80年代映画ベスト10 (1位~5位)

ストーンズついに来日しましたね。
僕は最終日に観に行く予定なので、日に日にワクワクドキドキが増しています。
どんなセットリストなのかも気になるところ。
最終日ならではのスペシャルな曲が聴ければ面白いのですが。
せっかくなんだし、ミック・テイラーがもっと登場してほしいと思ってるんだけどな。




さて今日は、前回の80年代映画ベスト10(6位~10位)に続いて、今回はいよいよベスト5を発表したいと思います。

ではでは、

もういきなり、



第1位


グラン・ブルー/グレート・ブルー完全版

オリジナル版は88年のフランス・イタリア合作映画。
監督はリュック・ベッソン。
これはオリジナルより36分長い、上映時間132分のノーカット・ロングバージョン。
この映画はいくつかのバージョンがあるけど、僕はこのノーカット版が一番好き。



ジャックは言う

「海底はつらい」
「上がってくる理由が見つからないからだ」

このシーンに思わず泣けてしまう。

彼にとって地上は生きにくく、そこに自分の居場所を見つけることが出来ない。
そして海の中にいる時こそが解放された自分を感じることができてしまう。
彼にとっての居場所、そこは地上ではなく海の中なのか?
自分のいるべき場所、自分のいる場所。
これは美しい海を感じる映画ではなく、自分の居場所を追い求める人たちの物語である。
少なくとも僕にはそう思える。
たまらなく大好きな映画。

これビデオ(VHS)は持ってるんだが、DVDでは持ってない。
この際だからブルーレイで買おうとずっと思ってるんだけど、何故かいまだ買いそびれている。。

グラン・ブルー 完全版 -デジタル・レストア・バージョン- Blu-rayグラン・ブルー 完全版 -デジタル・レストア・バージョン- Blu-ray
エリック・セラ

角川映画 2010-09-24
売り上げランキング : 3131

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




第2位

レイダース/失われたアーク《聖櫃》

81年アメリカ映画。
制作総指揮:ジョージ・ルーカス、ハワード・G・カザンジャン。
監督:スティーヴン・スピルバーグ。
主演:ハリソン・フォード。
みなさんご存知の世界的大ヒットシリーズの第1作。
こういう冒険活劇が楽しくて好き!!



難しいことは考えずリラックスして観たい冒険活劇の傑作。
突っ込みどころはいくつかあるが、そこはよしとして観るのが正解。
でも宮崎駿も以前雑誌Cutのインタビューで指摘していたように、インディがどうやって潜水艦の中に入ったか、という場面は欲しい。
どうやって入った?
入れないだろう、いくらなんでも!
そこがあれば1位だったのになぁ。

インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》 [Blu-ray]インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》 [Blu-ray]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2013-12-20
売り上げランキング : 9666

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





第3位

天空の城ラピュタ

86年日本映画。
監督:宮崎駿。
スタジオ・ジブリ制作。



ナウシカではなく、実はこれがジブリの第一弾作品。
スタジオ・ジブリはナウシカ後に設立されている。
アニメ監督では世界のトップランナーともいえる宮崎作品は、これ以外にも3作(風の谷のナウシカ・となりのトトロ・魔女の宅急便)が80年代に公開されている。
その中でもこの作品がとりわけ好きだ。
僕の中での勝手な基準なんだけど、実に映画らしい映画。
そうはいっても本当は『風の谷のナウシカ』や『となりのトトロ』もランキングに入れたいところ。
しかし、同じ監督で3作品がベスト10にあるというのも面白くないので、あえて宮崎アニメからは1作だけにした。
ちなみにナウシカもラピュタもトトロも公開時の興行成績はそれほど大きなものではなく、公開後のテレビ放映などで人気を増やし続けた作品。

天空の城ラピュタ [Blu-ray]天空の城ラピュタ [Blu-ray]

スタジオジブリ 2010-12-22
売り上げランキング : 855

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




第4位

愛と青春の旅立ち

82年アメリカ映画。
主演:リチャード・ギア。
第55回アカデミー賞で鬼軍曹を演じたルイス・ゴセット・ジュニアが助演男優賞を受賞。
またジョー・コッカーとジェニファー・ジョーンズによる主題歌「愛と青春の旅立ち」も歌曲賞を受賞している。



リチャード・ギア演じるザックは海軍士官養成学校でパイロットを目指す。
鬼教官であるフォーリー軍曹による厳しい課程。
途中ザックは軍曹から
辞めろ!
と言われるが、
ザックは、
辞めない、行くところがないんだ!!
と言う。
人生を感じる。
そして過酷な課程をこなし色んなことがあったものの卒業へとたどり着くザック。
卒業とともにザックは軍曹より上の位になってしまう。
ここにも人生を感じる。
軍曹は新たな新入生とともにこのことを繰り返す。
80年代的名作だと思う。
確か当時日本でも大ヒットしていたような(あまり記憶が定かじゃないが)。

愛と青春の旅だち [Blu-ray]愛と青春の旅だち [Blu-ray]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2013-06-21
売り上げランキング : 11278

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




第5位

ET

82年アメリカ映画。
監督:スティーヴン・スピルバーグ。
80年代を代表する世界的メガヒット・ムービー。
やはり、これは外せない。



これは確か高校2年生の時に観たと思う。
マラソン大会の帰りに友達数人と観たのだが、感動したな。
それ以来観ていないので、細かい部分は忘れてしまっているけれど、感動したことは覚えている。
そろそろもう一度観てみたい。
自転車が飛ぶところはやっぱり泣くかな?

E.T. [Blu-ray]E.T. [Blu-ray]

ジェネオン・ユニバーサル 2014-03-05
売り上げランキング : 1210

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



以上が僕の1980年代映画ベスト10。
これら以外では、
日本映画だと実写では、台風クラブ蒲田行進曲転校生Wの悲劇それから海と毒薬復活の日などが特に印象に残っている好きな映画。
またアニメでは、機動戦士ガンダムⅠ・Ⅱ・Ⅲうる星やつら2・ビューティフルドリーマー風の谷のナウシカとなりのトトロ火垂るの墓などが特に好き。
外国映画では、
ニューシネマパラダイスバック・トゥ・ザ・フューチャーミッドナイトラン48時間スプラッシュブルースブラザーズフライングハイチャイニーズ・ゴースト・ストーリー遊星からの物体Xキャノンボールエイリアン2刑事ジョンブック・目撃者などが特に好き。
こうやって挙げてみるとヒット作が多い。
そういう嗜好なのかな映画は。
映画は音楽と違い、気に入らないともう一度観ることはほぼない。
なので見過ごしていたりして、大事なポイントに気づかないまま観終わってしまう事なんかがあるのだと思う。
というわけで分かりやすいヒット作の方が理解しやすいのだろうな。
でも面白いことにはかわりがないので、これら挙げた映画は一応オススメしたい作品ではあります。

いかがでしたか?
皆さんの好きな80年代映画は何ですか??

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

るーさ
2014年03月03日 08:57
80年代だとアマデウスなんてのはブルーレイで見ると最高でした。
が80年代画はあまりみないかな
ストーンズはヤフオクで1万8千出せばチケ買えそうなんで激迷ってます笑
キースの評判がやたらわるいのがね。。

2014年03月04日 01:30
>るーささん

ストーンズ行くべきでしょ!
日に日に良くなるのがストーンズのツアーです!!
toshi
2014年03月04日 17:48
何故か「グラン・ブルー」を観ていません。どうしてだろう。謎です。私も80年代映画ベスト5を考えてみました。以下順不同で「フルメタル・ジャケット」「ブレードランナー」「ライトスタッフ」「ブルースブラザース」「魂の叫び」です。80年代は学割が使えたので劇場によく行きました。
2014年03月05日 19:01
「グラン・ブルー」は映画館で見に行きましたよ。
主人公が不器用な青年にたいしジャン・レノがプレイボーイで主人公と対照的な性格でひかれあっている。ほんま’80年代で印象に残る作品でしたね。
「天空のラピュタ」はビデオなんかで見ました。
「ブルース・ブラザース」は久々に笑い感動した覚えがあります!
2014年03月05日 23:19
>toshiさん

『魂の叫び』というのはU2のライヴ映画ですか?
それならとても大好きです。
『フルメタル・ジャケット』は観たことないですが、それ以外の残り3本も好きな映画です。
学割、懐かしいです。
『グランブルー』是非!!
2014年03月05日 23:23
>ひるのまりさん

『ブルース・ブラザーズ』は笑いの中に暖かいものを感じさせてくれる素敵な映画ですよね。
ジャン・レノはこれがきっかけで大ブレイクしたんでしたね。ハマり役だったと思います。
ジャム
2014年03月07日 20:56
私は「プラトーン」「ブレードランナー」「フィールド・オブ・ドリームス」「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」「遊星からの物体X」「ダイハード」「ブルース・ブラザース」「ゴーストバスターズ 」「ランボー」「ロッキー」「ベルリン・天使の詩」というところです。宮崎ものでは昔は「天空の城ラピュタ」が好きだったのですが今は「風の谷のナウシカ」の方が好みですね。ちなみに90年代映画ベストの一位が「ライフ・イズ・ビューティフル」というのはまったく同じで「グリーンマイル」「フォレストガンプ」「フィフスエレメント」「ダンスウィズウルブス」「ジュラシックパーク」といったところです。
ジャム
2014年03月07日 21:06
あ、いかん。ロッキーは70年代でした。
80年代までは映画館で観てましたけど、90年代ごろからレンタルで観たのが多くなって来ました。
2014年03月08日 14:20
>ジャムさん

おお、『フィフスエレメント』好きですか。僕も好きです!
それと僕も最近はレンタルが多いです。数年前まではよく劇場で観てたのですが。面白そうなのは、封切時に観たいのだけど、いつも機会を逃しています。お金ないのも大きいですが。。

この記事へのトラックバック