キース・ジャレット『ザ・ケルン・コンサート』

よく行くスタバの、僕のお気に入りである矢田亜希子の妹風な女性スタッフを、スタバがあるショッピング・センターの中の他の店で見かけた。
その店で彼女は服を見ていた。
休憩中なのか、もう勤務が終わったのか。
彼女の姿を見つけて僕は何故かとてもドキッとして、少しうろたえてしまった。
いつもと違う場所で見る、緑のエプロンを着けていない彼女に僕はどうしていいか分らず、彼女が物色してる服がどんなものなのか気になりつつも、速やかにその店の前を通り過ぎた。
そして、行こうと思っていたスタバにも行かなかった。
分ってもらえるだろうか、こんな気持ち。



さて話しは変わって音楽について。

僕が以前CD屋の店長をしていた頃、ちょくちょく売れるジャズのアルバムがあった。
あまりジャズには詳しくない僕は、それがどれほどの人気と評価のあるものなのかは一切知らなかったが、ジャズ・ファンにとってはきっと大定番なのだろうと思い、決算前の在庫調整がきつい時期でも、オーダーを止めることはしなかった(僕のモットーは、基本在庫が充実している店だった)。

そのアルバムは、

キース・ジャレットの『ザ・ケルン・コンサート』。

ザ・ケルン・コンサート(でかジャケ)ザ・ケルン・コンサート(でかジャケ)
キース・ジャレット

ユニバーサルクラシック 2005-12-07
売り上げランキング : 1109

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これは1975年1月24日ドイツ(当時西ドイツ)のケルンにあるオペラ劇場で録音された、ピアノソロ・コンサートのライヴ・アルバム。
ピアノプレイは全て即興によるもの。
それゆえ、なんと曲名がない。
即興だとどうしてもメロディがおろそかになってしまう、というイメージを僕は持っていた。
しかし、このアルバムで聴ける曲にはちゃんと美しいメロディが存在しいる。
これは驚きだ。
ピアノプレイを含めたトータルの完成度も素晴らしい。
これまた驚きだ。
即興演奏だというのに。
本当に即興か!?
正直僕には信じられない。
本当に即興か??

ジャズというよりクラシカルなイメージを抱いてしまうピアノ曲は本当に美しく、こんなことが即興で出来てしまうなんて、何度も書くが本当に驚きである。

本当に即興か???

聴けば、売れ続ける理由がすぐに分る超名盤。

ロックファンにもオススメ!
(美しいだけでなく、結構ダンサンブルだったりもします)

キース・ジャレット:ザ・ケルン・コンサートキース・ジャレット:ザ・ケルン・コンサート
キース・ジャレット

日本ショット 1998-12-10
売り上げランキング : 166201

Amazonで詳しく見る
by G-Tools











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年01月05日 20:35
 冒頭にあるような経験や気持ち、僕にも良く理解出来ますよー(^_^)。自分にもそんな時期があったなぁ…あの時は若かったなぁとか想い出したりしてみたりして。

 名盤!さんは元CDショップの店長さんでらしたんですか?その名盤!さんがそこまで仰るなら、そのキース・ジャレット、只者じゃございませんねぇ~。知りませんでしたので、脳ミソにインプットしておきますね。
2007年01月05日 22:25
>あきらさん

>あの時は若かったなぁとか想い出したりしてみたりして

そんなご隠居みたいな発言・・・
寂しいじゃないですか!

キース・ジャレットのこのアルバムかなりのもんです、機会あればぜひ聴いてみて下さい。
2007年01月06日 00:58
名盤!さま、こんばんは!
レコード屋さんの店長さんをやっていらしたとはなんか奇遇ですねぇ!
わたしもユニオンでバイトしていた頃、ジャズ&パンク&ニュー・ウェイヴ担当でしたよ。
しかしわたしはピアノよりもオルガンに走ってしまった……、にゃはは!

気になるひとにお声をかけるのって、やっぱり勇気がいりますよね。
でもそういうちょっと「ドキドキしちゃう」よな気持ち、大切だと思います。
ラッキーな偶然が起こるといいね!
2007年01月06日 18:38
>江東イズルさん

どうも、こんばんは。
僕もオルガン好きですよ。
一時ハモンドの音にハマりました。
とはいえ、オルガンといえばやはりドアーズか。

映画のようなラッキーな偶然・・・

ないない。
2007年01月06日 18:50
このアルバム。大好きです。ジャズでは一番よく聴いたアルバムかも。キースの歌声がうるさいですが、それもご愛嬌。響きの美しさ、音の躍動感に惹かれます。
2007年01月06日 20:22
>ぷくちゃんさん

キース・ジャレットの雄叫び臨場感あって好きですよ。
あれぐらいピアノが弾けたら(少なくともピアノ弾いてる時は)人生バラ色だろうな~

最近はジャズをよくレンタルしてます。
2007年01月06日 22:08
>そんなご隠居みたいな発言・・・
寂しいじゃないですか!

 これはこれは失礼しました(笑)。僕ももう31になるんですが、20代~現在に至るまでに色々、これでもか!という人生経験をしたものですからつい…。
 キース・ジャレットは今度CD屋に行った時にチェックしてみますね。
2007年01月06日 22:19
>ドアーズはわたしも好きですよん♪
やっぱり「基本」ですからね~。

>映画のようなラッキーな偶然……。
ある日、スタバでコーヒーを運んでいた彼女がつまづき、名盤!さまの服にコーヒーのシミが……。
(超ご都合主義の妄想)

あ!スタバはセルフ・サービスでしたか!失礼しましたぁぁぁ!
2007年01月07日 00:23
>あきらさん

僕はあまり豊かな人生経験とはいえませんが、独身生活が長いせいもあり恋愛はそこそこ。
とはいっても、幸か不幸か特別な経験はありませんが。
2007年01月07日 00:25
>江東イズルさん

ご都合主義の妄想は得意です。
でも妄想が現実になったことなど一度もナッシングです~!
2007年01月07日 01:05
>ご都合主義の妄想は現実には起こりえなくとも、「イヤな予感」だけは的中しませんか?
あぁ、もう!だから現実なんてキライ!
(プンプン)

なんて「リボルバー・ジャンキーズ」で唄われていたような、「ボサ・ノヴァが鳴っている世界の涯て」にゆきたいといつも思っているエトウです。

しょうもない人間です、わたしも。
2007年01月07日 16:47
>江東イズルさん

僕は、好きな女性と、メロウなR&Bが鳴ってるオフホワイトな部屋でゆったりと芋焼酎をすすっていたい、といつも思っています。
2007年01月08日 00:20
>わたしの妄想はですねぇ……。
いつも荒唐無稽なものになってしまうので、コレは内緒にしときます!

そんでもって、いつか、名盤!さまともゆったりお酒が飲めるといいなぁ。
よくしてくれた皆さまと一緒に。
2007年01月08日 00:34
>江東イズルさん

そうですね、みんなでお酒でも飲みたいですね。
以前は時々東京出張があったり、遠距離恋愛があったりで、東京に行く機会があったんですが・・・・
どこでもドア出してくれー!
2007年01月14日 22:52
ケルンコンサート、
実は、
読んでいたマンガが、ちょうどケルンが舞台だったので、
これは神様の啓示かと、聴いてみました。(^^)
すごく良かったです。

さて、
名盤!さんの心のケアを、
ということでしたので・・。

まず、脱いでください。

でも、今は風邪のようですので、治してからですね。(^^)

お大事に。


2007年01月15日 00:36
>ことのさん

>まず、脱いでください。

へっ!?

明日の朝起きたら、風邪が治ってることを祈って寝たいと思います。
2007年01月18日 00:35
脱いでいただくの、生の姿を見ないといけないからです。

決して、名盤!さんの裸を見たい、とかではありません。
フフフ (^.^)
怖がらずに、さあ。

風邪の具合はどうですか?
明日の朝起きたら、
元気になってるようお祈りしています。

2007年01月18日 21:18
>ことのさん

風邪はまだ治りません。。
また、裸はみすぼらしいので脱ぐのは拒否させていただきます。
yumi
2007年03月30日 11:31
矢田さんの妹風な人との出会い、その気持ちとてもわかります、こんにちは、やっぱり花はみつめているのもいいし、、
でも春だから、、名盤さん、甘酸っぱい記憶って、きっと素敵なイメージを産むと思われます。ふぁいと。
2007年03月31日 00:36
>yumiさん

最近そのスタバに全然行ってないんですよ。
残念です。。

この記事へのトラックバック