ローリング・ストーンズ「ブラウン・シュガー」

今年最初のブログとなります。
どうか、今年もよろしくお願いします。

新年最初の記事は何を書こうかな、
と考えてまず思ったのが、先日購入したビヨンセのニュー・アルバム!
突然iTunesで電撃発売され、その販売のみで全米アルバム・チャートNO.1を獲得。
遅ればせながらCDでの発売も始まったので購入。
やっぱり僕はCDで欲しい。
CD買っても日常的に聴くのはiPhoneなので結局はオーディオ・ファイルで聴くことになるんだけど。
で、このアルバムがなかなか良くって、これを採りあげようかとも思ったけど、もうちょっと聴きこんでから書きたいのでこれは次回に。



Beyonce -CD+DVD-Beyonce -CD+DVD-
Beyonce

Sony 2013-12-26
売り上げランキング : 103

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



それでは、というわけで、
今度は年末年始に観まくった、色んな映画のDVDについて書こうかなと考えたが、
どれもそこそこ良かったけど、積極的に採りあげたくなるほど好きになれた作品はなかったので、
これもやめることに。

で次に思いついたのが、2か月連続で文芸春秋に掲載された村上春樹の新作短編小説2編について。

文藝春秋 2014年 01月号 [雑誌]文藝春秋 2014年 01月号 [雑誌]

文藝春秋 2013-12-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これはかなり書こうかなと思ったのだが、うまく書けそうになかったので、これまたやめることに。
もしかしたら、別の機会に書くかも。


じゃあこれだ!、
と思ったのがもうすぐ発売されるブルース・スプリングスティーンのニュー・アルバム。
この作品にはライヴDVD付のものも販売される。
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロが参加しているこの新作、その内容も期待大なのは当然なんだが、このライヴDVDにも注目したい。
このライヴDVD、けっこう凄いのだ!
昨年2013年にロンドンで行われた、アルバム『ボーン・イン・ザ・USA』の全曲を演奏したライヴの模様が収録されている!!

High Hopes (CD with bonus DVD)High Hopes (CD with bonus DVD)
Bruce Springsteen

Columbia 2014-01-14
売り上げランキング : 453

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


僕はこれがとても楽しみで楽しみで。
なので、このワクワク感を告知とともに伝えたいと思ったのだが、
やっぱりこれは発売されてからゆっくりと力を込めて書きたいとも思ったので、
これまた次回に。


というわけで決めた!

新年第一発目は、やはりというべきか、

ストーンズで!!

2月末から待望の来日公演が始まるストーンズ、そんなストーンズの、
今日は「ブラウン・シュガー」を採りあげてみたい。

キースのオープンGチューニングによる5弦ギターが弾き出すリフで始まるあの人気曲、もちろん僕も大好き。
ライヴでもとても盛り上がる、アルバム『スティッキー・フィンガーズ』収録のこの曲、意外にも作曲者はミック・ジャガーとのこと。
しかしリフのイメージを取って、メロディラインだけ聴いてみると、確かにミックぽいかも。



Sticky Fingers (Reis)Sticky Fingers (Reis)
Rolling Stones

Universal 2009-04-27
売り上げランキング : 23726

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さてこの曲だが、
僕はこの正規にリーリースされたヴァージョンもさることながら、半拍キースのリフが早く始まる別ヴァージョンの方が好みである。




ライヴでは、72・73年のツアーや75・76年及び78年のツアーではこの半拍早いヴァージョンでキースはプレイしている。




しかし最近はもっぱら正規ヴァージョンのパターンでの演奏となっている。




今年の来日公演では、僕の好きな方で弾いてくれないか、キースよ!?

でも最近のパターンだと弾かないな。
演奏にスリリングなスピード感を与える、半拍早いヴァージョン、
これは最近のストーンズのモードではないようだから。

それでも来日公演凄く楽しみでたまらない。
なんたって、初ミック・テイラーだし!!


皆さんは、どっちのヴァージョンが好きですか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年01月07日 21:45
グラムロックとパンクが出たころですから
時代の空気が急かしたんですかしらね。
ビヨンセは国内盤が出るまで我慢です私。
リンクさせて頂きました。
2014年01月07日 23:30
>ジャムさん

時代の空気もあるかもしれないですね。
本人の年齢も関係してるかも。
でも半拍早く始めるヴァージョンの方がかっこいいと思うんですけどねぇ。
リンクありがとうございます。
僕もリンクさせていただきます。
よろしくです。
JT
2014年01月11日 10:43
こんにちは、JTです。

>半拍キースのリフが早く始まる別ヴァージョン

『LIVE YOU LIVE』もこっちですね。勢いがあっていいですね。テンポも速めになっていますが。

>意外にも作曲者はミック・ジャガー

確か初来日の時、渋谷陽一がキースにインタビューで聞いたんですよね、曲名を沢山あげてこれはどっちがメインに作った曲か。
あと、「ブライアン・ジョーンズの死やオルタモントの悲劇に責任を感じていないか」とかヤバイ質問もしたようです(笑)。
2014年01月11日 22:53
>JTさん

どうも、こんばんは。

そのキースのインタビュー読みました。
『CUT』でのロングインタビューですよね。
なかなか興味深い内容でした。
渋谷陽一って、ミック・ジャガーにインタビューしたことないような気がするのですが、ミックには興味ないんだろうか??

この記事へのトラックバック