デヴィッド・ボウイ『ヤング・アメリカン』

来季からアメリカのロサンゼルス・ギャラクシーに移籍することが決まって以来、カペッロ監督から完璧に干されていたベッカムだが、どうやら10日のソシエダ戦には召集されそうである。
攻撃の糸口がなかなか掴めない今のレアルにはベッカムの右足は必要なのだから当然である。
なんで移籍決めたら干されなきゃならないのか、カペッロの考えが僕にはよう分らん。
シーズン途中で来期の移籍を決める選手はよくいる。
だからって今のチームで力を抜くか?
嫌いなんだろうな、カペッロはベッカムのことが。
僕はカペッロが嫌いだ。
つまらんサッカーばっかりさせやがって!

さて今日はベッカムと同じくイギリスのスーパースターがアメリカに渡った話し。
採りあげるはデヴィッド・ボウイのアルバム『ヤング・アメリカン』

ヤング・アメリカンズ(紙ジャケット仕様)ヤング・アメリカンズ(紙ジャケット仕様)
デヴィッド・ボウイ

東芝EMI 2007-02-07
売り上げランキング : 1301

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


’72年の『ジギースターダスト』の大成功に続き、翌年の『アラジン・セイン』を経て、これまた好評だった『ダイヤモンドの犬』に伴なうツアーに疲れたボウイは逃避するかのようにその身をアメリカに預けた。
そしてソウル/ファンクに魅入られたボウイは’75年一流黒人ミュージシャンを集め、一枚のアルバムを作り上げた。
それがアルバム『ヤング・アメリカン』。
プラスティック・ソウルとも称されるこの『ヤング・アメリカン』だが、確かに黒人のグルーヴと比べると少し何かが違う。
同じイギリスの白人でも、ストーンズのように腰にくるかといえば、そんなこともないのだ。
しかし、すこしイビツながらも充分にソウルフルであるこのアルバムが僕は大好きである。
けっして黒いとはいえないが、独特のグルーヴが間違いなく存在しているのだ、『ヤング・アメリカン』には。
ボウイのアルバム史上もっとも色っぽいヴォーカルが聴けるアルバムでもあると僕は思っている。
初の全米NO.1ヒットとなった「フェイム」にはジョン・レノンも参加。
またビートルズの「アクロス・ザ・ユニバース」のカバーも収録されている。
名盤である!!
(『ジギーダスト』~『スケアリー・モンスターズ』までの全てのアルバムがそうともいえるが)


実は先月から3ヶ月連続でボウイのアルバムが紙ジャケ仕様で発売されるのだが、この人のアルバムってあまりにも作品により方向性が違うので、全体像を把握するのがとても難しいアーティストであると思う。
というか、それこそがボウイなのだろう。
カメレオンのごとく変化しては名作を量産し続けた彼。
そんな彼には王道がない。
そこがたまらなく素敵だと思う。

ちなみに僕がもっとも好きなボウイのアルバムは『ヒーローズ』と『スケアリー・モンスターズ』。

ヒーローズ(紙ジャケット仕様)ヒーローズ(紙ジャケット仕様)
デヴィッド・ボウイ

東芝EMI 2007-02-07
売り上げランキング : 6405

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スケアリー・モンスターズ(紙ジャケット仕様)スケアリー・モンスターズ(紙ジャケット仕様)
デヴィッド・ボウイ

東芝EMI 2007-03-07
売り上げランキング : 12463

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なんてデヴィッド・ボウイについて偉そうに書いているが、リアルタイムで彼の作品を聴いたのは悪名高いあのメガヒット・アルバム『レッツ・ダンス』(このアルバムの大成功により、本当の意味でのスーパースターとなる)が最初である。
さらに言うなら彼のライヴには一度も行ったことはない。
もうひとつ付け加えるなら、高校の時デヴィッド・ボウイの写真を美容室に持っていき、これと同じ髪型にして下さい、と言ったことがある。

レッツ・ダンス(紙ジャケット仕様)レッツ・ダンス(紙ジャケット仕様)
デヴィッド・ボウイ

東芝EMI 2007-03-07
売り上げランキング : 12347

Amazonで詳しく見る
by G-Tools








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年02月10日 23:57
前にも書いた気がしますが、
音楽をヘッドホンやイヤホンで聞くのはあまり好きではないのですが、デビッドボウイの声は耳元で聞くのが好きです。(^^)

悪名高い「レッツダンス」ですか~。
クイーンといい、どうも悪名高い曲が好きなようです。
前はそういう評価がなんだかな~と思ってましたが、
最近は、そう言われるのがだんだん気持ちよくなってきました。(^o^)
2007年02月11日 01:33
名盤!さま、こんばんは!
「レッツ・ダンス」、けっこう好きですよ♪今聴くとイイ感じ。

もイッコ付け足すなら、わたしも高校時代に、スージィ・スゥのお写真を美容院に持ち込み、「コレとおんなじ髪型にしてください!」って、やっちまったことがあります。

いっや~、お互い若気の至りってコトで(苦笑)
2007年02月11日 02:48
『レッツダンス』も嫌いじゃないですよ。
ただそれまでのボウイの作品と比べると違和感を感じるんですよね~
2007年02月11日 02:50
>ことのさん

↑のコメントはことのさんへのメッセージです。
あて名抜けちゃいました。
すいません。
2007年02月11日 02:51
>江東イズルさん

1~2年前もスガシカオのジャケット持っていって、この髪型に、といった記憶があります。
若気の至りが止まりません。
2007年02月11日 07:41
ベッカム、フリーキックお見事です!

ちなみに、ボウイ。紙ジャケ全買い続行中です♪
まり
2007年02月11日 10:17
朝から『ヤング・アメリカン』を探して娘に怒られる。名盤さんの記事は聴く気を起こさせますね(^○^)あの時代はロッド・スチュワートのキツツキヘアーが すっごくかっこいいと思ってました。今はハゲてる男性の魅力もわかるようになりました。
2007年02月11日 19:47
>スガシカオさんの髪型は、
カッコイイと思うのですが、いつ見ても顔がよくわかりません。
くれぐれもマネしないように。

そして髪型ネタは尽きず……。
ええ。わたしも、R・スミスもP・ウェラーもD・シルヴィアンも、みぃんなアタマ屋でチャレンジしましたとも。

しかも外タレの男ばっかり。
2007年02月11日 22:13
>ぷくちゃんさん

ベッカム決めましたね。
男です。
残りの試合も頑張って欲しいものです。
それにしてもレアルのスタメンいつのまにか小粒になってしまいましたね。
今となっては銀河系の頃が懐かしく思えます。
ラウル、頑張ってくれ~!
2007年02月11日 22:15
>まりさん

娘さんと一緒にぜひ『ヤング・アメリカン』を聴いてください。
時代を超えた名盤だと思います。
2007年02月11日 22:17
>江東イズルさん

短髪なの?

ちなみに僕は今日髪を切りにいってきたのですが、店でパラパラ見ていた雑誌に気に入った髪形があったので「これにして!」と言ってしてもらいました。
雑誌に載っていたのはキムタクでした。
江東イズル
2007年02月11日 23:11
>キムタクさえも、かすむよな男~♪
(by竹内まりや)の名盤!さまへ

今は、もちょっと長いミディアムです。
何度もおじゃましちゃって、すみません。(ペコリ)
2007年02月12日 16:21
>江東イズルさん

女子はいろんな髪型が出来るので羨ましく思います。
男子は会社勤めだとなかなかそうはいかないので悲しいです。
V.J.
2007年02月12日 22:55
リアルタイムは怖いなぁ。
って思います。
当然僕もレッツ・ダンス…
BOWIEにあまり興味が持てません。。。

初期だけをぽつぽつと聴いてます。
名盤ちゃんお勧めの2枚も数曲ベスト盤で知ってる程度です(笑)
2007年02月13日 01:34
>V.J.さん

『レッツダンス』以前は素晴らしいものが多いので、一度じっくり聴くことをオススメしますぜ。
2007年02月14日 09:33
名盤!さん、お久しぶりです~m(__)m

私が初めて耳にしたボウイの曲は、“チャイナ・ガール”でした・・。

元々エレクトリックな音よりも、素朴でねばっこい音が好きなので、音的にはピンとは来なかったのですけど、ボウイとアジア女性との恋愛・・みたいな設定のPVにはドキドキしたのを覚えてます・・(^_^;)

ボウイの写真を美容室に持ってったんですねー♪(なんだかとってもいいはなしですが...)
私はツイッギーの写真を持ってって、ショートにしてもらった・・という記憶を思い出しますが、中学時代に、なぜか森尾由美の写真を持っていった覚えも・・(汗)

えーと...
最近、“ゆみさん”、いらっしゃいませんよね・・?
心配ですねぇ・・?
2007年02月14日 22:29
>ルルさん

どうもお久しぶりです。
「チャイナガール」のPVはよく覚えてます。
デビッド・ボウイ大人気でしたね、あの頃。
森尾由美好きでしたよ、僕。
まり
2007年03月11日 22:55
コキ使われて お疲れ様です。ようやく『ヤング・アメリカンズ』更新しました。名盤さんの素晴らしい記事をTBお願いしますm(__)m後から 良さが わかるアルバムも結構多いです。
2007年03月12日 03:12
>まりさん

お言葉に甘えましてTBさせていただきました。
よろしくお願いします。
今日も今まで家で仕事してました。。

この記事へのトラックバック

  • デヴィッドボウイ『Young Americans』

    Excerpt: 最近ブラック・ミュージックが無性に聴きたくなるんですが、実はジャンルとしてのブラック・ミュージックはあまり好きではなく、CDは全然持っていなかったりします。そこで役に立つのはやはりこの人!ボウイ先生で.. Weblog: ROCK野郎のロックなブログ racked: 2007-03-16 07:27
  • DAVID BOWIE 「Aladdin Sane」

    Excerpt: 「出来心」     fromAlbum「水中物語」 Weblog: 水中日記 2ndAlbum「水中物語」発売中 racked: 2007-07-04 00:27