香川よどうする!? ~スターバックスにて考える

アメリカでは人気低迷らしいスターバックス・コーヒーだが、日本ではまだまだ大人気。
いつ行っても混んでるんだが、あれは何でだ!?
ゆっくりできるからかな~
結構値段高いのに。
何て言ってる僕も実はスターバックスが好きで、席が空いてれば利用することは多い。
ゆっくりできる、ということと、それ以上に大きいのは美味しさ。
僕はそれほどコーヒーに詳しくないのだが、スターバックスにはコーヒー以外にもたくさんの飲み物がある。
冬場の僕はきまって抹茶ティーラテ。
サイズはグランデで。
これがまた美味いのですよ、たまらなく。

画像













で、今日は人の評価や成功の運・不運及び適材適所について、抹茶ティーラテを飲みながら考えてみたい。

僕はサッカーファンなのだが、サッカーの面白いところの一つに、どんなに技術の高い選手でも適切な使われ方がされなければ活躍できないというところ。
まぁそれはなんにでも当てはまることなんだけれど、例えば野球と比べた場合、肝となるのは投手と打者との1対1の勝負である。それはキャッチャーとの駆け引きなども含めてという意味だが。
なので一流の強打者はトレードで他の球団に行っても一流の強打者だし、一流の投手はどこへ行っても一流の投手である。
球団が変わったからインコースの球が打てなくなってり、球団が変わったからスライダーのキレが悪くなった、ということはない。
これは環境の変化による精神的な問題、球場によりマウンドの高さや硬さが違うとかいった問題を無視した場合という前提でだが。
しかしサッカーの場合1対1の勝負という場面は試合中あまりない。
一流のストライカーは、いいパスがこなければシュートを打つことさえできない。
一流のパサーは、優れた受け手がいないとパスの出しどころがない。
スペースを見つけるのが上手くてスペースに走り込んでも、そこにパスを出してくれる人がいなければ、なんの意味も見いだせない。
とにかく細かくパスをつないで得点を取るという戦術のチームもあれば、肉弾戦を得意とし、とにかくゴール前にセンタリングを出し、フォーワードが強引に決めるような得点スタイルのチームもある。
なのでチームの戦術にあったピースでないから輝けずにいる一流選手は間違いなくいる。
選手はそのチームの戦術にあっなければ活躍できないという事だ。
だから今活躍している選手が優れていて、活躍していない選手が優れていないという事ではまったくない。
チームが変われば、状況はすっかり変わってしまうかもしれないからだ。
もちろんメッシのように、その人の存在自体が戦術の中心となってしまうような選手もいるが、それはもう例外中の例外である。

イギリスのマンチェスター・ユナイテッドに在籍中の香川はドルトムント時代のように試合に出ることはできない。
チーム内での彼の序列は低く、ファースト・チョイスでけしてない。
同じポジションのルーニーがけがをしているにも関わらず、スタメンはローテーションの谷間的な起用。
交代選手としてもファースト・チョイスにはならない。
これは今シーズンからユナイテッドの監督をしているモイーズのスタイルに香川が適していないからである。
しかし僕のような香川を応援する立場から言わせてもらうと、モイーズは香川を使いきれていないのであり、モイーズには香川を使うノウハウが無い、という評価である。
香川を使わずしてもチームが勝利を収めていれば、僕の見方は間違いでモイーズの方に分があるけど、近年まれにみる低迷ぶりのユナイテッドである。
もう、僕には香川はたんなる犠牲者にしか見えない。
もちろん加害者はモイーズである。
そしてこの冬ユナイテッドは香川とポジションが被る、同じくイギリスでプレーするマタを獲得するようである。
マタはチェルシーの選手で、昨シーズンまでは主力選手として大きな活躍をしていたが、今シーズンより監督はモウリーニョとなり、以前と求められるものが変わったことで、活躍どころか出場試合数さえ激減していた。
マタがモイーズのスタイルに合ってるとも思わないので、どうなんだろうか?、と思わなくもないが、ワールドカップを今夏に控え、出場の可能性を求めマタはチェルシーを出ることを選んだんであろう(マタはスペイン代表)。
そして香川。モイーズが監督をしている限り、香川にはユナイテッドでの居場所はない。
もう半年我慢するのもいい。
せっかくの超ビッグクラブである。
来シーズンには監督が変わるかもしれない。
それも一つの手だ。
しかしワールドカップ前に試合に出られない、という状況は、ワールドカップの事を考えれば絶対によくない。
まぁでもワールドカップが全てじゃないし、香川まだ若いから、全て今年のワールドカップ中心でものを考えるのもいかがなものかとう思いもある。
ただそれ以上に僕は思うんだが、そんなにビッグクラブがいいのだろうか。
弱小貧乏チームは嫌だろうけど、ドルトムントクラスの、ビッグクラブに次ぐようなクラブで中心選手として活躍する方がいいと僕なんかは思うんだが、どうなんだろうか?
だれもかれもが読売ジャイアンツに行きたがるような構図はあまり好きではない。
レアル・マドリードが大好きな僕は言うのも、なんだかな~、だけれど僕はそう思う。




しかしこのようなことは普通の人の職場においてもある話。
部署がかわればこれまでダメ社員だった人がいきなり戦力として輝きだすという事がある。
転職して変わる場合もある。
つまり今の実績や評価はあくまでも今だけのもの、なのでその部分だけで天狗になり横柄になったり、卑屈になったりするのはとても危険である。
今はすぐに過去となり、未来は新しい今となる。
それが現状とは全く逆の状況を生み出すことなんてよくある話なのだから。

しかし当たり前だが、今上手くいってない人は未来の成功を目指す。
今上手くいってる人は、これを継続しようとする。
前者はまだしも、
今ある栄光・成功・地位・名声をとにかく守ることに必死な人ってみっともない。
(もちろん攻撃的な姿勢で成功を継続しようとしている→新しい成功をまた成し遂げるという場合はそうではないが)
年老いた大物政治家って、そのような人が多いように思える。
2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会会長に森元総理って・・・・
2020年の開催時、この人一体いくつだ?
若ければいいとは思わないけどは、これはちょっと心配だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年01月28日 20:15
サッカーはさておき 抹茶ティーラテおいしそう
スタバも昔は行ってましたが BF君が苦いというので行けなくなってしまいました。
コーヒーはほとんど毎日飲んでますが おいしいコーヒーにめぐり合うのはなかなか。
サイフォンでコーヒーをたててる店のコーヒーがやはりおいしいですね♪

ワールドカップの香川はちゃんと応援しますよ。
2014年01月28日 23:58
>ひるのまりさん

抹茶ティーラテ美味しいですよー
是非一度飲んでみてください!!
ちなみにコーヒー通ではありませんが、アイスコーヒーなら、御堂筋の歌舞伎座(閉館しましたが)そばのなかおか珈琲が好きです。
るーさ
2014年01月31日 01:13
中田英なんかもローマよりペルージャあたりの活躍が輝いてましたね
マンUやらミランに日本人選手がいること自体がすごいとは思うけど
そういや 中村俊輔も2008?ワールドカップで活躍出来ていればレアル入団の可能性があったらしいですな

2014年01月31日 01:21
>るーささん

中田英はローマに行くべきじゃなかったと思っています。
やっぱりトッティと同じチームというのは無理がある。
もう少し中堅レベルのチームかスペインに行ってればよかったのになと今でも思っています。
shijuju@docomo.ne.jp
2014年02月07日 04:56
しずかっていいますσ┃・ω・`*┃おはつですん。名盤!さんのブログ好きすぎます☆イイネ(゚∀゚≡イイネ(゚∀゚≡゚∀゚)イイネ≡゚∀゚)超イイネー!!今日は恥ずかしかったけどコメントしちゃいましたd(・∀<) 実は最近、名盤!さん自 身にも興 味がですね…゚+.゚ポッ(o´∪`o)ポッ゚+.゚もしよかったら、仲良くなりたいなってσ┃・ω・`*┃連絡くれたら嬉しいな(*・▽・*)それじゃ待ってますです(σ^▽^)σ
2014年02月08日 14:57
>しずかさん

連絡はしないです。。

この記事へのトラックバック