ジョス・ストーン新作

過去最高にブログの更新が滞ってしまった。
仕事が忙しくてついつい疎かになっている。
疲れて眠いのだ。
年のせいか?
40歳だもんな。

そんな僕は、多くの同世代の人たちと同じように今時の若者は~、なんて思ったりすることが時にある。
でも昔から変わることなく大人たちはいい加減なことを繰り返す。
私腹を肥やすのに一生懸命な政治家、視聴率が全てのテレビ関係者、給食費を払わない親、酒飲んで車運転するバカ、社会的立場を理解しようとしない業績が全ての経営者など、死んだらいいような大人が毎日のように報道にさらされている社会でどんな子供が育つというのだ、一体!?
なーっ!!

さて今日は久々にとっても気に入ったCDに出会ったので、ちょっとご紹介。
それは、日本先行で発売されたばかりの、ジョス・ストーンの新作。
彼女はこれまで2枚のアルバムを発表しており、それぞれ高い評価を得て、好セールスも記録している。
それゆえ期待の新作であり僕も発売を大変楽しみにしていた。
しかし期待が大きいとその反動も大きい。
ちょぴり不安も持ちつつ、CDをプレイヤーに入れ、プレイ・ボタンを押す。


一通りアルバムを最後まで聴いた。


時に身体を揺らしながら。




めっちゃ、いいぞ!
これっ!!




大きな期待をはるかに超える素晴らしい出来である。

Introducing Joss StoneIntroducing Joss Stone
Joss Stone

Virgin/EMI 2007-03-20
売り上げランキング : 319

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



断言します、大傑作です!


ジョス・ストーン公式サイトはこちら


前2作も僕は大好きだったが、この新作で彼女は新たなステージへと駆け上がったと思う。
優れた白人R&Bヴォーカリストの一人から、ジョス・ストーンという特別なアーティストとして世界的に認知させるべく、今作のアルバムタイトルは『イントロデューシング・ジョス・ストーン』。
これがジョス・ストーンであるということを高らかに宣言できる自信に満ちた作品なのだろう。
それだけの自信を持つに相応しい作品となったこのアルバムだが、その要因として大きいのがプロデューサーのラファエル・サディークの力だと思う。
トニ・トニ・トニのメンバーとして有名で、これまでもプロデューサーとして確かな仕事をいくつも成し遂げてきた彼の起用が大成功している。
もちろん、それもジョス・ストーンの魅力的なソウル・ヴォーカルやセンスの良さがあってのこと。
ぜひライヴを観てみたい。
と思ってたら来日するらしい。
でも東京1DAYのみ。
なんじゃ、それ!?

今作では注目すべきゲストも参加している。
シングル曲である「tell me what we're gonna do now」ではコモンが、「music」ではローリン・ヒルがそれぞれ参加。
「tell me what we're gonna do now」は僕的にこのアルバムのベスト・トラック(今のところは)。
久々に聴いたローリン・ヒルも相変わらず素敵だ。
またこれら2曲でソングライターとして参加しているノヴェルという男がいるのだが、彼はあのソロモン・バークの甥とのことである。
ストーンズのライヴDVDで観た巨体には驚いた!
さらに、ストーンズつながりでいうなら、ジョス・ストーンは以前映画『アルフィー』のサントラでミック・ジャガーとコラボしてたいた(ストーンズ・フリークといいながら実は持ってないけど)。


前2作を知ってる人はもちろんだが、そうでない人も一聴の価値あり。
というか、これを聴かないと今年の音楽シーンは語れない。

R&Bファンも、ロック・ファンも、ポップス・ファンも是非お試しあれ!


The Soul SessionsThe Soul Sessions
Joss Stone

S-curve 2003-09-16
売り上げランキング : 32997

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マインド、ボディ&ソウル(期間限定スペシャル・プライス盤)(CCCD)マインド、ボディ&ソウル(期間限定スペシャル・プライス盤)(CCCD)
ジョス・ストーン

東芝EMI 2004-09-15
売り上げランキング : 6321

Amazonで詳しく見る
by G-Tools








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

V.J.
2007年03月11日 08:37
名盤ちゃん
お疲れっす。
といいつつ、僕もここのとこあまりの忙しさに、記事UPも10日以上出来て無いよ(笑)
この辺の歳が一番コキ使われるんすかね?
…5年前もそんな事言ってた様な気がしますが。。。

で、彼女ですが、一度聞いてみたいと思いつつなんとなく後回しになっていて今に至ります。
やはり、今年の音楽シーンは語れない!
とまで言うのであれば聴いてみます。
って、レコ屋にもCD屋にも足運んでないや(涙)
2007年03月11日 15:57
>V.J.さん

疲れていると女性に優しくされたいものですよね。
金曜の夜友達の飲みに行って知り合った女性が可愛かったので、ついついみんなで朝まで飲んじゃいました。
また会う機会あるのかな~。

ジョス・ストーンはマジおすすめです。
新作は最高ですが、カバーばかりのファーストもいいですよ。
2007年03月11日 16:32
 ジョス・ストーン、イイですよね(#^.^#)。僕も彼女の稀代な才能には以前からノックアウトされてたひとりであります。

 新作はまだ聴いていないですが、そのうちきっと聴きたいですね。
2007年03月11日 16:47
>あきらさん

ぜひ聴いてみて下さい。
これまでの作品も良かったですが、それらをさらにキャリーオーバーした傑作だと思います。
江東イズル
2007年03月12日 00:02
名盤!さま、こんばんは!
横レス、失礼いたします。

>また会う機会あるのかな~。
じゃ、なくってよ!
ゴーインに機会を捏造して、姑息な手段を使い倒しましょう。
グーゼンを装い帰り道で待ちましょう。
健闘を祈る!!

相変わらず脱線米にて、すみませんでしたぁぁぁ!
2007年03月12日 03:02
>江東イズルさん

でもさ、年齢一回り違うんやで~
ちょっと臆病な僕です。。
江東イズル
2007年03月12日 23:47
>名盤!さま
「愛があれば歳の差なんて!秋吉久美子をみよ!!」(実はエトウは秋吉のファンでもある)なんちて。

でもさ、これから春じゃん。軽~いノリで、お花見でも誘ってみては?
2007年03月13日 03:49
>江東イズルさん

お花見ね~、わるくないですね。
すこし様子を窺ってみようかと思います。
yumi
2007年03月13日 23:32
おひさしぶりです。お元気ですか?
今、春らんまんのわたくしです。
名盤さんも、検討を祈ります。
(^^;)ハウ!
ネットをしなくなったら、健康になりました。爆笑。またいつか。。
2007年03月14日 22:32
>yumiさん

どうもお久しぶりです。
元気というより、かなり疲れている毎日です。
僕の場合はネットで助けられているという感じです~。

この記事へのトラックバック