90年代映画ベスト10 (6位~10位)

以前に00年代(2000~2009)の映画ベスト10の記事を書いたのですが(「ベスト10 1位~5位」「ベスト10 6位~10位」) 、これが自分でとても楽しかったので、またやらせてもらいます。
今回は90年代。
今度も2回に分けて、まずは6位から10位までについて書いていきます。
90年代は、映画好きな職場の上司の影響もあって結構映画を観た時期でした。
しかしこの上司、僕が『エイリアン3』を観に行こうと思ってると話をしたら、突然ラストシーンを話し始める(もちろん結末まで)という暴挙を行った極悪者。
もちろん観に行きませんでした、『エイリアン3』。
後にWOWOWか何かで観たけど。
皆さん、自分が先に観たからといって、他人に映画の結末を教えるのはやめましょう。


では早速、僕が独断と偏見で選ぶ90年代映画ベスト10、

まずは、


6

CUBE


97年のカナダ映画。

気が付けば、そこは見知らぬ立方体の部屋。
隣にも同じ部屋がいくつも続く。
6人の男女が部屋を移動しつつそこからの脱出を試みるが、各部屋には危険なトラップが待ち構えている。
極限の中、それぞれの精神も極度の緊張状態。
これはゲームか?脱出する方法は??ここの構造はどうなっている???

かなりドキドキする、スリリングな作品。
シチュエーション・スリラーの傑作だと思います。

CUBE キューブ(買っ得THE1800) [DVD]CUBE キューブ(買っ得THE1800) [DVD]

ポニーキャニオン 2010-01-20
売り上げランキング : 17168

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




続いて、

7

ザ・プレイヤー


ロバート・アルトマン監督による、92年のアメリカ映画。
主演ティム・ロビンス。




主人公グリフィンは映画会社の敏腕プロデューサー。
彼のもとには、映画製作のチャンスをものにしようと、日々いくつもの売り込みが。
そんなある日、ひとつの脅迫状がグリフィンに送られてくる。
送り主に目星をつけたグリフィンは本人と会うのだが、その際誤って相手を殺してしまう。
しかし後日、「オレはまだ生きている」というファックスがグリフィンのオフィスに届く。
バブリー感漂う、鼻持ちならないハリウッドの裏側をある意味魅力的に描いた(これはきっと皮肉を込めているんだろう)作品。
特に映画ファンには面白いはず。
ティム・ロビンスがいい味出しています。

ザ・プレイヤー [DVD]ザ・プレイヤー [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2008-06-20
売り上げランキング : 39285

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




8

グッドフェローズ


90年のアメリカ映画。
実話をもとに制作されている。
監督は、マーティン・スコセッシ。




この映画、監督がマーティン・スコセッシだけあって音楽の使い方が良い!
「レイラ」の後半のピアノの部分の使い方など、恐るべしスコセッシ!!、である。
少年の頃からマフィアにあこがれていた主人公のヘンリーが、ジミー(ロバート・デ・ニーロ)やトミー(ジョー・ペシ)などともに犯罪を重ね徐々にのし上がっていくが・・・・
マフィアの世界も大変だ、と思わせる、庶民的マフィアとでもいうか、大物にはなれないギャングたちのストーリー。
だから、けしてカッコよくはない。
『ゴッドファーザー』のようなエリート(マフィア界の)家族の物語とは違った、マフィア映画の傑作。
ブルーレイで持っときたい一作。

グッドフェローズ [Blu-ray]グッドフェローズ [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21
売り上げランキング : 5446

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




9

ブギーナイツ


97年のアメリカ映画。
監督は、ポール・トーマス・アンダーソン。




70年代から80年代にかけての、ポルノ業界の内幕を描いた映画。
巨根を武器にポルノ男優としてデビューした主人公エディ。
すると出演作はヒットし、瞬く間にポルノスターとしての地位を得る。
しかし次第に薬物への依存が高くなり、過信がエゴを増大させ、スターの座から自ら転げ落ちていく。
予告編だと、楽しげでポップな映画の印象を与えるが、実はかなりの人間ドラマ。
主人公のみならず、色んな登場人物のドラマが描かれてるところが好きだ。
ヘザー・グレアムがかわいい。
劇中使われる、70~80年代の音楽がとてもいいので、サントラも欲しくなる。

ブギーナイツ [DVD]ブギーナイツ [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-04-21
売り上げランキング : 8665

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Boogie Nights: Music From The Original Motion PictureBoogie Nights: Music From The Original Motion Picture
Michael Penn

Capitol 1997-09-23
売り上げランキング : 142517

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




10

CURE


97年の日本映画。
監督は、黒沢清。
主演は、役所広司。




この映画は怖かった。
心の中に、恐怖が知らぬ間に入り込んでくるような感じがした。

殺人事件が続いた。
犯人は皆、犯行前に間宮という記憶障害の男に出会ってることが分かった。
役所広司扮する刑事が、間宮の謎を追い詰めようとするが・・・・

タイトルのCUREは、癒しという意味。
この映画での「癒し」の意味とは?
S級のサイコ・サスペンス。

CURE キュア [DVD]CURE キュア [DVD]

角川書店 2007-07-27
売り上げランキング : 18914

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




以上5作品が、90年代のベスト6位から10位。
自信を持ってオススメする名作ばかりです。
ぜひ一度お試しあれ。

1位から5位はコチラです。
引き続き、よろしくお願いします。


ユナイテッド・シネマ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

リュウ
2012年03月22日 14:45
おーっ懐かしいっす、ブギーナイツにグッドフェローズ、かなりハマってました。光と影が大事なんですよ、自分(笑)
スコセッシは、曲の使い方上手いですよね、確かに!
久しぶりに観よう、有難うございました!
2012年03月23日 21:09
>リュウさん

光と影、とっても重要ですよね。
それとスコセッシ、ロックがわかってる監督だと思います。
何度でも観ましょうよ!!

この記事へのトラックバック