80年代ソングス・ベスト10

何気にYOUTUBEで80年代の曲ばかり観ていた。
多感な時期に聴いた数多くの曲達は、僕にいったいどんな影響を及ぼしたのだろうか?
なんてことを、一瞬だけ考えた。

そんな流れから、今日は僕の好きなランキングを80'sソングでやってみたいと思い、セレクトしてみた。
すると、実に面白味のない、ありがちなものとなってしまった。

チョイスは、こんな(↓)な感じ。

 1位:ポリス「見つめていたい」




Synchronicity (Dig)Synchronicity (Dig)
Police

Interscope Records 2003-03-04
売り上げランキング : 23328

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 2位:U2 「 アイ・スティル・ハヴント・ファウンド・ホワット・アイム・ルッキング・フォー」




 3位:プリンス 「スノウ・イン・エイプリル」
 4位:ワム 「ラスト・クリスマス」
 5位:ローリング・ストーンズ 「スタート・ミー・アップ」
 6位:ダイアーストレイツ 「マネー・フォー・ナッシング」
 7位:ジョン・レノン 「ウーマン」

 8位:アラン・パーソンズ・プロジェクト 「ドント・アンサー・ミー」



 
9位:クラッシュ 「ロック・ザ・カスバ」




10位:ブルース・スプリングスティーン 「ボビー・ジーン」



こういうのはきっと、20位から30位ぐらいになって、初めて個性のようなものが出てくるんだろうな。
と、今さらながらに思ってしまった。
だって、このあまりにも誰もが知ってるようなアーティストばかりのセレクト。
かといって、80年代彼らを省いて語ることはできないだろう。
しいていえば、アランパーソンズ・プロジェクトがやや趣味性があるかもしれないが、これも当時ヒットした人気曲である(単純なアメコミ調のPVが大好き)。

ロックがFMラジオからMTVに。
アリーナからスタジアムにと、大きな変化を遂げた80年代。
洋楽シーンとしては面白味に欠ける年代と言われているが、多感な頃を過ごしたこの期間に出会った音楽は今でも僕の胸に響くものがたくさんある。
そしてそれが、ノスタルジーなどでないことを僕は確信している。
より商業的であることを求められた80年代の音楽シーンで、内容の高さとセールス度の高さを両立させていたアーティストたちは、ある意味今よりも過酷なフィールドで戦っていたと思う。
そんな彼らの音楽は、30年ぐらいの時の流れではけして劣化したりはしない。
別にこれは今の音楽がつまらないという意味ではない。
ただ、80年代は他の年代と比べるとイマイチつまらない時代だという定説に反抗したいのだ。


だが、80年代のシンセの音色は、今聴くとあまり好きにはなれないのが正直なところではある。
キーボードのデジタルな音って、他の楽器の音と比べ、より流行りというものが縄張りを利かせている様な気がするのだが、何故なんだろうか?




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

リュウ
2012年06月24日 21:43
名盤さん、今晩は♪
懐かしい、懐かしすぎます(笑)
どれも、聴いてたものばかり、思いいれ深いものばかりです!!
2012年06月25日 01:31
>リュウさん

どうも、こんばんは。
懐かしいでしょ。
いまだ力強いこれら名曲。
マスターピースだと思います。
goldenblue
2012年06月25日 21:27
名盤さん、こんばんは。
>80年代がイマイチつまらない時代だったという定説に反抗したい
それ、わかります。
つまらないものもたくさんあったでしょうが、いいものもたくさんありました。
そして、つまらないものも含めてそういうもので育ってきた、しみついちゃっている感は僕らの世代にはあると思います。
人口多いのがその下の世代だからいつも谷間感がつきまとうのは僕らの世代の宿命なんでしょうけど。
2012年06月26日 14:29
>goldenblueさん

どうも、こんにちは。

>つまらないものも含めてそういうもので育ってきた、しみついちゃっている感は僕らの世代にはあると思います。

そうですよね。
世代間闘争的なものの考え方は、あまり好きではないですけど、やっぱり世代間の違いというのはあるな~、と思う今日この頃です。
本来は、それは乗り越えるべき課題なんだろうけど。。
2012年06月30日 11:27
この中では一位の「見つめていたい」好きな曲です。
80年代なつかしさは ないけど こ~ゆ~感じええやんというスタンスで聴きたいね♪
2012年06月30日 21:01
>まりさん

「見つめていたい」はまずイントロのギターに魅かれました。そしてあのメロディ、スティングの声。シンプルなアレンジも素晴らしいと思います。エヴァーグリーンな一曲ですよね。
2012年07月02日 02:24
触発されてうちでもやってしまいました・・・^^;
http://shinshu.fm/MHz/64.90/archives/0000391956.html
80年代のシンセのバタ臭さははじめは拒絶反応に近いものを感じましたがなれるともう病みつきです
やっぱり非常にアクが強くて独特なものなんだと思います
U2はどうやっても外せませんよね
あとボスのBorn In the USAも非常に好きです
単純なシンセのリフがかっこいいです
あと今よりも過酷だったってところにも一部同意します
お金は稼げたかもしれませんが今の基準では考えられない過酷なスケジュールをみんなこなしてますね
会社側の力が非常に強かった時代だったと感じてます
あと機材関係の試行錯誤やら考えるだけでめまいがします
そんな中で鍛えられたんですからいまだに若手よりライブができるバンドが多いのも不思議ではないですね
なんだかんだで80年代音楽好きです
2012年07月02日 21:58
>akakadさん

「ボーン・イン・ザ・USA」僕も大好きです。
それと機材関係についてですが、80年代以降大きく変化しましたよね。ステージセット、音響システム、照明など。
ヒップホップが花開いたのも80年代でした。
実はエポックメイキングなこといっぱいありましたよね。

この記事へのトラックバック