イングランド敗退とレッド・ツェッペリン

2008年に行われるサッカーのヨーロッパ選手権の予選でなんとイングランドが敗退!
どうなってるんだ!?
イングランドの出ないユーロなんて・・・
僕は別にイングランド・ファンではないけれど、優勝だって狙えるはずのこのチームが出場できないなんて、サッカーファンとしてとてもがっかりだ。
しかしなんで負けるかね~

動画ダウンロード»»  PC - Mobile - Audio
Powered by TubeFire.com


ルーニーやテリーが故障で出場できなかったとはいえ・・・・

そもそも最終戦まで出場が持ち越すような今予選の戦いぶりが良くなかった。

ダメだと思ったんだよあの監督じゃぁ。


さて変わって音楽の話。
今世界中のロックファン注目の話題といえばレッド・ツェッペリン再結成ライヴ。
当初11月26日にロンドンで予定されていたがジミー・ペイジの怪我により12月10日に延期となったこのライブ、キャパ2万人に対して世界中から申し込みが殺到、専用サイトは何度もクラッシュを起こしたらしい。

2003年にリリースされたライブDVDとライブCDでレッド・ツェッペリンの偉大さがやっと理解できた僕にあまり語る資格はないのだが、ストーンズのグルーヴがそうであるように彼らのグルーヴもなんで気持ち良いのか分からない説明不能の高揚感が最大の魅力。
タイム感がその要因だとされるが、それだけならコンピューターでも再現できるはず。
しかしストーンズやツェッペリンのグルーヴを打ち込みで再現することはできない。
これこそが音楽の、そしてバンドが持つマジックなのだろう。
そしてあのマジックの再現を世界中の多くの人が期待しているのだろうが、時の流れは悲しいもの。
あまりのも長きに渡るブランクはその期待に応えられるとは到底思えない。
ジミー・ペイジが噂どおり練習時間を稼ぐために怪我と称してライブ日程を延期させていたんだとしてもあの脅威のグルーヴは再現できないだろう。
そもそもツェッペリンのグルーヴの基礎となるジョン・ボーナムはもう死んじゃってるんだから。

70年代のストーンズやツェッペリンのライヴを観たかったなぁ、とよく思う。
そこにはどれほどの興奮があったのだろうかと想像しただけで興奮してしまう。
素晴らしいバンドは、旬なときに観とかなくてはいけない。
少なくとも同時代の素晴らしいライヴには極力参加したいものである。
でもなかなか仕事やらなんやらでいけなかったりするんだよな~
行きたいライヴにもいけない生活。
生活ってそもそも何なのだろうか?


レッド・ツェッペリンの73年のライヴを描いた映画のDVDがこのほどデジタル・リマスタリングされ、特典映像も加えてリイシューされた。

レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ スペシャル・エディション(2枚組)レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ スペシャル・エディション(2枚組)
ジョン・ボーナム.ジョン・ポール・ジョーンズ. ロバート・プラント.ジミー・ペイジ.ピーター・グラント. ピーター・クリフトン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2007-11-21
売り上げランキング : 35

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

演奏シーン以外のくだらないシーンはなんだかな~、であるが全盛期(特にルックスにおいては)の彼らのライヴはほんとにかっこいい。
この映画は昔ビデオで観たことあるのだが、かなり前で実はあまり印象に残っていない。
でも音はかなり良くなってるようだし、曲目も増えているので以前観た人も買って損なし。

でも初めてのツェッペリンなら2003年に発売された『レッド・ツェッペリンDVD』を強くオススメする。

レッドツェッペリン ディーブイディーレッドツェッペリン ディーブイディー
レッド・ツェッペリン

ワーナーミュージック・ジャパン 2006-09-06
売り上げランキング : 801

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕はこれを観てほんとうに感激してしまった。
恐ろしいほどのパワーみなぎるロック・グルーヴは鳥肌ものである。

最近出たベスト盤も初めてのツェッペリンにはもちろんオススメ。

マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト【デラックス・エディション】マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト【デラックス・エディション】
レッド・ツェッペリン

WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) 2007-11-14
売り上げランキング : 25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ていうか実はこっちの方がオススメ。
ベストCD2枚に加え、前述の『レッドツェッペリンDVD』のダイジェスト映像が入ったDVD付き。
まずはこれ買って脅威のロックグルーヴを体験してはいかがか。


それにしても例の再結成ライヴ、日本から何人の人が行くのかは知らないが、渋谷陽一はいいとしてなんで沢尻エリカが行くのかがよう分からん??



Apple Store(Japan)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月25日 21:35
マザーシップ。
阿倍野のツタヤでぶらっとしてたら
「Black dog」が流れて来て
鳥肌立ってみてみたら、DVD流れてました。
ZEP、日本へ来いよ(-d-)# プンプン!
ところで、名盤さんはポリス、チケットとりましたん?
2007年11月25日 23:01
ZEPで金を使いすぎて死にそうなぷくちゃんといいます。

映像を見るとペイジのオーバーアクションが笑えます。でも最後には結局惹き込まれてしまいます・・・あんなにもギターを下に構えて大変そうです。
2007年11月25日 23:16
 あの女王様はバンド側からの招待で行くそうですね。若者に人気(?)というだけで招待されるなんて…。ま、楽しんで来ておくんなましって感じです。
2007年11月25日 23:27
>タカタカさん

ポリスは今のところ行かない予定です。
なんかドームっていうのが引っかかって。
でも直前になって行くかも知れません。
売り切れないでしょ、きっと。
2007年11月25日 23:31
>ぷくちゃんさん

あの下に構えたギターがかっこいいんですよね、ジミー・ペイジ。
でもとても弾きにくいんでしょうね。
しかしロックは見栄えも大事。
あまり上に持ってる人ってちょっと嫌です。
2007年11月25日 23:34
>あきらさん

招待って言っても、きっとコチラから営業かけたに違いない。
なんであんなに人気なのか分かりません。
pip
2007年11月26日 23:10
イングランドがまけたのはおどろきました。また、別に、日本が参加権を得てうれしいです。
沢尻エリカは帰国子女らしくて、ロック大好き少女だったそうですね。だからなに?っちゃ何ですが。
2007年11月28日 01:16
>pipさん

確かに帰国子女っぽいですね、なんていえば帰国子女の人は嫌がるのかなぁ?
2013年11月18日 22:52
そういや数年前にThem Crooked Vultursでジョンジー生で見ました
ベースの音が太くてやわらかくて優しい音でした
一番好きなアルバムはイン・スルー・ジ・アウトドアなのでジョンジーが好きなんだと思います
解散後のソロもジョンジーの作品が1番好きですし
2013年11月20日 01:48
>akakadさん

『イン・スルー・ジ・アウトドア』はツェッペリンの中ではあまり聴かないアルバムですねぇ。
でもジョン・ポール・ジョーンズはとても重要な存在だと思っています。

この記事へのトラックバック