映画『モテキ』

北海道の人気お土産商品『白い恋人』のパロディ商品『面白い恋人』なるものを、吉本興業が発売して裁判沙汰になっている。
これって、音楽でいえばサンプリングのようなもの。
しかるべき金額を吉本が『白い恋人』の石屋製菓に払えばいいだけの話ではないのか。
それが筋だと思うのだが、吉本は何故争おうとするのだろう。
理解できない。


さて今日のお題は、映画『モテキ』。
以前この映画の原作であるコミックについて書いたけど、今度は映画版について。

はっきり言って、ムチャクチャ面白かった。
特に前半は笑いが止まらない。
男ってあんなもんです。
多くの男子は、主人公に共感するのではないだろうか。




それにしても、長澤まさみ。
たまらん!
たまらなく、死にそうになるくらいかわいい!!
あんな女子が目の前にいたらそら幸世(主人公:森山未來)みたいに暴走してしまうのは、とても理解できる。
かわいいよ、ほんま最高です長澤まさみ。
もう君がNO.1

幸世が、長澤まさみの胸をつかむシーンがあるのだが、

おい森山、あれはあかんやろう。
口移しシーンもジェラシーだが、
それより何より胸つかむの、あれは許せん!!


泣けるシーンもある、後半で長澤まさみが主人公の幸世に向かって言う

「私 幸世君じゃ成長できない」

これを女性、しかも自分が大好きな女性に言われたら、もう男は自分を殺したくなるよな。

この映画面白くない人には、全然面白くないんだろうと思う。
主人公より上の年齢になればなるほど特にそうだろう。
でも僕はハマってしまった。
音楽好き、っていうのも大きな要因だと思う。
劇中使われる数々の楽曲のセンスがなかなかどうして、ちょっとあなた・・・

コミックの第一話のごとく、映画でも冒頭の方で使われる大江千里の「カッコ悪いふられ方」。
もうこの辺からして、ツボを押さえた感じだ。




80年代の曲では、TMネットワークのセルフコントロール」が用いられたりしてる。
「ゲット・ワイルド」じゃないところが良い。

90年代の曲では、岡村靖幸の「カルアミルク」と「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」が使われている。
素晴らしい!
そしてなんといっても、橘いずみの「失格」。
よくぞこの曲を選んでくれました。
ムチャクチャ大好きな曲。
泣けるんだ、これ。




2000年以降の曲だと、くるりだったり星野源であったり、女王蜂なんてのも出てくる。
そして、前から気になってるN'夙川ボーイズ。




この曲、クセになる。

LOVE SONGLOVE SONG
N’ SHUKUGAWA BOYS

TIME BOMB 2010-07-28
売り上げランキング : 1069

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



その他、数々のツボを押さえたJ・POPが挿入されてる。

ちょっとインディーズ臭というか、サブカルチックなたたずまいの音使いにくすぐられる。
それと、やっぱり“ナゴム”なんて言葉には反応してしまうな~
今頃どうしてるんだろう、ナゴムギャルたち?

コミック知らなくても、TVドラマ知らなくても、
上で挙げた音楽が好きな人なら、きっと好きになれるのでは。

そんな映画です。

モテキ DVD豪華版(2枚組)モテキ DVD豪華版(2枚組)

東宝 2012-03-23
売り上げランキング : 205

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


モテキ的音楽のススメ 映画盤モテキ的音楽のススメ 映画盤
オムニバス

SMAR 2011-08-31
売り上げランキング : 571

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

megumick
2012年04月15日 22:26
名盤さん、こんばんは~!
N'夙川ボーイズ、私も気になってたよ!
好きなタイプだ、こいつら。
私、女だけど綺麗な女の子大好き!
一番好きなのが真木よう子なの。
長澤まさみちゃんのデビューの頃の動画凄いかわいかった。
兄貴の娘が似てるんだよ(どうでもいい情報ですね)
すごい面白そう!
観てみよう!
まり
2012年04月15日 22:42
たしかに『モテ期』ってあるし心をくすぐる映画みたいね。
主人公が モテなさそうな森山未来なのもいいね!
かっこ悪いを表現できるのがイカす俳優。GWは映画をみよ~かな(^^)
2012年04月15日 23:51
>megumickさん

真木よう子も大好きですよ。
麻生久美子もこれまた大好き。
面白いので、ぜひ観てくださいな。
2012年04月15日 23:53
>まりさん

森山未來のダメさ加減にシンパシーを感じます。
彼は俳優なので、ダメを演じてるだけですが。
本物のダメな僕にもモテキは来るのだろうか~?
2012年04月17日 00:29
モテキ、ドラマ版は観てました。
映画版の方が豪華キャストなんでしょうが、ドラマ版のヒロインたちもかわいいですよ。
特に小宮山夏樹役の松本莉緒さん、原作のイメージぴったりでした。

そして、あのドラマ観てから森山未來が大好きになりました(笑)
ドラマより先に原作読んでたので、森山未來じゃちょっとかっこよすぎないか?と思っていたのですが、実際観てみると違和感なかったです。
2012年04月17日 23:51
>煌砂さん

森山未來いい味出してますよね。
というか、森山未來ってかっこいいの?
一般人だったら、特にかっこいい部類ではないような・・・・
でも好きな役者さんのひとりではあります。
ドラマ版も機会があれば観てみたいと思ってます~
2012年04月19日 00:01
確かに、森山未來って一般的な「イケメン」ではないですが、雰囲気かっこよくないですか?
原作からのイメージだと、幸世はもっと普通の顔(特徴のない顔?)で地味な雰囲気だったので、そういう意味で、森山未來だとかっこよすぎると思ってしまったんですよね。
森山未來がかっこいいというより、原作の幸世に対するイメージがアレだったのかもしれません(笑)

ドラマ版は原作とほぼ同じストーリー展開ですが、映画は全く違ったお話だと聞いていたので、私も機会があれば映画版観てみます。

連続コメント失礼いたしました!
2012年04月19日 01:40
>煌砂さん

たしかに原作の画は、イケてない度がもっと高いですね。
映画は原作にはないストーリーで、その後といった感じでしょうか。
でもノリは同じです。

>連続コメント失礼いたしました!

いえいえ嬉しいです。遠慮なさらずガンガンとコメントくださいませ。

この記事へのトラックバック