錯覚 ~どっち回り?

何でも実際に目にしてみることが大切なのは事実だと思う。
人から話を聞いたり、書物で読んだりするだけでは、何ひとつ分からないことも多い。
しかし、目に見えるものが全てでないことも事実だ。
目に映ったものが、本当はどういうものなのか、それを判断するのは脳である。
目は単なるレンズだ。
そして、脳は時として判断ミスを犯す。

YOUTUBEでのような動画を見つけた。
シルエットはどっち回りに見えますか?



最初は時計回りにしか見えなかった。
でも、これって見方によってはどっち回りにも見えるらしい。
どういうことだ?

ずっと見続けた。

でも右回りにしか見えない。


あっ!?


左回りになった。


見始めるポイントを変えてみると、逆回りに見えるときがある。

自由自在とはいかないが、右回りにも左回りにも見える。
実際はどっちなんだ。
そもそも実際なんてないのか??

右回りにも左にも見えるのはなぜなんだろう。
分かってる人、からくりを教えてください。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

るーさ
2011年05月23日 15:51
自分は右回りにしか見えないですがねw

ブルーレイは映画ファンなら買って損ないですね
映画館のスクリーンって温かみのある映像じゃないですか。なんていうか微妙な質感
ブルーレイはあんな感じで家で映画を観れます
DVDはビデオがクリアーになったような感じだけど


2011年05月23日 23:24
>るーささん

僕も1回目は、右回りにしか見えなかったのですが、もう一度チャレンジ。
途中で一度目をつぶったり、視線を変えたりすると回る方向が逆になって見えてきました。
さてブルーレイですが、映画館のような質感、
とても惹かれます。

この記事へのトラックバック