佐野元春『SOMEDAY』全曲再現ライヴ開催決定!!

先ごろ、佐野元春の特別企画なライヴの開催が告知された。
それは、日本のポップシーンを代表する超名盤のひとつである『SOMEDAY』を全曲再現するというライヴである。
ライヴは11月16日に東京、11月24日に大阪でそれぞれ行われる。
詳細はコチラ

SOMEDAYSOMEDAY
佐野元春

ソニー・ミュージックダイレクト 2013-02-19
売り上げランキング : 1012

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



アルバム『SOMEDAY』は僕が最も愛するアルバムのひとつで、以前このブログで80年代の邦楽ベストアルバムをピックアップした記事を書いたときには、迷うことなく80年代の第一位としてセレクトした。
そして、このアルバムを愛する気持ちは今も変わることはない。
歳を重ねたことで、よりその歌の意味が分かるようになったものもある。

ベテランアーティストが過去の名盤を再現するというのが、過ぎ去った栄光にすがるアーティストとしての末路なら、それは正直嘆かわしいものである。
本来ロックというものは、“今”がもっとも重要な表現だと思っているからだ。
しかしすっかり白髪だらけになったベテランアーティスト佐野元春は、今年発表したアルバム『ZOOEY』がたまらなく素晴らしかったように、“今”を表現し続けている現役バリバリのアーティストである。

ZOOEY(デラックス盤)(DVD付)ZOOEY(デラックス盤)(DVD付)
佐野元春

DaisyMusic 2013-03-12
売り上げランキング : 1292

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なので2013年に再現される1982年発表のこのアルバムの楽曲たちが、ノスタルジックなものだけに終わることはないだろう。
もちろん、ノスタルジックなものが悪いとは思わないし、僕個人的にはノスタルジックな気分に浸るのは気持ちよくて好きだったりする。
しかし2013年の今、佐野元春が1982年のアルバムをライヴで再現するとなった時、ノスタルジックなものと同時に、その楽曲たちが今にどういう意味を持っているかという事の表現も期待したいのである。
僕と同じように、『SOMEDAY』当時からのファンの多くはもう中年という年代を生きているはずである。
たぶん現役として(げんえき、ってキーボード打って変換したら最初に候補として出てきたのが、“減益”だった。。)、この社会の中で。
ノスタルジックな気分になるだけで、満足するにはまだ道半ば。
もっと刺激を!!、というのが正直なところだ。
少なくとも僕は。
佐野元春がノスタルジックな気分を表現の中心に置くようなアーティストでないことは、ファンの僕たちがよく知っている。
だからこそ、このライヴには期待したい。
古い曲を当時のアレンジで演奏しても、刺激的な気分にしてくれる、明日への活力をみなぎらせてくれる、そんなライヴを。
それこそが佐野元春だと、僕は思っている。




しかし、これチケット取れるんだろうか?
かなりの倍率になるかもしれない。
取れなかったら、けっこう悲しいぞ。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

toshi
2013年07月02日 08:01
「SOMEDAY」いいですよね。おいらはレコードを買えなかったからレンタルレコードで借りてカセットに録音しました。当時の地方都市での音楽情報は、ラジオか口コミでした。佐野元春も友人から教えられて「アンジェリーナ」を聴いたのが最初。あれから30年以上かぁ……。
goldenblue
2013年07月02日 23:31
名盤さん、こんばんは。
へーっ、そんなの演るんですね、佐野さん。
ノスタルジー目当てで来た人たちの度肝を抜いてえぐるようなのを期待したいですね。
そして最後には、お互いの30年分の深みや、たどってきた道のりが間違いじゃなかったことを確かめることができるようなのを。
でも、チケットとれないだろうなぁ。。。
2013年07月03日 00:59
>toshiさん

レコード買いましたが、カセットに録音してウォークマンでよく聴いてました。
このアルバム46分テープだと入らなくて、「サムデイ」の最後のとこで少しだけ切れてしまったものをずっと。
30年が過ぎましたね。
2013年07月03日 01:01
>goldenblueさん

どうも、こんばんは。
30年の道のり、間違いじゃなかったんだろうか、よく不安になります。
とにかくチケット取りたいですね、無理かなぁ。。
暖かいけど、キレの鋭い、そんなライヴならいいなぁと思ってます。

この記事へのトラックバック