サマソニ07大阪 0812

前回に続き今日もサマソニの話し。
今回は2日目である8月12日について。
この日も前日同様午後からの参戦。
パフィーあたりから観れたら、と出発。
恐る恐る桜島も駅を降りると、前日と違いバス乗り場までの長い列はなくスムーズに人は流れている。
途中同じく一人で参加の20代男子に声をかけられ前日の話しなど情報交換をしながら二人してバスに乗り込む。
ライヴ観る時はひとりでよいが、道すがら話し相手がいた方が楽しいのは間違いない。
幸先のいいスタートだ。

会場に到着後ダンステントに向かった彼とは別れ僕はパフィーが出演するパークステージに向かう。
見上げれば昨日と違い空にはたくさんの雲が。

画像















雨が降ると困るが、これくらいのほうが過ごしやすくていい。

しばらくしてパフィー登場。
予想通りの楽しい盛り上がり。
しかしオーシャンステージのB'zが観たいので、3曲だけでパークステージを後にする。
かなり後ろ髪ひかれる想いだ。

8月12日大阪 タイムテーブル

混雑してるかなと思って来たものの開始10分前のオーシャンステージはまだまだ空いている。
僕は前の方まで進んでいった。
B'zの出演が発表されたのは確かチケットが売り切れた後だったので、彼らのコアファンはこの日ほとんどいないはず。
こんな近くでB'zが観れると知ったら大狂乱だろう。
予定時間からわずかに遅れてB'z登場。
初めて観るB'zのライヴだが大物の風格を感じさせる。
CDと同じ稲葉の声がなかなか凄い。
それにカッコよいなこの人やっぱり。
曲によってはステージ横まで来て歌う稲葉。
B'zファンはどんな大金はたいてもこの場所にいるべきだった。
肉眼でB'zが観れることなんてそうないはずだ。

画像














思わず写真撮っちまったぜ。

そしていつの間にかオーシャンステージは超満員。
かなりの盛り上がりだったがライブは30分少々で終了。
もっと観たかった。

その後友人と合流してビールを飲みながら少し歓談。
会場内なかなか携帯が繋がりにくくなっているようであるがその友人とは昨日からパーフェクトに繋がる。
何故だろうと二人で話し合っていたのだが理由が分かった。
想像だけど、きっとそれは二人ともMOVAだから。
だって今時ドコモはみんなFOMAだもの。

ダンステントに行った友人と別れ僕は飲食エリアでお腹を膨らませてからインドアのソニックステージに向かう。
目当てのアクトがあったからではなく、エアコンの効いたところで少し休みたかったからだ。
もちろんそのような人は他にもたくさんいる。

画像















そうでもしないと体力はもたない。
最初曇っていた空もB'zの登場ぐらいからは快晴となり、太陽が容赦なく降り注いでいる。
夏真っ盛り。

涼をとったあとグウェン・ステファニーが出演するオーシャンステージに向かう。
当初の予定では同時刻にソニックステージで行われるダイナソーJrのライヴを観る予定だったが、グウェン姐さんの誘惑には勝てなかった(ロックファンからの罵声が聞こえる)。

夕方になってきたとはいえまだまだ暑い4時50分、いよいよグウェン姐さん登場。
引き締まったお腹がまぶしい。

画像














サービス精神旺盛なダンサンブルなパフォーマンスに会場は盛り上がる。
僕もかなり興奮。
これぞ夏フェス。
これまた、もう少し観たいなと思いを僕の中に残したままライヴは終了。
選んで大正解だ。

ほんとはグウェンを途中で切り上げ、エルレガーデンを観にいくつもりだったが最後まで観てしまった。
急いでエルレ出演のスカイステージに向かう。
同じようにスカイステージに向かう人、逆にこの日最も観客動員したであろうアヴリルを観に僕と入れ違いにオーシャンステージに向かう人。
この時間人々の移動は激しい。

実はこの日が初のエルレのライヴ。
予想していたよりかなりピースフルな雰囲気だ。
泣けるメロディの曲が続く、僕は少しグッとくる。
前にいる10代と思わしき女子集団が異様に盛り上がっている。
たまらなく楽しそうだ。
夏フェスでいつも思うのだが、10代の女子たちで来ているグループ(二人組みも含む)は、みんなとても楽しそうである。


エルレの後はブリーズステージというとても小さなステージにチャットモンチーを観にいく。
会場ではサウンドチェック中だったが、メンバー本人達が出てサウンドチェックしている。
ちょっと驚き。
いったん引っ込んでからしばらくしてライヴ開始。
狭い会場は満員だ。
のっけからビートの効いたナンバーで会場を盛り上げる。
僕も気持ちジャンプ気味に身体を動かす。
女子3人組の3ピースバンドだがとてもパワフルだ。
そして何より、彼女達の曲は泣ける。
まだまだ一般的評価がそれほど大きくない彼女達だが、突然大ブレイクしてもおかしくない実力とポップさを兼ね備えている。

途中MCが何度かあったが、オーシャンステージのアヴリルの音がでかすぎて聞き取りにくかったのが、ちょっとFUCKアヴリル!だった。
でも音漏れするこのコンパクトさは移動には便利だけど。
だってFUJIなんか端から端までかなり時間かかるもん(あそこはあそこで素敵だが)。

素晴らしかったチャットモンチーのライヴを観た後友人と合流して大トリであるブラック・アイド・ピーズを観にオーシャンステージに向かう。

もう空は真っ暗。
いよいよ今年のサマソニもフィナーレが近づいてきた。
僕は少し寂しい気分になる。

大歓声の中ブラック・アイド・ピーズ登場。
盛り上がるオーディエンス。
僕も身体揺らしいい感じになりながらも、迷った末最後はソニックステージのトラヴィスにしようとガンズの「スイート・チャイルド・オブ・マイン」のカバーを聴きながら、オーシャンステージを後にする。

トラヴィスで今年のサマソニを締めくくろうと多くの人が集まったソニックステージは、なんだかとても暖かい空気に満ちていた。
それに応えてか、それともトラヴィスの音楽そうさせるのか、それは分からないが名曲のオンパレードとなったライヴはラストに相応しいとても素敵なものだった。

画像















それにしてもメロディがいいとホッとする。
ホッとする瞬間がほとんどない今日この頃、トラヴィスの歌は僕を少し優しい気持ちにしてくれた。
インドアなので最後の花火は見れなかったけど、今年のサマソニをトラヴィスで締めくくったことが正解だったと確信した。


ライヴ終了後はひとりで少しのんびりとたたずんだ。
即バス乗り場に駆け込めば、待ち時間も少なくて済むかもしれない(それでも10~20分なんかでは済むはずないが)、そんなのは何だか嫌だった。
ライヴ終了から一時間近くしてからバス乗り場に行ったのだが、予想通りの長蛇の列。
係りのスタッフに聞くと1時間から1時間半ぐらいかかりそうとのこと。
タクシー乗り場も長蛇の列。
下手したらこっちも1時間ぐらいかかりそう。
一人で待つのは退屈なので、思い切って桜島駅まで歩くことにした。
歩くと1時間近くかかるらしいがまぁいい。
止まってる1時間より動いてる1時間の方がいいから。
歩いている人はたくさんいる。
しかし炎天下2日連続でライヴを観て最後1時間歩くのはちょっと足が辛かった。
ていうか、足の裏がかなり痛い。
しかし海沿い(河沿い?)なので橋の上などは風が吹いている。
ライヴ帰りに風を感じて歩くのは悪くない。
長い橋を渡りきったところに自動販売機がある。
会場内で販売している飲料水は水・ビール・ポカリなど種類がとても少なく、僕は疲れた体と乾いた喉を癒すべく赤い自販機に接近するが、一部のコーヒーを残し全て売り切れ。
仕方ない、とすぐ次にある自販機に、
しかしそこも同じ。
この道を歩いた者達がたどり着いたオアシス、そら売り切れるのも当然だ。
みんなおつかれさん、である。
そこから駅までの自販機はどこもそのような状態だった。
そして駅が見えてきたところに自販機でやっとコーラにありつけた。

美味い!


こうした初の2日連続参加となった今年のサマソニが終わった。
同時に僕の夏も終わった。
また来年である。
来年はもっとバスのオペレーションを改善して欲しいな。
これは切に願う。
それと女子トイレの増設。
ゴミ箱もだ。
ただライヴ自体は僕が観たものは総じて良かった。
だから基本的にはとても楽しかった。
確かに暑かったけど雨よりは全然いい。

観たライヴは、
初日:マキシマム・ザ・ホルモン、シンディ・ローパー、コーネリアス、オフスプリング、アークティック・モンキーズ
2日目:パフィー、B'z、グーグー・ドールズ、グウェン・ステファニー、エルレ・ガーデン、チャットモンチー、ブラック・アイド・ピーズ、トラヴィス。

ちなみに2日間のベストアクトは

う~ん
難しいな~
どれもほんと結構良かったし・・・

でもあえて一つ挙げるなら


チャットモンチー


音楽ファンにはとにかく楽しい夏フェス。
未経験の人は来年こそ是非!!

サマーソニック07公式サイト



とび魚のバタフライとび魚のバタフライ
チャットモンチー 福岡晃子 橋本絵莉子

KRE 2007-06-20
売り上げランキング : 1833

Amazonで詳しく見る
by G-Tools







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月15日 21:01
名盤!さま、お疲れさまでした!
エトウもただ今帰省先から戻ってまいりました。なんかねぇ、名盤さまのサイトのぞくとホント、帰ってきた気がします。

それにしても、ダイナソーとエルレをかなぐり捨ててグェン姐に走るとは!エトウは爆笑してしまいました!や、健全な男子っぽくてよいと思います♪

それに、途中からでもエルレ観られてよかったですね☆新木場のエルレもよかったですよん♪
PC画面から「夏の余韻」が伝わってきましたよ。ありがとう!
2007年08月15日 21:29
お疲れ様です。
僕もダイナソーのためならグウェン姐は捨てるとこですが・・・そこをあえてグウェンを観るのがさすがですね。なんだかんだ言って2日目の出演者も良いのが多いですからね。

それにしても、チャットモンチーがベストアクトだったとは・・・。やっぱ名盤!さんは目の付け所が違いますね。今度僕も聴いてみよう。
2007年08月15日 22:43
>江東イズルさん

そうはいうがエトウよ、グウェンのパフォーマンスはほんと良かったよ。
斜に構えて唾はいてるだけの自称ロックバンドなんかより遥かに熱いぞグウェン姐さんは。
マドンナに近いものを感じます。
まだまだマドンナには及ばないけどね。

お帰り。
2007年08月15日 22:51
>Marley60さん

チャットモンチー、ちゃんと演奏できるんだろうか、と観る前は思っていたのですがなかなかどうして見事なもんでした。
フルライヴが観たくなりました。
ちなみにルックス的には全く好みではありません、念のため。

Yumi
2007年08月16日 07:20
B's に アブリル、そして、エルレ、音楽三昧ですねえ。くもったほうがいいというのは体感したことがあるので、つたわります。ここちよい疲れでしたね。
よし、来年は名盤さんみたいに、サマソニがんばるぞ!残業でも燃えられると知った昨日。残暑おみまい。
仕事が楽しい☆
Yumi
2007年08月17日 19:16
>ルックス的には全く好みではありません、念のため。

そうなんや、チャットモンチー、へそだしなのに。。
2007年08月19日 22:23
>Yumiさん

仕事が楽しいのですか、いいですね。
それが何よりです、この国で楽しく暮らすには。
しかしチャットモンチーってへそ出してたっけ?
まったく眼中にありませんでした。
2007年08月21日 00:59
ダイナソーJrのレビュー、期待していましたので、ちょっと残念です。
でも、全部観るのは不可能ですものねー。
「ビヨンド」は、ギターが気持ち良くて、よく聴いてます。
2007年08月21日 01:31
>keiさん

いや~ダイナソー観たかったんですがねぇ。
フェスはいろいろ時間帯がかぶってチョイスが大変です。
でも後悔はありません。
グウェン本当に良かったですよ。
プロ魂を感じました。
Yumi
2007年08月21日 02:13
>仕事が楽しいのですか
うふ、うそです。半分は本当です。
そう慰めないと、さびしいですしー。
やっぱり、夏フェスですやん。(TT)
2007年08月25日 23:57
>Yumiさん

夏フェスですね、ほんとに。
終わって残念です。

この記事へのトラックバック