参加するものだという感覚があると思う。
若い人たちだと特にその色は強くなっているのではないか。
夏フェスのように前で立って観る人たちと、後ろでのんびり座って、または横になって観る人、という風に上手い具合に自然と別れて楽しめるのが良いと思うが、通常のホールだとそういうわけにもいかない。
でもこれもだんだんとルールが出来てくるんだろうなと思う。
今がまた過渡期なのだろう。

僕の場合、立ちたいんだけど、周りが座ってるから立てない、というライヴに矢野顕子のライヴがある。
彼女のライヴって、わりと静かに鑑賞する、なんか妙に高尚な雰囲気が会場を覆っていたりする。
しかし、彼女のファンの人なら分かってくれる人も多いと思うが、矢野顕子の音楽は非常にグルーヴィーなのである。
ライヴ終盤やアンコールで多くのお客さんが立ち上がるようになるのだが、そのタイミングが、もうちょっと早くていいんではと僕はいつも思うのである。
つまり、みんなが自由に楽しめるのが理想だけど、それは現実的には無理だという事。
そこは諦めるしかないのかな、と思っている。
少しは、ってことだけど。




とにもかくにも、チケット取ることから始まって、色々と面倒くさいライヴ観戦ではあるが、それでも最高の喜びを味あわせてくれたりもする。
そんなライヴに、これからもどんどん足を運びたいし、音楽を聴くのは好きだけど、実際のライヴにはほとんど行かない、または全く行ったことがない、という人もガンガン道連れにしたいなと思っている。

やっぱ音楽はライヴでしょう!!




飛ばしていくよ飛ばしていくよ
矢野顕子

ビクターエンタテインメント 2014-03-25
売り上げランキング : 110

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

toshi
2014年04月02日 20:22
80年代、浜田省吾はライブで「ここは座って聴いてくれ」と言って観客を座らせていたのを憶えています。立つタイミングを計るのが苦手で、R.E.M.の武道館では最初から最後まで座っていました。立ちたかったんだけれど。
2014年04月02日 23:57
>toshiさん

周りがみんな立ってないと、立つタイミング難しいですよね。

R.E.M.ライヴに行ったことがうらやましい。
一度も観ることなく解散されてしまいました。

この記事へのトラックバック