出ちゃったよ!!『チャイニーズ・デモクラシー』

レアルマドリードのシュスター監督が解任された。
確かに今年のレアルはそれほどいい成績ではない。
がしかし、あれだけの故障者続出ではいたしかたないのではと思うのだが。
結果が全てのサッカー界。
厳しい。
後任はセビーリャで名を馳せたファンデ・ラモス。
イングランドでは期待に応えられず短期で解任されたが、スペイン復帰で期待は大である。
クラシコは残念ながら負けちゃったけど。

頑張ってくれ!

結果が全てなのは何もサッカー界だけではない。
僕やその他大勢の人も同じような境遇で暮らしている。
結果というものは本当に恐ろしい。
その恐ろしさに警戒しすぎたのか、完成までに17年も費やしてしまったガンズ・アンド・ローゼズのオリジナル・ニューアルバム『チャイニーズ・デモクラシー』。
内容については賛否両論あるかもしれないが、とにかく大ヒットしているようである。

とりあえず勝利してしまったようだアクセル・ローズはまたしても。

CHINESE DEMOCRACYCHINESE DEMOCRACY
GUNS N' ROSES

Geffen 2008-11-24
売り上げランキング : 64

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



しかしなんでこんなに長きにわたる製作期間が必要だったのか?


たぶんアクセルが最終OKをいつまでも出せずにいたからであろう。
それはまるで、“ガス栓閉めただろうか?鍵ちゃんとかけてきたかなぁ?”と気になって気になってしかたがない人のように、“バランスこれでいいだろうか?ここのハモりは下だけでいいんじゃないか?メロディが単調すぎないか?テンポもっと遅くしたほうがいいんじゃないか?バラードもう一曲入れた方がいいんじゃないか?”とかなんとかいつもいつも気になって頭の中が、

?!?#??*??$!?

になってわけわかんなくなってたのだと思う。

だからこそ完成したこの『チャイニーズ・デモクラシー』は、
メロディのパターンが1曲の中にもいくつもあり、サウンドは厚く、アレンジが大袈裟なのである。
そしてそれは多くの人が予想したであろう内容だった。

僕はこのアルバムは好きだし、クオリティの高いロックアルバムだと思う。
しかしもっとシンプルに作ってもよかったのにな~と思う。
そしてそれは、スラッシュやイジーの不在を強く感じさせるところである。

ここはスラッシュやイジーの方から歩みよってやればどうだろうか。
アクセルみたいな奴は許してやるしかない。
きっと死ぬまで分からず屋なのだ。
しかし、だからといって袂を分かつには、惜しい逸材である。
わがままで神経質な子供アクセル。
ここは子供をあやすつもりで大きな心で許してやれ。
特にスラッシュ。
アクセルによるガンズも、ヴェルべット・リボルバーも、以前までのガンズ・アンド・ローゼズにはかなわないのは明白。
ここはヨリを戻すべきである。
そしたらまたロックンロールの夢が蘇るから。

でもいいアルバムよ『チャイニーズ・デモクラシー』。
正直予想してたより良かった。
好きだった人はとりあえず聴いてみては。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2008年12月19日 06:36
なんか気持ち玉という機能が追加されてますね、ウェブリブログ。

「チャイニーズ・デモクラシー」通して聴くとカロリー高すぎて胸焼けしそうですが、曲単位では結構いい曲もありますね。もう少し聴きこんでみます。
2008年12月22日 05:26
>カナさん

気持ち玉って何なんだ~?
初めて知りました。
今度使ってみよう。

ガンズというよりはやはりアクセルですが、まぁまぁだと思います。
年だからかな~
若い人は聴かないですよね今時ガンズなんて。

この記事へのトラックバック