海外ドラマベスト7

『半沢直樹』もチラッとしか観ていない僕は、海外ドラマが大好きです。
最近ハマっているのが『ホームランド』という、テロもの。
これがなかなかよく出来ていて、面白いのです。




HOMELAND/ホームランド vol.1 [DVD]HOMELAND/ホームランド vol.1 [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-05-31
売り上げランキング : 3594

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テロものといえば近年では『24』という大ヒット作があるけど、あれと比べるとアクション的でスピード感のある直接的なスリリングさは少ないが、駆け引き的なというか、ドラマ的なというか、より大人向きのスリリングさをとても面白く感じさせてくれる。


というわけで今日は、僕がこれまで観てきた海外ドラマのベスト7を紹介。
なおチョイスは、すでに完結しているドラマの中から選びました。
現在進行形のものは対象外です。

ではいきなり堂々の




『ツインピークス』


放送開始:1990年(アメリカ)。
アメリカのみならず日本でも大きな話題となった作品。
主演のカイル・マクラクマン扮するFBI捜査官クーパーがとても印象的である。
また他のキャラクターも怪しいくせ者ぞろい。
制作陣にはデヴィッド・リンチなど。




アメリカの田舎町ツインピークスで、17歳の高校生ローラ・パーマーの死体が発見される。
誰がローラを殺したか?
FBI捜査官クーパーはツインピークスの保安官たちとの捜査が進められる。
その過程で、町の人々の隠されていた闇の部分が次々と見えてくる。
オカルト的な部分も含んだサスペンス作品。
当時夢中になって観ていた。
全部観た後も、手元に残しておきたくビデオ全巻を買ったものでした。
ビデオなのでさすがに今は観る気はしないけど。
なのでDVDかブルーレイで買いたいな~、と思ってるんだが。。

【Amazon.co.jp限定】 ツイン・ピークス ゴールド・ボックス セカンド・エディション [DVD]【Amazon.co.jp限定】 ツイン・ピークス ゴールド・ボックス セカンド・エディション [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2012-07-13
売り上げランキング : 23605

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






『ER 緊急救命室』


放映開始:1994年(アメリカ)
1位にするべきか、とても悩んだ大好きなドラマ。
救命病棟の日常を描いた、群像劇。
医療保険・延命拒否・銃・ドラッグ・戦争・貧困や差別など、社会的な問題も随所に取り入れられている。
このドラマの最もリアルを感じるところは、登場人物に誰一人完璧な人(ドラマによくありがちな)がいないこと。
みんなそれぞれ長所と短所を持ち、大きなミスを犯したりもするところ。
また当初小児科医役としてジョージ・クルーニーもレギュラー出演していたが、ドラマで人気が急上昇、活躍の場をハリウッドに移すべく第5シーズンで降板している。




かなり泣かされるドラマでした。
地上波(NHK)でも放送されていたので観ていた人も多いのではないかな。
『ツインピークス』はマニアックな部分が多かったと思うけど、この作品は普遍的な部分も多かったのでよりたくさんくの人に届いたのでは。
傑作だと思います。

ER 緊急救命室 I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]ER 緊急救命室 I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-10-17
売り上げランキング : 3458

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




3

『アリー my ラブ』

放映開始:1997年(アメリカ)
キャリスタ・フロックハート扮する女性弁護士アリーを主人公とした、ややコメディタッチの人間ドラマ。
主人公のアリーもさることながら、弁護士事務所の経営者の二人ジョン&ケイジが好きだった。
アリーの恋人役として、アイアンマンのロバート・ダウニー・JRやボンジョヴィのジョン・ボンジョヴィも出演。




音楽の使い方が素敵なのもこのドラマの特徴。
しかし音楽の使い方が上手いのは多くの海外ドラマにいえるところ。
逆に日本のドラマは使い方が下手。
というか、全てタイアップありきであって、その音楽がドラマの場面で必要か不必要か、効果的かそうでないか、など二の次だからそうなるのは当然である。
この作品も地上波(NHK)で放送されていた。
NHKエライ!!

アリー my Love シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]アリー my Love シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2011-11-28
売り上げランキング : 5271

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






『刑事コロンボ』

放送開始:1968年(アメリカ)
僕にとっての海外ドラマの原点となっているのがこの作品。
僕と同世代やそれ以上の人にとっては、たぶんもっとも有名な海外ドラマ。
刑事コロンボを演じるのは今は亡きピーター・フォーク。
僕は子どもの頃NHKの地上波(当時はBSなんてまだなかった)で観ていたのでもちろん吹き替えだったのだが、コロンボの声を担当していたこちらもすでに亡くなっている小池朝雄の「うちのカミさんが・・・・」などのセリフがとても印象的だった。




このドラマの特徴は、冒頭に殺人シーンが描かれること。
つまり犯人が分かっているところから物語は始まる。
そしてその犯人をいかに追い詰めていくかが、このドラマのキモ。
追い詰めていくといってもアクションではない、コロンボが巧みに犯人にボロを出させるのである。
この演出は、日本のドラマ『古畑任三郎』のモチーフにもなっている。

刑事コロンボ コンプリート ブルーレイBOX [Blu-ray]刑事コロンボ コンプリート ブルーレイBOX [Blu-ray]

ジェネオン・ユニバーサル 2011-12-02
売り上げランキング : 3201

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






『ルーツ』

放送開始:1977年(アメリカ)
アメリカの黒人奴隷問題を扱った社会派ドラマのミニシリーズ。
日本でもゴールデンタイムにTV朝日系で連日放送され高い視聴率を記録。
先程『刑事コロンボ』がある世代にとっては日本でもっとも有名な海外ドラマと書いたが、もしかしたらこっちの方が有名かも。
当時僕は小学生だったが、とても大きな話題になっていたのを覚えている。
学校の友達の多くも観ていたように記憶している。




↑は今でも覚えているシーン。
主人公クンタ・キンテはアフリカから奴隷としてアメリカに連れてこられ、トビーという名前を付けられる。
しかし本人はトビーという名前を受け入れない。
そして自分の名前がトビーと言うまで鞭を打たれ続ける。
とても腹立たしいシーン。
勝手にやってきて原住民を殺しまくり、アフリカから勝手につれてきた黒人を力で奴隷としてこき使う。
そうやって出来た国、それがアメリカ。
でも今では何故か、世界の警察官らしい。
(とはいえ、最近オバマ大統領は「アメリカは世界の警察官ではない」という発言をしたが)

ルーツ コレクターズBOX [DVD]ルーツ コレクターズBOX [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-04-08
売り上げランキング : 6538

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






『24 -TWENTY FOUR-』位

放送開始:2001年(アメリカ)
近年では日本において最もヒットした海外ドラマがこれだろう。
キーファー・サザーランド扮するジャック・バウアーが周りの人間がどんだけ死のうとも、自分だけは生き残り、テロの脅威から祖国アメリカを守り抜く物語。
次が気になりどんどん観れてしまう、シンプルにとても面白い作品。
いい意味で、単純に楽しめるハラハラドキドキのエンターテイメント作だと思う。




ここから海外ドラマにハマって行った人も多いんじゃないだろうか。
海外ドラマ最初の一作にいいのではと思います。
なのでこれまで海外ドラマ(韓流以外)を観てない人にオススメ!
レンタルで安く借りられると思うので是非!!

24 -TWENTY FOUR- 10周年記念コンプリートDVD-BOX (2,400セット数量限定)24 -TWENTY FOUR- 10周年記念コンプリートDVD-BOX (2,400セット数量限定)

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2012-12-19
売り上げランキング : 13284

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






『プリズン・ブレイク』

放送開始:2005年(アメリカ)
刑務所からの脱獄もの。
投獄され死刑判決を受けた兄。
兄の無実を信じ、共に脱獄するため計画的に罪を犯し受刑者となる主人公マイケル。




主人公マイケルを演じるウェントワース・ミラーがイケメンなので、女性ファンも多かったように思う。
シーズン1はとにかく最高に面白い!!

バカバカしいけど面白い24とプリズン・ブレイクのTVCM




プリズン・ブレイク シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]プリズン・ブレイク シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2010-05-28
売り上げランキング : 731

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

megumick
2013年10月14日 21:08
こんばんは!
どれも有名なのに観たのはER とコロンボと
ルーツだけでした。
休日に借りてきて観てみたいな。
どれも面白そう!
2013年10月14日 22:16
>megumickさん

どうも、こんばんは。
是非借りてきて観てください。
どれも面白いと思いますよ!
JT
2013年10月14日 23:39
こんばんは、JTです。

「ツイン・ピークス」見てました。不思議なドラマでしたね。しかも打ちきりだった為、そこで終わりかよ、てな感じでしたね。
一番印象に残っている登場人物は「丸太おばさん」(笑)。だれかつっこめよ....。

カイル・マクラクマンはその後、オリバー・ストーン監督の映画「ザ・ドアーズ」でキーボードのレイ・マンザレクを演じていましたね。
2013年10月16日 00:07
>JTさん

どうも、こんばんは。
丸太おばさんはないですよね~
それとカイル・マクラクランですが、ドアーズでは随分違う感じでしたね。
でラストシーンですが、僕は結構好きです。らしい終わり方だなと思えました。
toshi
2013年10月17日 08:49
「ER」の面白さは衝撃的でした。「ツイン・ピークス」「24」も面白かったけれど、コメディ好きとしては「フレンズ」「ダーマ&グレッグ」「俺がハマーだ」も外せません。
るり
2013年10月17日 13:45
ツインピークス大好きでした!コロンボも、24も!アニーとルーツが未見です。ERもコンプリートしてないので観ます!ありがとうございました!
2013年10月17日 22:04
>toshiさん

『ER』からは色んなことを学びました。
コメディだと『奥様は魔女』なんてのもありましたね。
2013年10月17日 22:07
>るりさん

『ルーツ』はかなりシリアスなドラマでした。
『アリー~』は楽しく観れるドラマだと思います。是非観てください。
ドラマネタはあまり書かないのですが、これからもまた見に来てくださいね。
どうか、よろしくです。

この記事へのトラックバック