オアシス『TIME FLIES...1994-2009』

オアシスのベスト盤が出た。
いくつかのアルバムが手元からなくなってしまったのと、初回盤についてるDVD(ビデオクリップ36曲ー38ヴァージョン)が魅力的だったので、前作のベスト以外は全部持ってたけど買ってしまった。
以前に出たベスト盤より選曲(最初に変換されたのが選挙区という文字だった。タイムリーだなぁ~)はいいと思う。
なんといっても今回は「ホワットエバー」が入ってる(アルバム初収録)。




というか前回のはノエル選曲集という趣だったのに対し、今回のはシングル集。
シングル集2枚とライヴCD1枚に、クリップの入ったDVDの計4枚。
これは買いではないだろうか。

タイム・フライズ・・・1994-2009(初回生産限定盤)(DVD付)タイム・フライズ・・・1994-2009(初回生産限定盤)(DVD付)
オアシス

SMJ 2010-06-09
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



オアシスをよく聴いていた頃(95~97年ぐらい)の僕は今より遥にポジティヴだった。
ポジティブなオアシスの音楽は、そんな僕の気分を更に押し広げてくれていた。
単なる偶然だろうけど、レディオヘッドが『OKコンピューター』を出した頃(97年)から僕の気分は徐々にネガティヴな方向に傾いていった。
何故だろう。
それが時代の空気だったのか、音楽シーンもオアシスからレディオヘッドへと流れを変えていく(僕もオアシスよりレディオヘッドの音楽を好んで聴くようになった)。

今の日本は間違いなくネガティブな時代である。
もちろんそうじゃない人もいっぱいいるから、結局のところは全て個人の問題なのだが、
時代の空気にただ流されてしまう、僕のような人もいる。

ネガティヴな時代、ネガティヴな音楽を聴いてその中に身を委ねるのは案外心地いいもの。
トムヨークのようにネガティヴを認めたとこから反撃に出るような姿勢までに到れず、心地よくネガティヴな中に横たわりその場しのぎの安らぎに逃げている僕はまさにクリープといえるかもしれない。

ポジティヴな時代、その流れに身を任せポジティヴな気分になっていた。
何の実体も持たないまま。
そしてネガティヴな時代、志を持って前へ進むことをせず、今を打開する為の実体を構築しようともしない。

最悪だ。。


久しぶりにじっくりオアシスを聴いてみた。

なぜだか涙が出てきてしまった。





ポジティヴな気分になれたなら(まずは中身がなくてもいい)、そこから必要となる実体をつくりあげることを目指してみよう。
オアシスに背中を押してもらいたい。
弱音だけど、これぐらいの弱音はありだろ。


オアシスを聴いてポジティヴな気分を取り戻したら、その勢いに乗り、今度こそ自分が必要とする実体を作り上げるのだ。






話は全く変るけど、シルクエビス(サッポロビール)は美味い。
ダイエットしないといけないけど、2缶目突入だ。

画像





























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年06月12日 00:03
確かに前のベストより全然選曲がいいですね。オアシスが登場してきた頃の勢いを思い出しました。

今も頑張って南ア×メキシコ戦を観てましたよ!(←頑張って観るものじゃない)
2010年06月12日 01:30
>カナさん

開幕の南アフリカ×メキシコ、なかなか面白かったですね。
南アフリカのカウンターが素晴らしかった。
明日はアルゼンチン登場。
必見ですよ。
JT
2010年06月13日 13:50
こんにちは、JTです。

ベスト盤買いました。amazonで買うと安いですね、DVD付いていると。あのボリュームで元の価格も安いですねど。

私もカナさん同様にそんなにサッカー見てませんでしたが、アルゼンチンXナイジェリア戦の後半は見ました。マラドーナの喜怒哀楽すごいですね、絵になるというか(←そこかよ、笑)。カメラがどこから撮っているか分かっているですかね。

しかし、現役時代も太めでしたが、監督になってさらに太くなってますね。アルゼンチンの成金オヤジ風というか。君もミック・テイラー氏と減量作成だ(笑)。
2010年06月13日 21:59
>JTさん

コストパフォーマンス高いですよね、オアシスのBEST。
さてマラドーナですが、以前はもっと太ってて、一度手術して(脂肪を取る手術)なんとか人並みのデブになりました。
それと、やはり天才に監督は無理ですね。
天才には天才じゃない人のことは分からないから。

この記事へのトラックバック